初♡オリジナルデザインのポーセラーツ

ポーセラーツ体験5回目は、なんと!!!
『オリジナルカップ&ソーサーを作る』でした!!!
今までは先生が転写紙と陶磁器を用意しておいてくれていて
先生のお手本をみながら作ったのですが、今回はすべて完全オリジナル。
DSC09682 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はひとつお題があって、1枚の転写紙とアルファベットで作品を作るというもの。
たくさんの転写紙の中から、アンティークローズという転写紙を選んで作りました。
見ている間、どんどんイメージが広がっちゃってね~。あれもしたい、これねしたい
ってふつふつと思い浮かぶんですが、ここは課題があるからね。
1枚の転写紙でうまくできるよう頭の中でイメージし、転写紙をチョイスしてみました。
DSC00154 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ソーサーを最初にやるほうがやりやすいですよと言われたので、ソーサーから
始めてみました。ハンドルネームである「sakura beautiful」と入れてみました。
DSC09686

 

 

 

 

 

 

 

 

自分ですべてデザインって結構難しくて、構図が決まらないのですよ。
あれこれ迷って、何度も貼り直したりして、やっと作りました。
ここから800度のオーブンで焼いていくんです。
DSC09692 (2)

 

 

 

 

 

 

 

こちらが焼き上がりのものです。同じ角度で撮ってみました。
焼き上がりは優しいピンクになっていました。
DSC00136 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お皿のおいてみると、こんな感じね。
とっても華やかなのができました。
DSC00134 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お教室ではここまでしかできなくて・・・・・。
なんかさみしいって感じで~。居残りみたいにお家でちょこまか作っていたの。
お家でもお教室と同じくらい時間がかかりましたから、やはり体験レッスンで
終わりにしないで、心ゆくまで作ってよかった~♪
DSC09688 (2)

 

 

 

 

 

 

 

ハンドルの付け根と上にも転写紙を貼ったし、
カップの内側の作業なんてかなりちょこまかしたけど、
お家で夢中になって作っていてやっと完成したの。
DSC00139 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

淵に模様をいれなくても、中に模様を入れると華やかになるんです。
飲み終わった時に楽しいように、中にもバラを一輪いれてみました。
DSC00135 (2)
 

 

 

 

 

 

 

ソーサーのデザインは小花で可憐に。
「sakura beautiful」のバランスをとりながら、
縁取りもひとつひとつ切り取って丁寧に仕上げました。
DSC00137 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

裏側は見えないかちょっともったいないけど、金でsakuraと入れてみました。
初めてのオリジナルだから、やりきった!!!という感じです。
時間もかかったけれど、自分のやりたいものをイメージして作るって楽しいですね。
DSC00138 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

この形はコーヒーが最もおいしく入るカタチなんだそうです。
少し華やかな味のコーヒー豆を淹れて楽しんでみたいと思います。
DSC00134 (3)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログで口コミプロモーションならレビューブログレビューブログのモニターに参加しています。

ポーセラーツ作品NO.4『ミニお重』

4回目のポーセラーツレッスンはお正月用の『ミニお重』。
今回も自分の思いのままにシートを貼っていくのは一緒ですが、
今回の学習ポイントは3つ。
①「市松模様」
②「フレームの淵」
③「重ねた部分を合わせる」

 

①「市松模様」
まずは、市松模様をつくります。
中央のしるしをもとに中心に近い部分から貼っていきます。
しっかり角を合わせて隙間ができないように。
DSC07494 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

②「フレームの淵」
お皿にシートをかけて貼る場合、絶対に必要になるのがこの淵の作業です。
きれいに貼って。そして淵のシートをカットしていきます。
DSC07496 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

市松模様でお重の蓋が完成しました。
少し表面のカーブしている面にシート同士の角と角を粟わせながら均一に
貼っていくのが難しいとこでしょうか。それでもなかなか均等にできたでしょ?
DSC07497 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

わーーい。早くもお正月気分!!!今回はおめでたい柄がいっぱい。
なんか、こういうの見ていると小さなころシールをはるのが好きな子供に戻ったみたい。
このシールをはるって行為は、女子だからなのか・・・人間だからなのな・・・。
好きなのよね。本当に不思議です。
これをカットして市松の淵とお重側面に貼っていきます。
DSC07493 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

③「重ねた部分を合わせる」
今回は2時間で全部仕上げなくてはいけなかったので、作品に没頭しちゃって・・・・。
たくさんのシートを、お重の蓋と側面にちょこまかちょこまか貼っていきました。
重ねるところの写真がありませんでした(汗)。
DSC07501 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

2時間めいっぱい使ってっと。
完成しました!!!一番手前が私の作品。
中央が先生の焼成済みのもの。焼くと赤くなるんですね~。
これを800度のオーブンで焼成すると中央のような赤い色の市松になるんでね。
ここから見るとピンクの梅とタコがずれていますが、
実はお重のかみ合わせをずらすときちんと合うようにできています。
DSC07505 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

