八ッ橋発祥の家「本家西尾八ッ橋」

京都の代表的なお土産八ッ橋。久しぶりにお土産でいただきました。
最近はなかなか食べることもなくなったのですが、久しぶりにいただくと楽しいものです。
いただいたのはザ・京都土産の定番『八ッ橋発祥の家「本家西尾八ッ橋」」』のもの。
この昔からの名物になりますと、元祖、本家、など色々な屋号が飛び出すのも全国共通ですね。
DSC05564

 

 

 

 

 

 

 

 

 

包み紙を見てあれ?と思ったのですが、今回いただいたのは黒ゴマ味。
定番のニッキのほかに、この「黒ごま」と金箔のついた「おひろめ」、「抹茶」
そして、なんとバナナなんていう味までありました。
DSC05568

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個包装で日持ちがする。お土産の定番です。
パッケージのところどころに、「西尾」「八ツ橋」「本家」の文字が並びます。
DSC05571

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
八つ橋独自の細長い瓦型。
黒ごまが入った分ニッキの味は少し控えめのような気がします。
さくっとした食感、そしてほんのりのニッキの味と甘味。
ちょっとバナナなんかも食べてみたくなりました。
DSC05574

八ッ橋発祥の家「本家西尾八ッ橋」

限界集落のさらに奥。星つき蕎麦屋へ。

集落丸山に宿泊すると夕食は蕎麦懐石「ろあん松田」かフランス料理「びわの蔵」の

どちらからから選びます。ろあん松田はこのエリアで古くから蕎麦屋を営んでいたと

いうことを伺い、またこんな山奥でミシュランを獲得しているという少しミーハー魂

に火が付き、ろあん松田さんへ伺いました。この日は個室をご用意いただきました。

DSC08763

 

 

 

 

 

 

 

 

まずいただいたのが、庭で穫れたどくだみを使ったお茶を出していただきました。

ろあん松田のコースは、おそばをたっぷり堪能できるだけじゃなくて

それに付随する、手仕事をしているというのか。こちらでオリジナルでつくられた

御料理を出して下さいます。そしておそばは旦那様担当、御料理は奥様。

接客には、娘さん、息子さんが加わるという家族経営のお店です。

DSC08768

 

 

 

 

 

 

 

 

蕎麦の素揚げ

まずはおそばを揚げた素揚げから。かなり軽いのでぼりぼり行けちゃいます。
DSC08767

 

 

 

 

 

 

 

 

ビールは日本のもの以外にベルギーのものを多く集めているようです。

DSC08770

 

 

 

 

 

 

 

 

エノキも乾燥すると奥深い味に。

山椒を漬けたオリーブオイルで軽く和えていただきます。

DSC08776

 

 

 

 

 

 

 

 

自家製トマトジュース

優しいトマトジュースです。あまりトマトジュースは好きではありませんが

こちらのトマトソースは美味しいの〜。
DSC08772

 

 

 

 

 

 

 

 

野菜のサラダ 山椒のオイルがけ

すべりひゆ、ナスタチウム、マイクロキュウリ、畑しめじ、コリンキー、マーシュ

ブロッコリー、パプリカ、山芋、ラディッシュ、低圧調理されたほうれん草などなど。

最後に蕎麦チップの入ったサラダです。

ドライトマトやブルーベリーが所々で味のアクセントに。シンプルですが

野菜の美味しさをしっかり味わえるサラダです。

DSC08780

 

 

 

 

 

 

 

 

マイクロきゅうりがかわいいですね。

DSC08782

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前菜の籠盛り

ガマヅミの実、筍のひめから、甘草、花ズッキーニ、みず、モロッコインゲン、

インカの目覚め、糸かぼちゃの胡麻和え、ツルムラサキ、卵焼き、岐阜の鮎、

はものかまぼこ、梅で炊いたニシンのお寿司。

DSC08783

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそばは3種類出てきます。

一番目のお蕎麦は軽やかに更科に近いものから。

殻をとった白いお蕎麦。香織が上品ですね。

DSC08788

 

 

 

 

 

 

 

 

 

万願寺唐辛子とふげまるのたいたん

吉良農園の有機栽培のふげんまるは、とってもねっとりしたジャガイモ。

煮崩れずキレイに火が入るというひとで使っているようですが食感も面白い。

仕上げにふった柚子も爽やかで、おだしにぐっと深みが増しました。

DSC08793

 

 

 

 

 

 

 

