韓国料理の名店がコラボ。店名もズバリKollaboは美味しい韓国料理がいっぱいだよ~♪

ヤマダ電機のレストラン街って初めてしりました。かなり便利で分かりやす~い。
エレベーターを降りて、すぐ。さらに便利な立地に韓国料理・焼肉コラボがあります。
DSC09172 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

池袋韓国料理食べログ1位。人気店のようですね。
DSC09180 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのお店の売りは、韓国料理の名店のお料理が1店舗で食べられるということ。
DSC09176 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

提携店は、焼肉有名店『高麗屋』『ファロヨン』、日本初の『燻製サムギョプサル』、
『プロカンジャンケジャン』の創業四姉妹の長女『ソペクチャ・カンジャンケジャン』、
純豆腐チゲ発祥の『ソゴンドン・トゥペギ』、ソロンタンNo1の『ハンチョン・ソロンタン』、
人気海鮮居酒屋『ドゥルゴル・イヤギ』、『トゥクタ』『創作』、趙 善玉先生プロデュース、
自然派韓国伝統茶・伝統餅カフェ『趙 善玉料理研究院』、大阪心斎橋の
老舗喫茶店『趙 善玉料理研究院』。韓国と大阪の有名店11店です。

 

 

キムチの盛り合わせ
DSC09096 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

自家製豆腐の韓国風冷奴
名古屋の石川の豆乳を仕入お店でお豆腐を作っています。
これにキムチと海苔をのせて。甘味のあるなめらかなお豆腐でした♪
DSC09100 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

直火肉野菜炒め (by ソゴンドン・トゥペギ)
肉・イカ・野菜を30年来の秘伝のピリ辛タレで直火で炒めた逸品料理。
食べていると体がポカポカしてきました。
DSC09107 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

海鮮チヂミ by トゥクタ
海鮮がたぷり入ったふわっとしたチヂミです。
表面はカリっ。少し甘目のタレにつけていただきました。
DSC09110 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤンニョムケジャン(韓国直送のワタリガニの薬味ダレ漬け)
by ソペクチャ・カンジャンケジャン

きれいなオレンジ。卵いっぱ~い。
韓国西海岸のものを仕入れているそうです。タマゴがいっぱいの雌のワタリガニ。
ちゅるぅ~っと吸っていただきました。タマゴの部分はねっとり甘い~♪
DSC09119 (2)

 

 

 

 

 

 

 

甘~いカニの足をしゃぶっていただきました。
IMG_9944 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

甲羅に残ったタマゴと海苔をごはんにかけると、贅沢な卵かけご飯ができました♪
DSC09128 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

燻製サムギョプサル・セット by 高麗屋
お肉を塊のままスモークして、それをスライスしたサムギョプサルって珍しいよね。
東京郊外の農家、『下田屋』から直送の高級銘柄豚『東京さわやかポーク』を
塊のまま一旦燻製にしてカット。だから周りが少し燻してあって中はほんのりきれいなピンク。
燻製の前につけるのは、秘伝のワインだれ。これに12時間以上漬け込み備長炭で燻製にします。
DSC09135 (2)

 

 

 

 

 

 

 

これを再度あぶってから野菜に巻いていただきます。
DSC09150 (2)

 

 

 

 

 

 

 

スモークしているので味が深ーーーい。
楽しいサムギョプサルが食べられました。
IMG_0032 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

石焼ビビンバ by 高麗屋
創業50年、大阪『高麗屋』の絶品ビビンバとのコラボです。
ちょっとユッケみたいに生肉と生卵の黄身が乗ってます。
これをよく混ぜて、おこげを作ってね。やっぱり〆はビビンバかな。
DSC09156 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

家コラボ 池袋店 (KollaBo)
東京都豊島区東池袋1-5-7 LABI1 7F
03-5944-9211

 

 

 

韓国料理の名店とコラボ。店名もズバリ「KollaBo」♪

お友達に面白いお店があるよって連れて行っていただきました。
その名も「KollaBo」。コラボってコラボレーションのコラボかな???
IMG_0074 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

まさに、11の韓国料理の名店がコラボしたお店なんです。

提携店は、焼肉有名店『高麗屋』『ファロヨン』、日本初の『燻製サムギョプサル』、
『プロカンジャンケジャン』の創業四姉妹の長女『ソペクチャ・カンジャンケジャン』、
純豆腐チゲ発祥の『ソゴンドン・トゥペギ』、ソロンタンNo1の『ハンチョン・ソロンタン』、
人気海鮮居酒屋『ドゥルゴル・イヤギ』、『トゥクタ』『創作』、趙 善玉先生プロデュース、
自然派韓国伝統茶・伝統餅カフェ『趙 善玉料理研究院』、大阪心斎橋の
老舗喫茶店『趙 善玉料理研究院』。韓国と大阪の有名店11店です。

IMG_0073 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は4800円の極上コースをいただきました。

まずは、キムチの盛り合わせから。
オーソドックスに、白菜キムチ、カクテキ、オイキムチの自家製キムチ3種類。
IMG_9919 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

サンナッチ(蛸の踊り食い)  by ボドゥルコル・イヤギ
写真ではわかりませんが、この蛸、まだ動いているんです!!
IMG_9922 (2)

 

 

 

 

 

 

 

ほおっておくとお皿にへばりついちゃうんですが、ほらキュウリも掴んじゃうでしょ~。
蛸のコリコリ感がいいですよ。ごま油でいただきました。
IMG_9926 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自家製豆腐の韓国風冷奴
丸いお豆腐がかわいいですね~♡
名古屋の石川の豆乳を仕入お店でお豆腐を作っています。
これにキムチと海苔をのせて~。甘味のあるなめらかなお豆腐でした♪
IMG_9933 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤンニョムケジャン(韓国直送のワタリガニの薬味ダレ漬け)
by ソペクチャ・カンジャンケジャン
韓国西海岸のものを仕入れているそうです。タマゴがいっぱいの雌のワタリガニ。
ちゅるぅ~っと吸っていただきました。タマゴの部分はねっとり甘い~♪
IMG_9938 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ほれぇ~、タマゴがいっぱい♪しかもカニ肉甘~い❤
IMG_9944 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足はしゃぶりつくして、甲羅に残ったタマゴと海苔をごはんにかけてっと。
わおぅ~、贅沢な卵かけご飯ができました♪
IMG_9953 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海鮮チヂミ by トゥクタ
海鮮がたぷり入ったふわっとしたチヂミです。
表面はカリっ。少し甘目のタレにつけていただきました。
IMG_9954 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