お蕎麦の手巻き寿司

少し籾殻の入った香りの少しあるおそばは軽くお酢で合えてありました。

これにと甘く煮たアナゴ、水菜、錦糸卵が加わって、口当たりも柔らかに。

お米で作ったお寿司とは少し違う味わいで楽しく仕上がっていました。

これはとっても美味しくてもうひとつ食べたいくらいでした。

DSC08798

 

 

 

 

 

 

 

 

蕎麦がき

とろっとするくらいやわらかい出来立ての蕎麦がきは、柔らかなお餅みたいで

素材の優しい甘味さえ感じます。こんな美味しいそばがきは初めてです。
DSC08801

 

 

 

 

 

 

 

 

冷やがけ

夏だけ許される期間限定の盛り付けと組み合わせです。

上の氷が見た目にも味にも涼を添えてくれます。

鯖でとっただしが、少し個性的でカボスにも負けません。

冥加と貝割れがアクセントになっていました。
DSC08805

 

 

 

 

 

 

 

 

野菜の天ぷら

おかのり、なす、しいたけ、皮付きの新蓮根、ヤングコーン。

更科粉をまぶして揚げてあり、さくっと軽い揚げ上がりです。
DSC08808DSC08809

 

 

 

 

 

野菜のエチュベ

お酢でなくレモンで漬けた野菜のエチュベ。

酸味がお酢とは違い爽やか。
DSC08811

 

 

 

 

 

 

 

 

山掛け蕎麦

このあたりは山芋が食べられるのですが、最後はおそばに山掛けで。

おそばもたっぷり堪能しました。
DSC08815

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん蕎麦湯もいただきました。
DSC08821

 

 

 

 

 

 

 

 

香の物

食用のひょうたん、キュウリなどの他に、いぶりがっこまで自家製です。
DSC08819

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トウモロコシのご飯

とうもろこしの甘みをたっぷり味わえるご飯です。

青じその緑とコーンの黄色のコントラストもキレイですが

味にも甘味と紫蘇の爽やかさが良くマッチしていました。
DSC08820

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は蕎麦饅頭とそば茶で〆。

おそばを堪能できるコースでした。
DSC08823

朝食はお部屋で手作り。

眠気眼な意識の中で、美味しそうな匂いがしてくるってこんなに幸せなこと
だったかしら。親子で仲睦まじく。集落丸山では指定した時間の1時間前
くらいに、お部屋までお宿の方が朝食を作りに来て作ってくれます。自分の
ための朝食を作ってくれる幸せをしばし味わいながら、見つめていました。
DSC08833

 

 

 

 

 

 

 

キッチンのある土間と寝室の間にはリビングルームもあってプライベートは
邪魔しません。縁側近くの居間で緑を見ながらの朝食です。
DSC08845

 

 

 

 

 

 

 

 

サラダ、ヨーグルト、スープ、ジュース、フルーツ、そして
DSC08847

 

 

 

 

 

 

 

 

オムレツとソーセージ。なんてことないけど、できたてをいただくことが
できる幸せを噛み締めて。
DSC08851

 

 

 

 

 

 

 

 

パンも種類豊富に揃えてありました。
DSC08834DSC08837

 

 

 

 

 

こちらの土間がキッチン。
DSC08694

 

 

 

 

 

 

 

 

食器や簡単な調理器具が揃えてあるので、簡単な料理も出来ます。
丹波篠山は美味しいものがいっぱい。こちらで軽く調理をして食べてみたいな〜。
DSC08719DSC08718

 

 

 

 

 

 

♠集落丸山
兵庫県篠山市丸山30番地
079-552-5770

電車でのルート
JR福知山線「篠山口」駅で下車(大阪駅から丹波路快速で65分)
篠山口駅から北東へ9km(タクシーで20分)

車でのルート
舞鶴若狭自動車道「丹南篠山口IC」から北東へ8km(約 15分)
※篠山鳳鳴高校西側の小さな谷筋を最奥まで北上ください

限界集落の築150年の古民家にのんびり宿泊〜集落丸山〜

丹波篠山の町歩きを終えタクシーにのって10分弱。集落丸山へ伺いました。

山々に囲まれた森山麓。少ない集落の残る限界集落です。

DSC08733

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集落丸山にあるのは山、田んぼ、畑、小川、そしてきれいな空気。

何もないけど、自然はいっぱいです。

DSC08732

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集落丸山には2つほど宿泊できる古民家があります。

今年の7月。少し早い夏休みをとって、築150年を超える古民家「灯り」

(佐古田家)を一棟借りて宿泊するという贅沢な休日を過ごしてまいりました。

DSC08729

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き戸をひいて土間を進み、リビングルームに通されました。

フローリングの床にソファ。まるで自宅でくつろいでいるような雰囲気です。

夜は読書にふけったり、おしゃべりをしたりして過ごすことが出来ます。

DSC08669

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お隣はちゃぶ台の残るお部屋。古いガラスの扉がとてもキレイ。