最高級黒毛和牛盛り合わせ
今回は、ザブトン、タン、ハラミの盛り合わせでした。
IMG_9957 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザブトンからいっちゃおうかぁ~。
お肉がとけるくらい柔らかいのだぁぁぁ。
IMG_9977 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

大きなハラミはチョキチヨョキカット。
IMG_0008 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

擦りたての山葵をたっぷりつけていただきます。
山葵で脂もすっきりですね~。
IMG_0009 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タンはお花になって登場です。キレイですね。
女子はいくつになってもこういう盛り付けに弱いのダ。
IMG_9971 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タンがいい感じに焼けてきました~。
炭火で焼くのにダクトが強力だからどんどん煙を吸い取ってくれます。
焼肉ですが、あまり匂いもつかないですよ。
IMG_9990 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レモンをきゅっと絞っていたただきました。
IMG_9992 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

燻製サムギョプサル・セット by 高麗屋
韓流スターも来店すると大阪で人気の焼肉屋さん高麗屋とのコラボで日本初の燻製サムギョプサルです。
東京郊外の農家、『下田屋』から直送の高級銘柄豚『東京さわやかポーク』を
塊のまま一旦燻製にしてカット。だから周りが少し燻してあって中はほんのりきれいなピンク。
燻製の前につけるのは、秘伝のワインだれ。これに12時間以上漬け込み備長炭で燻製にします。
これをスライスして、またまたお花にして、持ってきてくれました。
IMG_0016 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脂身のある三枚バラ肉をさっと焼いて~。
うふっ。脂がお肉の表面に浮き上がっててきよい感じ。
IMG_0027 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンチュに包んでいただきます。
IMG_0031 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

レタスの上にお肉を乗せて、添えてある薬味を乗せたら最後はお味噌。
ばくっとかぶりついてね~。がっつりいただきますよ~。
IMG_0032 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

石焼ビビンバ by 高麗屋
創業50年、大阪『高麗屋』の絶品ビビンバとのコラボです。
ちょっとユッケみたいに生肉と生卵の黄身が乗ってます。
IMG_0034 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お店の方に混ぜ混ぜしていただきました。
って、後で聞いたら社長さんだって!!!数店舗展開してもしっかりお店に出ていて偉いね。
IMG_0046 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オッドム・グイ(甘鯛の素揚げ)
済州島から直送の甘鯛を高温の油で揚げているので、
骨までパリパリっと食べられちゃいます。
はじめお箸でちょろちょろ割っていたら、指で割っちゃったほうが早いですよと。
パリパリした食感でおせんべいみたいにいけちゃいました!!
IMG_0047 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソロンタン by ハンチョン・ソロンタン
すでにとりわけちゃった後ですが、30年伝統、韓国とニューヨークで営業し
知らない人はいない人気No.1ソロンタン専門店とのコラボです。お肉もしっかり入っていて
満足感もばっちりです。スープと農家直送のコシヒカリのごはんで最後〆るのもいいですね。
IMG_0051 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はシャーベット。私は手前のマンゴーシャーベットをいただきました。
IMG_0056 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コラボ 赤坂店 (KollaBo)
東京都港区赤坂3-12-2 1F
03-6426-5693

バンビーナの集大成♡6/30OPENうしごろバンビーナ渋谷店

6月30日にオープンしたうしごバンビーナ渋谷店に伺いました。
17時~24時の営業時間ですが、17時の開店を待っている人がちらほら。
オープンしたばかりなのに、この知名度凄い!!
店長さんも大忙しいです。さすがうしごろグループですね。
DSC06867 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて。
うしごろバンビーナ渋谷店ですが、バンビーナとして5店目の出店です。
恵比寿、中目黒、五反田、新橋店に続き、うしごろバンビーナの集大成
としてうしごろバンビーナの様々なノウハウが詰まっています。
DSC06929 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1階は仲間と気軽に小皿料理や塊肉が楽しめる”スタンディングバル”。
1階には厨房があるので10席のみ。かなり競争率が激しそうですね~。
2Fは、Bambinaらしさを堪能できるテーブル席。
3Fは、居心地の良さを追求した個室・半個室。
私は今回3階の半個室のスペースでいただきました。
うふっ。カジュアルですが、おされな雰囲気ですな。
DSC06868 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はご招待メニューということもあり、3階にいながらにして、1階のバルメニューも
楽しめる、こちらのメニューをいたたきました。
DSC06870 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、ビールで乾杯ですかね。
今回もいつものごとく女子会。
女子でがっつりお肉を食べて元気もりもりになっちゃいますね~♪
DSC06873 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節のナムルとキムチの盛り合わせ。
これは焼肉屋さんには必需品です。
特に私はカクテキ大好き。そしてこれまた大好きなスナップエンドウも♪
DSC06874 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ビーフ・スプリングロール/500円
-渋谷店1階バル限定-
お肉屋さんならではのスプリングロール。牛肉が入っています。
お野菜もたっぷりなのがいい~。やっぱり野菜は摂っておかないとね~。
DSC06881 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒毛和牛のブレザオラ/800円
-渋谷店限定メニュー-
ブレザオラは牛肉の塩漬の干たもの。イタリアの郷土料理です。
うしごろバンビーナのような色々な用途に使えそうな焼肉屋さんには
こういうメニューもいいですね。
DSC06878 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブレザオラは、まあなんというか、生ハムみたいな感じですが
もうちょっと肉肉しい感じでしょうか。
DSC06885 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

スプラウトサラダ/500円
あっさり味のサラダは500円という価格もあり頼んどかないとですね。
DSC06884 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

バンビーナ”ロック”ステーキ/1,500円
-渋谷1階バル限定-
赤~いお肉は美しいですね~。
前列の5切れほどの分量で1500円分くらいでしょうか。
通常は内腿ですが、この日はヒレ肉を焼いてもってきてくれたので
超やわらかぁ~、とろけるぅ~。
お塩かマスタード、もしくはにんにくのソースでいただきます。
DSC06892 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ソースでもいただきました。
良いお肉で出してくれたので、私は塩が一番好みかな。
DSC06899 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

バンビーナハンバーグ(フレッシュトマトソース)/1200円
-渋谷店1階バル限定-
トマトソースが美味しいハンバーグです。
麻布十番の鉄板バンビーナと同じスタイルでプチパンで出してくれますが
こちらのソースは十番よりマイルドでした。また違った魅力で美味しいかったです♡
DSC06901 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

中は現在人気の半生タイプ。お肉に自信!という表れですね。
DSC06904 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

牛テールとトマトのスープ/300円
ちょっと一休みってところですかね。
ちゅるちゅるぅ~っとね~。こういうところでスープっていいですね。
DSC06910 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B.B.B(バンビーナ・ビーフ・バーガー)/2000円
-渋谷店1階バル限定-
うわっつ♪すごいハンバーガーが出てて来ました!!!
下が食パンみたいなパンで、その上に玉ねぎやらベーコンやらいろいろなものが乗って
そのうえにビーフのハンバーグが乗っています。ソースもたっぷり。上にはバンズは乗ってません。
もうハンバーガーの領域を超えていますね~♪
DSC06914 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白いコーヒーブラマンジェ/500円
うしご定番のデザートです。白いのにコーヒーの味がする楽しいデザートです。
DSC06928 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

サクッと、1階のバルで立ち飲みもOK。
じっくり2階か3階で焼くのもOK。
リーズナブルにお肉ワールドを堪能できちゃう渋谷店で
バンビーナワールドを堪能してみてね~♪

♠うしごろバンビーナ渋谷店
東京都渋谷区桜丘町16-9 渋谷Xeビル
03-3770-4129

上野のおしゃれな炭火焼&ワイン『GOODRED』

上野でお友達に会うことになり待ち合わせ。何やらオサレな外観のお店に伺いました。
お店の名前は、『GOOD RED』。ネイティブみたいに読んでクレッド。
打ちっぱなしの壁に赤いライトが素敵に輝くお店です。
DSC08027 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

中もオサレでないのぉ~。女性は少な目ですが、ここだったら会社の男性に
連れてきてもらってもいいじゃんて、なかなかオサレな雰囲気。
しかも大人がいっても居心地いいって感じなんです。
DSC08072 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

前菜が出てきました。
カポナータみたな感じ。
炭火焼がお得意って聞いていたけどお野菜にもこだわりがあるみたいです!!!
お野菜の美味しいお店って期待大よね!!
DSC08046 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。今宵は泡からいただきますか。
DSC08044 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日はカウンター席でいただきました。
カウンター席ではお店で出している炭火焼きを焼いている姿を見ることができて
焼くたびに色々なものが食べたくなっちゃうの。
しっぱい。ジャンボマッシュルームもおいしそうだったね~。
ついお肉に目がいっちゃって。美味しいものにありつくには、アンテナを広くして色々見とかないとね。
DSC08039 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

夏野菜フェアをやっていて、いろいろなメニューが出ていました。
みんなおいしそうで決められないわよ~ということで、
お店の方にお任せして盛り合わせをオーダーしました。 DSC08040 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

どれも新鮮なお野菜の盛り合わせ。 お野菜をいっぱい食べなくちゃと盛り合わせをいただきました。
水ナスとミョウガのサラダ、ホウレン草のガドガドソース、アメーラトマト、ホワイトアスパラの
サラダ、サニーショコラなど。
新鮮ってみずみずしいということ。
それだけじゃないけれどそれだけでも納得と言いたくなります。
DSC08054 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イキイキとしたトマトや白いトウモロコシがおいしそうでしょ。
今だけ~の白いサニーショコラ(玉蜀黍)は生で食べても美味しいの~。
野菜の炭火焼なんかもあったけど、
お野菜が美味しいかったのでお腹に余裕があったら食べたかったわぁ~。
DSC08056 (3)
 

 

 

 

 

 

鮑の肝の煮込み(オーブン焼き)もいただきました。 DSC08069 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

かなり濃厚のでフランスパンと合わせていただきした。 こういう食べ方サイコーね~♪
鮑大好き。これだけで点数があまくなってしまう私です。
DSC08071 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

フォアグラの炭火焼
串に刺されたフォアグラがじゅわじゅわ焼けてきたぁ。 DSC08061 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

フォアグラをカットすると脂がしたたるぅ~。 じゅわじゅわじゅわぁ~~~。
かなり濃厚~~~。口の中でとろけるわよぉ~。すっと溶ける感じです。
焼いた表面のジュワジュワもこのしたたる脂も、もうカロリーなんて気にしません!
DSC08062 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

カウンターに座った瞬間にこのランプ肉の塊をじっくり炭火で焼いていました。
これ見たら、食べない分けに行かないでしょう。
DSC08064 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

お店の方に聞いたところ、GOODRED特製炭火焼きステーキだと!!!
このお店の「特製」って!!!頼まないとでしょ。 300g 2500円って
値段だけ見ちゃうとお高いけど、これは頼む価値あり!!
DSC08032 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

じっくり火の通った炭火焼は、程よく火が通っています。
DSC08073 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

赤身がきれい~~~。お肉柔らか~い。山葵を付けていただきま~す。
DSC08080 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

デザートはイチジクとアイスクリームを。
上野でオサレな飲み屋さん発見。
DSC08084 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メニュー以外に、おススメメニューは黒板に書いてありますから、
こちらも要チェックです!!!
DSC08088 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

GOOD RED (グレッド)
東京都台東区上野7-2-161F
03-6802-8228
営業時間:17:00~24:00(L.O.23:00)
アクセス:JR上野駅東上野口徒歩1分地下鉄上野駅徒歩1分

 

 

渋谷の焼肉の名店『ゆうじ』

渋谷のゆうじさんへ~。前回に続きゆうじさんにお任せの大人の焼肉コースです。
DSC05594_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

とは言っても前回よりもホルモンをたくさんいただきました♪
DSC05549_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

この狭いカウンター内の厨房でゆうじさんがまったく休まずに美味しいお肉を出してくださいます。
DSC05560_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

モツの煮込みスープと枝豆~。
スープにはとろとろに煮込まれたホルモンが入っていま~す。
DSC05478 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

よっしゃぁ~。今日もたべるぞーーーー♪
DSC05476_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャキーーン!!!今回の焼き手もこの方。私たちのテーブル専用の焼き師さんです。
・・・ってそれは冗談で、予約をしてくれた常連のお友達です!!!
DSC02192 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ハツのステーキ
DSC05482 (3)