DSC08706DSC08707

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃぶ台の部屋の隣は居間。そして床の間と続きます。

床の間ではもちろん大の字。最近は大の字すらなかなか出来ませんが

畳の上に寝そべると本当に気持ちがいいものです。

DSC08728

 

 

 

 

 

 

 

 

 

居間と縁側。縁側からは美しい緑が見えます。

DSC08680

 

 

 

 

 

 

 

 

縁側にはチェアがおいてあって、緑を見ていると頭の中もからっぽに。

普段忙しく過ごしているのでこういう時間は貴重ですね。

DSC08702

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングルームの脇には土間のキッチン。

タイルばりのモダンなカウンターがオシャレです。

こちらでお宿の方が翌朝の朝食を作って下さいます。

このキッチンからも緑が見えて気持ちいい。

お部屋のどこにいても緑をみることができると言っても過言ではない建物です。

DSC08695

DSC08697DSC08714

DSC08726DSC08872

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベッドルームは2つあります。こちらが主寝室。

DSC08708

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寝室の片隅にはソファと書籍。

寝る前にぱらぱらっと読書をして。そんな過ごし方もありですね。

DSC08710

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サブの寝室です。こちらにはベッドが3つ。

5名が宿泊できる施設ですが、なんと2名で贅沢に使わせていただきました。

DSC08668

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お風呂は使いやすいものにリフォームされています。

DSC08683

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イソップのアメニティ。手すりなんかもあるのでシニアの方も安心ですね。

DSC08871DSC08870

 

 

 

 

 

ちなみにこちらが平面図。二人で使うにはうまりにも贅沢すぎる広さですね。

DSC08866

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるでおばあちゃのお家に帰ってきたような佐古田家。

150年を超えた建物だとは思えないくらいキレイにリノベーションしていますが

オシャレすぎないところもいい。懐かしさの残る、心からくつろげる滞在でした。

 

集落丸山は、2009年(平成21年)には、国土交通省の

「地域住宅モデル普及推進事業」の指定を受けこの集落を再生させました。

「LLP(有限責任事業組合)丸山ブロジェクト」を結成しNPO集落丸山を運営しています。

 

♠集落丸山
兵庫県篠山市丸山30番地
079-552-5770

電車でのルート
JR福知山線「篠山口」駅で下車(大阪駅から丹波路快速で65分)
篠山口駅から北東へ9km(タクシーで20分)

車でのルート
舞鶴若狭自動車道「丹南篠山口IC」から北東へ8km(約 15分)
※篠山鳳鳴高校西側の小さな谷筋を最奥まで北上ください

 

 

 

丹波篠山河原町妻入商家群 「器とくらしの道具 ハクトヤ」

丹波篠山には河原町妻入商家群という篠山市 篠山伝統的建造物群保存地区の内にある

河原町、小川町を中心とした商家を中心とした地区へ伺いました。

古い町並みは歩いているだけで、どことなく懐かしく、のんびり町歩きのできるエリアです。

DSC08972

 

 

 

 

 

 

 

 

ブリキ店だって。いい感じでしょ。

DSC08666

 

 

 

 

 

 

 

 

商家群はのちほどご紹介しますが、器を購入したハクトヤさんをご紹介いたしましょう。

2010年4月にオープンした生活雑貨のお店です。こちらがメインの入り口。

おもちゃ箱をひっくり返したようなお店は楽しくて。つい時間を忘れてしまいます。

DSC08967

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年代やジャンルを問わず、色々な器や雑貨が並びます。

おもちゃ箱というより宝探!!

DSC08957

 

 

 

 

 

 

 

 

一部土間もあるんですが、靴を脱いで畳のスペースで商品を選ぶんです。

狭いスペースということもあり正座でじーーーっと商品を選んじゃう。

DSC08954

 

 

 

 

 

 

宝探しという表現をしましたが、アンティークから作家ものまでお店の中に

ごちゃっと置いてあります。ここから好みのものを探すのは本当に楽しい。

私が持っている作家さんのものもあり、お店の方にこれとこれと・・・

持ってますと言ったら、とても喜んで丁寧に接客してくださいました。

あ、もちろん東京から来ましたということもあったかも。

DSC08956DSC08958 DSC08959DSC08961 DSC08964 DSC08965

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段に置いてあるバックを選ぶのも楽しいよね。洋服なんかも販売しています。

DSC08960DSC08962

 

 

 

 

 

 

 

 