今やしぶやのノン米横丁の鳥茂がないのてこういう大きな塊のハツやレバーを
焼いてくれるお店がないのでこちらは超貴重。大根おろしとおねぎたっぷり。
甘いタレに絡めていただきます。うふふふ、やわらかくて、しっとりなのよ~♪
DSC05486 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

クレソンのサラダ
DSC05483_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

サーロイン、いちぼ、ざぶとん、ミスジ、内腿の5種類の盛り合わせを焼いていただきました。
お葱をたっぷり巻いて一口でいっちゃったよぉ~。
お肉の味が少しずつちがっておもしろーーーい。
collage44

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ざぶとんの焼いている姿よ~。煙がお肉に回りながら焼けていきます。
ザブトンは味が濃いのよね~。もすじは柔らかくてね。ほっぺが落ちるってこういうこと
って言いたいくらい。上品な味わいもあるのよね。
DSC05515_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

イチボも葱を挟んでいただきました。
DSC05514_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

わかりにくいですが、ホルモンの盛り合わせです。
この中に9~10種類くらいのホルモンが入っていました。
はつ、やん、はつもと、ガツ芯、テッポウ、はつあぶら、ギアラ
ミノサンド、ホルモンなど。
DSC05523 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

はつあぶらから焼いていきまーーす。
DSC05525 (2)

 

 

 

 

 

 

 

ミノサンドがぷっくりいい感じ。
ホルモンはくるんっと丸まるので見ていて楽しいですよね。
少しじっくり火を入れていきました。でも焼すぎは禁物ですね。
collage43

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはギアラだったかな。
DSC05551_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も比内地鶏の鶏鍋が出てきました。
DSC05564_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

白濁のスープの中にお肉を入れて
DSC05570_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お野菜も投入!!!
DSC05577 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりくたくたしすぎず、シャキシャキの豆苗たっぷりのお鍋美味しいのよね~。
ちょうどよいところでお鍋から出していただきまーーす。
DSC05582 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は小倉アイスの最中でした。
DSC05592_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

赤い炎と共に立ち昇る煙と共に美味しく焼けていくお肉を楽しみました~。
DSC05489_1

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しいお肉、ごちそうさまでした。
DSC05511_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♣ 3月の訪問記

♠ ゆうじ
渋谷区宇田川町11-1 松沼ビル 1F
03-3464-6448

 

沖縄サミットで一気にブレイク『石垣牛』が東京でも食べられるよ☆本格炭火焼肉『わたなべ』

2000年に行われた沖縄サミットって覚えてますか?
ここで話題になったのは、2千円札。友人が印刷局でこの2千円札の担当だったので
発行された後にこの2千円札に使われている、いろいろな印刷技術についても
聞いた記憶があります。友人が記念紙幣にかかわっているということもあり、
私にとってはとても興味深い出来事だった沖縄サミット。イメージソングを沖縄出身の
安室奈美恵が熱唱していたことや、田崎信也氏が泡盛の古酒を使ったことなども
話題になりました。庶民の私としては、マスコミに取り上げられた話題で最も興味深かったのが
沖縄の晩餐会で使われた石垣牛。この時石垣牛なるものを初めて知りましたが、
くーーーー、食べてみたい!!!と思ったのは私だけではなかったはず。
DSC04785 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなセレブの舌をもうならせた石垣牛が東京でも食べられるようになったんです!!!
石垣にもあるお店ですが、東京進出1号店はなんと平井!!!
美味しいモノを求めてどこまでもぉぉぉ。私は電車に揺られて平井まで食べにいったわよ。
でも牛はもっとすごい。飛行機に乗って石垣からやってくるんだよ~。
本格炭火焼肉わたなべは、平井の商店街を抜けて徒歩10分ほど。大きなバス通りに
突き当たると小松川小学校が見えます。お店はそのちょっと先なのだ。
DSC04652_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼肉屋さんと聞いていたので、さぞかしお肉の匂いが染み付いてしまうか・・・。
そんな心配もありましたけど、テーブルに備え付けられたダクトがいい具合に吸気をしてくれて
洋服に匂いが付かずに帰れました。こういうところも重要なんですよね。最近の焼肉屋さんは。
DSC04704_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて。沖縄らしく海ぶどうサラダから。
新鮮なプチプチが透き通ってきれい。沖縄にならではの素材からスタートしました。
DSC04659_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホルモンから行きましょうかね。ホルモンの中では唯一石垣牛なのはこの丸腸だそうです。
自家製の味噌につけられて、焼く前からおいしそうです。
DSC04662 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ぷっくらぁ~。丸腸って焼けるとぷっくら膨らむぅ~。
DSC04673 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

脂もしたたるイイ男・・・おっとすみません、いいホルモン。
いい感じに焼きあがりました。お肉も新鮮なので適度に火を通したらOK。
お味噌のちょっとピリ辛な感じがナイスでした。
DSC04681_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん備長炭で焼き上げます。
DSC04784_1 (2)
 

 

 

 

 

 

丸腸の次は、お肉へ突入。まずはハネシタですよ~。
美味しくお肉を焼くにはやっぱり備長炭はかかせませんね。
DSC04686_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも軽く炙る程度でOKです。。
DSC04688_1 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

イチボは少しサシが多いですが、さすが美しい♡
DSC04695_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反り返ったお肉の上にはうっすら脂が光っております。
これだけでじゅるじゅるぅ~って感じですよね。
脂と共にお肉がとろけるように口の中に吸い込まれていきました。
DSC04701_1 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼きしゃぶ ロース芯
焼きしゃぶですかぁぁぁぁ。美しいサシ。
そし見たからに柔らかい。そんな印象を受けますよね。これ。
DSC04706_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンクの肉質も美しいですが白い脂身もきれい。
これは柔らかいお肉として焼けそうですね。
DSC04707 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目に違わず、お肉はとっても柔らかい~。ほっぺが落ちるってこういうことよね。
私はゴマダレが好きなので、さっと炙って、ゴマダレにつけていだきました。
ゴマダレの味が少し酸味が強いので、あまりつけすぎず、お肉の旨味を堪能してくださいね。
ポン酢もあるのでお好みでいただきまーーす。
DSC04709 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼きすき ロース芯
すき焼きの方はあらかじめタレにつけられて出てきました。
DSC04725_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

焼く直前に再度タレに通して、網の上へ。
一枚が大きなお肉なので一枚ずつ焼いてくださいね。
DSC04735 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お肉がすぐに汗をかいて、キラキラしてきます。
周りが白くなってきたら裏返してっと。
DSC04729_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

さささーーーーっと焼いて、大きいのでちょっと丸めてトングでとっていきます。
DSC04731_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

まさにすき焼き。玉子に通していただきまーーす。
タレと玉子の黄身がマッチしてこちらもとろけるぅ~。
DSC04743_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お食事はビビンバを。
石焼チーズビビンバと石焼ビビンバをいただきました。
DSC04749_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

混ぜ混ぜして、いただきました。混ぜたらおこげも作ってね~。
味は石垣の味付けのまま。ちょこっとしょっぱいはご愛嬌かな。
DSC04757_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

島牛 ロース&カルビ
石垣の人は石垣牛を食べるですか?という私たちの素朴な質問にお店の方が答えてくれました。
まあ石垣牛はブランド牛ですからね。普段はこちらの島牛というのを食べるそうですよ。
こちらは少し肉肉しいお味がしました。食べ比べると石垣牛がどれだけ上質なお肉かが実感できました。
DSC04763_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

石垣牛の取扱い業者はこういう証明書を持っています。燦然と輝く印籠のようなものだわね。
沖縄のお肉ということで、アグー豚みたいに少し味が濃いのかなと思ったのですが、
コクはあるけど、甘くて柔らかい。ある程度牛肉の味も楽しみながら、口の中でいつの間にか
消えているお肉。セレブに加わって、平民の私はもちろん美味しいと思ったのでした。
DSC04768_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JA石垣認定の「石垣牛」とは、
1.八重山郡内で生産・育成された登記書及び生産履歴証明書を有し、八重山郡内で生後
おおむね20ヶ月以上肥育管理された純粋の黒毛和種の、去勢及び雌牛のことをいう。
2.出荷期間は、去勢で24~35ヶ月、雌で24~40ヶ月の出荷範囲以内とする。
3.品質表示は、日本食肉格付協会の格付を有する枝肉
特選 : 歩留等級(A・B)肉質等級(5等級・4等級)
銘産 : 歩留等級(A・B)肉質等級(3等級・2等級)
4.1~3までの条件を満たした枝肉に対し石垣牛ラベルを発行する。
5.店舗販売業者においては、JAおきなわの発行する「石垣牛」ラベルで表示致される。
DSC04777_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

デザートはシルクアイス。
DSC04773 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お店では最後にこちらのオリジナルガムをいただきました。
DSC04775_1

 

 

 

 

 

 

 

 

本格炭火焼肉 わたなべ
東京都江戸川区平井2-21-13-1階
(平井駅より徒歩10分)
03-5628-6265

うしごろ銀座店特別コースをいただきました♪

4月21日満を持してオープンした『うしごろ銀座店』の試食会にお招きいただきました。
DSC05119 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個室にお通しいただきました。うしごろはオープンなスペースもありますが個室も充実。
シックでモダンな空間なので銀座での接待や、親しい友人との食事会にも利用できますね。
DSC05112 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはシャンパーニュで乾杯。
DSC04984 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり黄金色に輝く泡は美しく、特にある程度のランクの食事にふさわしい。
うしごろも銀座店も、ビールもいいけどシャンパーニュを飲んじゃおうかなと、
ちょっとワンランク上を体験したくなるようお店でした。
DSC04987 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ワインなども充実していて、グラスから楽しめます。
もちろん他のお酒も豊富なのでお肉とお酒のマリアージュを相談してみてくださいね。
DSC05115 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常のコースは、6500円、8500円、10000円(2種類)ですが、
今回はは試食会ということで、普段は出していない特別メニューも含めて出していただきました。
さて、待望のうしごろ銀座店の実力やいかに!!
和牛の手毬寿司と春野菜の白和え
五種の手毬寿司(漬けとマスタード・胡麻紫蘇とゲランドの岩塩・柚子胡椒と甘ダレ)、
旬の恵みの春野菜の白和えと唐黍、食感楽しい蓮根の真薯
DSC05002 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな手毬寿司の中には、心くばりがいっぱい。
ゲランドの塩ののったものには、大葉と白ごまで大葉の香りとプチプチ食感、
ゆず胡椒にはあまだれで奥深い味わい、
マスタードには酢飯は一番プレーン。それぞれ違った味わいが楽しめます。
春野菜の白和えは出汁で炊いたソラマメやオクラなどが添えられていました。
レンコンの真丈はふわふわでかなり美味しくて、ここ焼肉屋さんだよね。。。。と
一瞬和食屋さんにきたんだっけ?と勘違いするほどのクオリティ。
今回は試食会ということでメニューにないものも出していただきましたがお肉以外のメニューも
絶対に美味しいとスタートから確信をした先付でした。
DSC04989

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は赤いBOXが登場しました。
え?これ何?
店長さんが今後お土産にも考えていきたいと思っているんですよ、どうですか?と。
DSC04996 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中身はサンドイッチ。ヒレとコンビーフを使ったサンドイッチでした。
ひゃー、おいしそう。でもちょっと待って。他のお肉をまずは味わいたいということで
こちらはお家でいただくことにいたしました。
DSC04998 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肉素麺
キラキラ輝く赤身と山芋の白のコントラストが、あまりにもビューティフォー。
このたたきは、赤身のうちももを一旦昆布で〆て、そうめんのようにカット。
だし汁の中で山いもをかけていただきます。
DSC04999 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

たたきと言っても、まるで和牛ラーメン。細くカットしてあるのでとっても食べやすかったです。
DSC05005 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒毛和牛ホルモンの白みそ仕立て
いわゆる煮込みにです。使われているのは鮮度の高い小腸。通称こぷちゃんでした。
白濁したスープは白みそとクリームチーズ。
はじめから少し洋風の香りがするぞっと思ってちょっとお行儀が悪いけど
くんくんスープの香りをかいでしまいました。クリームチーズでこんなにマイルドになるのね。
この和洋折衷スープで煮込で煮込みが一気におしゃれなお皿になりました!
DSC05008 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~焼物は、塩とタレの2種類で堪能させていただきました~