お皿と水牛のスプーンを購入したのですが、お皿もスプーンも全部ちょっとずつ色や

柄が違うものですからお店の方がお皿は奥から同じ種類のものを持ってきてくれて、

お好きな柄をお選びくださいと。正座でひとつひとつ吟味しながら選びました。

「納得して買う。」

こういうことも物を持つことの満足感になりますよね。

旅の思い出となるお皿が出来ました。

 

 

♠器とくらしの道具 ハクトヤ

兵庫県篠山市河原町121の1

電話&FAX:079−552−7522

営業日  : 火・水・金・土・日・祝日

(買い付けなどの際は火・水曜はお休みすることがあります)

営業時間 : 11時から18時

お休み  : 月・木曜(ブログまたは電話にてご確認下さい)

丹波篠山のオシャレすぎる食器のセレクトショップ

え。こんなところに。。。関東の人から考えると大阪から1時間以上。

緑の田園風景を抜ける福知山線の終点篠山口。ここからさらにバスに乗った場所にある

丹波篠山の町中に素敵すぎる昭和初期に建てられた古民家をリノベーションした

篠山ギャラリーKITA’Sがありました。上質な空間の中にはそれに見合う食器たち。

素敵なギャラリーです。

DSC08912

 

 

 

 

 

 

 

 

喜多俊之が40年に渡って取り組んできた伝統産業を支える職人たちとのコラボレー

ションで生まれた作品をはじめ、各地の作家達による作品発表の場となっています。

DSC08886

 

 

 

 

 

 

 

 

京都と同様間口の狭い入り口。そして奥に長い住居の中程には中庭があります。

DSC08885

 

 

 

 

 

 

 

 

欲しいものがありすぎるぅぅぅ。でもこのあと、大阪⇒京都と回って行くし

ネットでも購入できるとのことでも今回は購入を断念しました。

クールジャパンというけれど、最近は伝統工芸がどんどん素敵になっていく。

日本のデザインに力強さを感じます。

DSC08892DSC08891

DSC08890DSC08889

DSC08883

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中庭の向こうには、カフェスペースがあります。

DSC08905

 

 

 

 

 

 

 

 

地元の銘菓を使ったメニュー。こういうコラボもいいですね。

DSC08880

 

 

 

 

 

 

 

絶品でファンも多いという鹿生堂の純栗蒸羊羹と煎茶のセットをいただきました。

DSC08895

 

 

 

 

 

 

 

 

土瓶から出てくる煎茶は濃厚だけど甘味もあります。

そういえば丹波篠山はお茶の産地でもありますね。

DSC08901

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿生堂の純栗蒸羊羹。これ羊羹も栗!!上にも栗!!

栗好きの私には悶絶の羊羹です!!!

DSC08896

 

 

 

 

 

 

 

 

 

篠山ギャラリーKITA’S

兵庫県篠山市二階町9−1

tel. 079-506-0229

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

美味しかったので、帰りに鹿生堂さんで栗蒸羊羹を買って帰りました。

DSC08994

 

 

 

 

 

 

 

鹿生堂

兵庫県篠山市乾新町59

079-552-0314

篠山のかわいい雑貨屋さん

丹波篠山は駅と街がちょっと離れています。バスもしくはタクシーで市街まで。

町歩きが楽しいことにびっくりしましたが、お城などの旧跡名称だけじゃなくて

ちょこちょことかわいいお店も多いのです。ブリキの玩具や雑貨屋さん。

かわいいカフェにもちょこちょこと遭遇します。東京から来ましたというと

とても驚かれて。。。関東の人はなかなかなじみがありませんが素敵な町なのです。

こちらはNatural Backyardとい、家具・雑貨&DIYのお店です。

DSC08605

 

 

 

 

 

 

 

 

ペンキとかドアノブとか、そんなのも販売していました。

DSC08604

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろんかわいい雑貨も。木のおもちゃ、食器、ガーデニング等が並びます、

DSC08613DSC08606

 

 

 

 

 

自分のことだけ考えて入ればよい私ですが、甥っ子にかってあげようかとか

かわいい雑貨を見ていると頭を色々なことが巡りますね。

DSC08615DSC08607

 

 

 

 

 

沖縄の焼き物を沢山取り扱っていました。

DSC08610

 

 

 

 

 

 

 

 

私も全ての雑貨屋さんを見る事が出来なかったのですが、丹波篠山に言ったら

ふらっと町歩き。雑貨屋さんを覗いてみると楽しいですよ。

DSC08617

 

 

 

 

 

 

 

Natural Backyard

兵庫県 篠山市二階町89-1

079-552-7222