そして、そして~。きたーーーーー!!!厚切り3兄弟!!!
みんな塩焼きで、お好み実の薬味をつけていただきます
薬味はつけずお肉の美味しさを味わうのもいいと思います。
うしごろの看板ニューのひとつともいえる「黒タン厚切り」!!!。
そして、さらに分厚い、極厚ヒレ、そしてハラミの3種盛りです!!!
DSC05012 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

このサシがすんごいよね~。ステーキか!!!って言う感じ。
しっかりした小豆色。そしてこのフレッシュでさらっとした表面が肉質の良さを物語っています。
DSC05015 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分厚いタンには切り込みが入っているに驚きました。
この切り込み、焼いた時に意味が分かりました。
DSC05016 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

網の上の存在感、すごし!!!
こんな分厚いタンはなかなかお目にかかれません。
DSC05026 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きゃーーーー。鮑のような焼き上がり!!!
このさ。タンに切り込みが入っているのがすごいじゃない?
タンっと薄くてもしゅわしゅわぁ~って縮むっていうか丸まっちゃうっていうか。
だからこれも切り込みがはいっているくんだと思うんだけど、その切り込みが
はれつするようにお肉がふっくらするのも楽しいなぁ~。
タンのサクサク感もしっかり楽しみながら、お肉を堪能しましたよ。
これは、青唐辛子味噌とレモンで違いを楽しみました。
DSC05033 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして脂がじゅわじゅわぁ~って焼けたハラミ。
これも分厚いですよね。Sランクの極上ハラミなのですが、脂も少し多め。
DSC05051 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うしごろでは本わさびをこのためにだけ目の前ですりおろしてくれます。
このハラミのためにだけですよ。超贅沢ですよね。
DSC05036 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すりおろしたばかりの山葵は辛さよりも爽やかさが強い。
特にこの脂の強いお肉に乗せて食べたら、いくらでも山葵が乗っちゃうねって話しながらたべてました。
ハラミの脂のうまみを感じながら、後味はわさびでしっかりオフ。
これがハラミの正しい食べ方だよねという瞬間でした。
DSC05054 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして満を持して登場したが、極厚ヒレです。
極厚って書いてあるけど、すごいのはその極厚の断面のサシ!
これが食べた時にどうなるか、想像しながら焼けるのを待ちましょうかね。
DSC05060 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店の方が丁寧に焼いてくれます。
上質なお肉は失敗したくないからお店の方が焼いてくれるととっても嬉しい。
もちろん肉奉行はどうぞご自分で焼いてください。
DSC05066 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お肉がはちきれんばかりにぷっくら焼きあがっていました。
この中のお肉はどんな状態になっているんでしょうか!!!
DSC05074 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲランドの塩につけて、口に運びます。
この大きなお肉の塊をお箸でそのままいただけるってこれまた贅沢。
DSC05077 (2)

 

 

 

 

 

 

 

一口食べると、きゃーーー。真っ赤なお肉の登場です。
中は赤いけど程よく火が通っています。ミディアム状態ですかね。
なんども言いますが、これはステーキではないんです。
あくまでも焼肉。高級焼肉店はなんでもやってくれるなと感謝しちゃう。
DSC05080 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コムタンスープ
このコムタンスープは6時間煮込んで作っているそう。
炙ったテールもスープと共に美味しくいただきました。
DSC05075 (2)
 

 

 

 

 

 

ザブトンのすき焼き 上ミスジ 
ザブトンと上ミスジの2種類のお肉。よーーく見るとちょっとサシが違いますよね。
左がミスジ、右がザブトンです。
DSC05081 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

「焼物 タレ」は、ザブトンのすき焼きです。三栄鶏卵の満月の卵黄が添えてあります。
小さな一口サイズのごはんも。
DSC05086

 

 

 

 

 

 

 

 

大きなお肉は軽く焼いて。熱が入りすぎないようにあくまでも軽く。
DSC05089 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タレ、卵黄の順番でからめていきます。
DSC05094 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ごはんは1/2くらいの量だと一口でいけます。
お肉で包んでいただきました。
DSC05095 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒毛和牛ブリスケの治部煮
治部煮は金沢の郷土料理。これを黒毛和牛のブリスケで治部煮にしました。
前股の内側にある肩 ばら肉(かたばら)のこと。しっとりしたバランスの良い部分は
こういう煮物にしてもばっちり楽しめました。
DSC05096 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな料亭のようなお料理も出していただけるなんて幸せ。
DSC05105 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

牛すじの金波
柔らかい牛すじをフルフルの茶碗蒸しに仕上げました。
DSC05101 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和風冷麺
カツオだしのきいたまさに素麺です。
DSC05106 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

生海苔を添えるとさらに奥深い味に。
DSC05107 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほうじ茶プリン
濃厚な玉子満月で作ったプリンです。
ほうじ茶の苦味と香りで大人のプリンに仕上がりました。
DSC05110 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西麻布店と並びうしごろグループの最高峰となる銀座店ではお肉も他店と差別化し、
『吉澤』のお肉を使っています。吉澤は、松坂牛をはじめとする「これだ!」と思った雌牛を1頭買いし、
水冷式の冷蔵でじっくりと熟成をかけて、最高の状態で出荷する東京都指定仲卸。
銀座店では吉澤から仕入れた黒毛和牛のA5ランクのお肉のみを使用し、『肉力』にさらなる磨きをかけ、
直球勝負をかけてきました。だから今回いただいた分厚いお肉でさえも口の中ですっと消えていきます。
美しいサシの入った赤いお肉はエロスさえ感じてしまうほど魅力的。
炎越しに絡めた視線で愛も深まりそうな予感がしました。
DSC04430 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀座店では素敵な山名店長がお出迎え。
メニューの相談もお酒とのマリアージュも店長さんに相談してみてくださいね。
メニューはアラカルトに加えてコース(通常のコースは、6500円、8500円、10000円/2種類アリ)。
銀座の新たな新名所でこだわりの焼肉をいただいてみてはいかがでしょうか?
DSC05114 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼肉うしごろ 銀座店
中央区銀座1-6-6
03-3538-1129

 

 

月島で飛騨牛!上質なお肉は溶ろけるよ~。サーロインからごちゃまぜ焼きまで楽しんで♪

飛騨牛 タレサーロインだよ~。大きなお肉をそのまま焼くとかなぁ~りのド・迫力!!!
DSC03990 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月島で飛騨牛!!!

今回はね。月島に『飛騨牛』を食べに行ってきました~♪
月島はどうしてももんじゃのイメージが強いですが、実は焼肉屋さんも多い。
DSC04138 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

さっきのサーロインはね、店員さんがお肉の頃合いを見計らって、手際よく焼いてくれました。
きれいなサシの入ったお肉を鉄板に広げてね。
お肉の一番美味しい焼き頃が来たら、トングでさささーーーーーっと。
赤いお肉にドントン火が入っていくのを見ているだけでもワクワクする。
お肉を食べてる時は、女子も闘魂魂に火が付きますね!!
DSC04006 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

柔らかくて、口の中でとろけるぅ~っ。
そんな美味しいお肉を溶き卵につけて。すき焼きみたいにいただくのが在市流!
お肉はやっぱりいいやねぇ~♡甘味があって、口の中でとろけるんだよ~。
このお肉。飛騨高山の飛騨牛専門牧場「山武牧場」のメスのA4、A5の
サーロインを使用しています。タレのほかに塩でさっぱりもある。
この食べ方も好きだけど、さっぱり食べたい人は塩サーロインでどうぞ。
DSC04009 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お次は「極上タン塩」も行っちゃうよ~。
タン塩ってさ。薄いのもあるけど、ある程度厚く切ってくれるとそれだけで燃えるぅ~。
DSC03971 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめネギは分けて焼いてくれるんだけど、食べごろになったらこんな風にネギは上に乗せてっと。
DSC03982 (4)

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンボケでごめんなちゃい。
こんな風に二つの折ってっと。
レモン汁につけて、ぱくっといただきました~♪
DSC03986 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

盛り合わせは、「肩三角・リブシン・三角バラ」。
サシがすごいお肉がいっぱいだよ~。
DSC04024 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

分からなくなりがちな盛り合わせもしっかりタグがついているから安心さ。
DSC04026 (3)DSC04028 (3)DSC04027 (3)

 

 

 

 

 

 

もうね。このクラスのお肉になるとそのまま食べてお肉の味を堪能~ってことも出来ちゃうんだれど
今回は、そんなお肉の味も楽しみつつ、肩三角とリブシンはたれでいただいたりとかしました。
DSC04043 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

三角バラもじゅわぁ~っと焼いて。
DSC04053 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

私は玉子につけていただきました。
DSC04052 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

在市の自慢の味っていうことで、ごちゃ混ぜ焼肉いうのが壁にかかっていたよ~。
ふむふむ。秘伝のたれに赤身やホルモンをもみ込み焼き上げるんだって。
自慢の味っていうくらいだもん。これは食べとかないとでしょ!!!
DSC04134 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごちゃ混ぜ焼というのは、赤身1:ホルモン3という黄金比でできているらしい。
初めての人は味噌だけということですので是非味噌だれからチャレンジしてみましょうか。
DSC04125 (2)
 

 

 

 

 

 

 

ごちゃまぜ焼き(タン・ハチノス・中落ちカルビ・ホソ)
秘伝のたれの味付けバージョンもありますよ~。
DSC04097 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

この日の赤みは中おちカルビでした。仕入によってお肉の種類が変わるみたいですよ~。
DSC04100 (2)
 

 

 

 

 

 

 

九条ネギホルモンセット(上ミノ・ウルテ・ホソ・テッチャン)
やっほぉ~い。ホルモンだぜぃ。って感じで登場したよ~。
どんな高級焼肉屋さんに行っても、てか高級で新鮮であればあるほど
ホルモンも試したくなるぅ~。九条ネギがたっぷり混ざったごちゃぜ焼き。
DSC04065 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ホルモンは脂が多いから、煙もすごいけど、このお肉が”くるん”、”プクッ”
となるのは、焼肉屋さんに来たら一目拝んどかないとね~。
DSC04082 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店には、福は内ならぬ福は肉と書かれています。
そうそう。美味しいお肉を食べると、元気になって、笑顔になる。
確かに福が舞い込んで、強運体質になりそうですね~。
DSC04118 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

九条ネギと飛騨牛の土鍋ごはん
飛騨牛の炊き込みごはんなんて初めて食べました。
だいぶ脂が出ていてちょっとチャーハンみたいな味わいになるけれど、
ネギもいっぱい入っているので意外と完食しちゃいました。
DSC04047 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

デザートには濃厚プリンを出していただきまました。
DSC04119 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

席間もゆとりがあるから、ゆったりとお肉を楽しむことができました。
DSC04136 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

在市は有楽町線・都営大江戸線 月島駅10番出口より徒歩1分。
中央区立月島図書館の隣。駅からだと上についているごちゃまぜ焼きの提灯が目印ですよ。
DSC04142 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

♠ホルモン在市 (ざいち)
中央区月島2-14-8 AMビル1,2F
03-6228-2738

待望の銀座店は本日オープン『USHIGORO銀座店』

3年前に西麻布にオープンして以来、飛躍をし続けてきたうしごろ。
本日4月21日。満を持して銀座にオープンします!!!
USHIGORO2
 

 

 

 

 

 

 

オープンに先駆けたレセプションに行ってきました!!!
DSC04405 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

レセプションにふさわしく泡で乾杯。
DSC04411

 

 

 

 

 

 

 

 

店内はまたまたシックな感じ。大人がゆったりと焼肉が楽しめるようになっています。
DSC04410 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レセプションだったのでフィンガーフードをいろいろ出して頂きました。
なんか素敵~。こういう繊細にお料理を出してくれるっていうことは
通常営業の店舗でも超期待できちゃいそうですね。
DSC04409 (2)

 

 

 

 

 

 

 

DSC04408

DSC04428 (2)

DSC04414 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん焼肉もいただきました。
DSC04433 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

今回銀座店で使っているのは、なんと、東京都指定仲卸『吉澤』のお肉。
さすが銀座の風格に合わせ、厳選したお肉を使っているそうです。
吉澤は松坂牛をはじめとする「これだ!」と思った雌牛を1頭買い。
熟成をかけて、最高の状態で出荷します。
まさに、うしごろ銀座店では『肉力』で直球勝負をかけてきたわけです。
DSC04430 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

銀座店では、国産黒毛和牛の中でも最高級とされるA5ランクのみ使用するそうですが、
今回は仙台牛のリブかぶりやロースなどを4種類ほど焼いていただきました。
DSC04421 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

いいお肉は口の中でとろけるね~。そして部位によって、味に変化があって楽しい~。
DSC04422 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

肉力の高い焼肉店『うしごろ銀座店』。
銀座にまた一つ美味しいい新名所の誕生ですね。
USHIGORO1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼肉うしごろ 銀座店
中央区銀座1-6-6
03-3538-1129

新感覚の鉄板焼きはキュートな鉄鍋で♪~TEPPAN Bambina~

麻布十番商店街のほぼ中央あたり。3月3日にうしごろプロデュースの
『TEPPAN Bambina』がオープンしました。
頭上には照明で輝く店舗ロゴ。
マニヴィア麻布十番という飲食店が入居するビルの 2Fになります。
DSC03380 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄板バンビーナへは、階段を利用して行ってください。
ちょっと男前なエントランスへ続きます。
DSC03382 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

店内は、微妙にニュアンスの違うカラーの木片でまとめたていて、
これに鉄板を組み合わせたちょっぴり男前なインテリアですが、ところどころにグリーンが
配置されたナチュラルな雰囲気。これなら女子を誘ってもOK♪
DSC03469 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

“TEPPAN”
店内にはTEPPAN=鉄板が並びます。
自分で焼くのかな?その答えは後ほどね。
DSC03470 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて。今回は女子4名で伺いました。
乾杯用にロゼのスパークリーンをお願いしました。
そろそろ桜の季節。うふっ。私の季節ですがなぁ~。
DSC03390 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ワインはフルボトルでなんと2900円。
いわゆる29=肉価格です!!!
DSC03474 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

専門家が選んだワインリストはチャートになっていて、素人でも選びやすい工夫がされています。
フルーツを贅沢に使ったオリジナルカクテルもあるそうですよ。
DSC03475 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

TEPPAN Bambinaのアペリティーヴォ(小皿料理)は、すべて500円。
ワンコイン価格だと気軽だしお値段の予想もしやすくてうれしいですね。
たとえば、どんなものがあるかというとね・・・

 

バーニャカウダ 500円
最近は必ずと言っていいほどお店には置いてあるバーニャカウダー。
こちらでは500円というリーズナブルな価格でいただけます。
500円って・・・リーズナブルだからと言って侮ってはいけません。
このココットの中には、ミッキートマト、ビタミン大根、甘紫大根、
チェロキーレタス、スティックセニョールなどが入っていました。
DSC03391 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

クレソンサラダ 500円
クレソン大好き人間としては、これはありがたい。
シンプルに料理したクレソン大好き!!!
DSC03420 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、TEPPAN Bambinaの3大メニューもご紹介しとかなくちゃね~。

DSC03425 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

極上黒毛和牛3種盛り 3500円
国産A5黒毛和牛の上ヒレ、ハラミ、うちももの盛り合わせです。
店長さんにちょっとサービスしてもらちゃって、うちももがタン元になってました。
いつもありがとうございます。
DSC03403 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

このハラミすごいでしょ!!!
超柔らかくて、なめらかな肉質。
何もつけなくてもシンプルに塩だけで味付けしてあるんだけど、
美味しいお肉はシンブルなのに、食べててうっとりの味わいでした~。
DSC03409 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

バンビーナハンバーグ 1200円
国産A5黒毛和牛100%のつなぎなしのハンバーグはまさにジューシー。
DSC03414 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

中は半生~。お肉が新鮮な証拠ですね。
生が苦手な方は、鉄板で自分の好きな焼き加減にしてから食べるといいかも。
もちろんこのまま生でガンガンいっちゃってもOKよ~。
DSC03416 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、そして~。
私がとってもお勧めなのが、このバンビーナ トマトすき焼き 1800円。
鉄板に運ばれてちょっとぐつぐつしたら食べごろ~。
トマトが入ったすき焼きって珍しいじゃい。これがなかなか、いけるのですよ!!!
DSC03427 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

玉子は生玉子じゃなくて、卵白に卵黄をかけたタイプ。
満月っていう玉子を使っているそうです。
生卵が苦手って人もこれなら大丈夫。
DSC03423 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

すっきり味のすき焼きにシュワシュワの玉子で軽い味わいに。
甘いすき焼きではなく、お肉の甘味が楽しめます。
柔らかいお肉が少し酸味のあるすき焼きになっていくらでも入っちゃうよ~。
他では食べられないし、自宅で卵白も面倒くさいのでおすすめです。
DSC03436 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

サガリのカルパッチョ 1300円
肉食女子としては、やっぱり生のお肉はうれしいのよ~。
DSC03397 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しくカットされた真っ赤なお肉。レッドペッパーとパルメザンチーズのおめかしで
シンプルだけど最高だわ~♪生の魚は苦手ですが、お肉はうえるかーむ♡
DSC03402 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルゴーニュ風ガツ芯 800円
エスカルゴの器に入って出てきました!!!
味付けもエスカルゴのようにバターとセロリで焼かれていました。
DSC03439 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

添えられたパンにエスカルゴバターもたっぷりつけて、ガツを乗せていただきま~す。
これはワイン好きにはたまらなんね。間違いなく!!!
DSC03441 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

かわいい容器が運ばれてきました。
何々~とお店の方が蓋を開けると、
DSC03445 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べるオニオングラタンスープが登場しました。
飴色玉ねぎの上にスープをたっぷり吸ったバゲットととろけるチーズ。
玉ねぎが超甘くて~ビックリでした。
DSC03452 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろご飯ものタイム。

鉄板ナポリタン 600円
このクオリティーで600円は安すぎでしょ~。割とあっさりナポリタンでした。
DSC03456 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

玉子の黄身がとろぉ~り。これも珍しいタイプかも。
DSC03459 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バンビーナガーリックライス 700円
鉄板焼きにはやっぱり欠かせないよね。ガーリックライスは!!!
DSC03461 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

白い!コーヒーブラマンジェ 
うしごろのデザートと言ったらこれでしょ~。
白いのにコーヒー味。美味しくいただきました~♪
DSC03467 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

右側がTEPPAN Bambinaの店長さん。
左側はいつもお世話になっている元恵比寿店の店長さん。
新しいお店、とっても楽しかったで~す。うしごろ大好き♡ごちそうさまでした♪
DSC03482 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

TEPPAN Bambina&WINE by うしごろ
鉄板バンビーナ 麻布十番本店
港区麻布十番2-5-1 マニヴィア麻布十番2階
03-6804-2923