1週間後。届きました!!!
来年の完全自分用おせちのお重ができました。
今度は重ねをきちんとしたので、模様も合っているでしょ~。
今回は、大きなシートから位置を決めてボンボンっと貼っていきました。
お重の重なったところの模様がピタッと合うようにするところに神経を使って。
それと、私は赤とピンクを同時に使うのが、小さなころから好きじゃないので、
今回はピンクはピンク。赤は赤のコーナーでまとめてみました。
でもさくらって名前なんで、一応ピンクのまあ梅ですがこのあたりは使ってみました。
DSC07972 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こっちは赤でまとめたコーナー。
ちょっと金運がよくなりそうなものをまとめてみました。
ゴールドが入るとやっぱりゴージャスだし、おめでたい感じがするわよね。
DSC07974 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ポーセラーツは自分の好きなようにシートを貼ってオリジナルデザインが
できるというのもいいのですが、例えば食べ終わったときの楽しみや
仕掛けを想定してこういう底の部分にシートを貼っていったり、
裏にシールが貼ってあると洗っている時も楽しかったりする。
DSC07989 (2)DSC07992 (2)

 

 

 

 

今回は食べ終わったときに楽しいように、1つのお重には宝尽くし。
一つには招きねこ。甥っ子達とたべていて招き猫が出てきたら楽しいかも。
ポーセラーツの良さは、シーズンや食べているシーンを想像して
自分のライフスタイルに合わせオリジナルを作れるってところに惹かれていいます。
DSC07990 (2)DSC07991 (2)

 

 

 

 

今回も自分の手作りのお重を作りましたが届くが楽しみで。
お正月にこのお重にあれも入れようとか、これも入れようとか今からとってもわくわくしています。
 

ブログで口コミプロモーションならレビューブログレビューブログのモニターに参加しています。

 

 

 

X’masプレートはポーセラーツでオリジナル♡

クリスマスには、自分で書いたお皿でお料理とかケーキを食べてみたいなと思っていました。
今回、ポーセラーツでやっと、その念願が叶いました!!!
手作りって、この世にたった1枚の完全オリジナルが出来る事!
それも季節や使うシーンやプレゼントをする相手を想像してデザインできるのもいいですね。
IPlvtkkOU9G5reE1384015669_1384015882

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♦1回目の制作はマグカップ
2回目の制作はプレート
 

今回は今までより一気にステップアップ。25.5センチのショープレートの作成です。
お花いっぱいのプレートの中心には、柊が巻き付いたキャンドルが灯っています。
あまりクリスマスクリスマスしていないから、逆にお誕生日なんかにも使えそう。
IMG_5755

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回のお皿とマグカップは、1度の焼成でしたが、今回は色をつけているため
2回焼成しました。粉末のパウダーを組み合わせて色を作ります。
DSC04323

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は黄色と緑で少しニュアンスをつけて。
DSC04304

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは黄色で軽く色を付けてベースを作ります。
DSC04300

 

 

 

 

 

 

 

 

その上に緑の色をアクセント的にいれていきます。
一度色をつけた状態で焼き上げます。
色やデザインを重ねる時には複数焼成もあるんですって。
回を重ねるごとに工程もデザインも複雑になってきて超達成感が高まります。
俄然楽しくなってくるのですよね〜♪
DSC04307

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一度焼き上げられて黄色く色づいたお皿に転写紙を貼って行きます。
今回は初めて、2回焼成にトライです、
IMG_3441

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は大きなお皿なので転写紙も大きくなりました。
いつものごとくザクザク切って行きます。
IMG_3442

 

 

 

 

 

 

 

 

色がベタでついた転写紙もあるんですね。3回目にして初めて使いました。
はじめにキャンドルの位置をきめて、どんどんお花の転写紙を重ねて行きました。
IMG_3445

 

 

 

 

 

 

 

 

これが焼く前の状態です。私のが一番手前の右側のもの。
センターの先生のものを参考にして作りました。
さすが先生のはバランスがいいですね。
IMG_3452

 

 

 

 

 

 

 

きゃ、3回目の作品は一気にゴージャスに。
淵には先生がいれてくれた金のラインが入って焼き上がって届きました。
お皿が豪華になりますね!!!
IMG_5752
 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログで口コミプロモーションならレビューブログレビューブログのモニターに参加しています。

 

 

ポーセラーツ2回目はお揃いのお皿を作りました♡

日本ヴォーグ社で2回目のポーセラーツ。今回はお皿を作ってみました。
ZaIKCC1ryG__v5_1381501511_1381501518-1

 

 

 

 

 

 

 

 

これがポーセラーツの転写紙。これをちょきちょき大雑把に切っていきます。
今回は前回のマグカップにお揃いのお皿を作ります。
DSC04290

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じかな〜。大体のイメージをお皿の上で膨らませてみました。
中心にストライプをおいて大胆に。お皿の右側に白いお花を、左に白いお花を
配してみました。蝶蝶も飛ばしてみましたよ。
DSC04294

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは転写紙を濡らして、シートとのりを緩ませてっと。
センター部分に大胆に貼付けるストライプから貼って位置を決めます。
お皿の場合はギリギリのところをカットしっと。
前回はつかっていない大きなヘラがで転写上からしっかり水分を抜いていきます。
DSC04292DSC04293

 

 

 

 

 

 

 

 

お皿の方がマグカップより簡単みたい。実はそれには意味があったのですよ(汗)
これを800度の熱で焼き付けていきます。
DSC04320

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご一緒させていただいた方の作品です。
みんなそれぞれ個性がでるし可愛いですね。お皿の私たちは2回目。
他のマグカップやハートの小物入れは初めての方たちの作品です。
これを焼き付けて、それぞれ製作者のもとに届けてくれます。
DSC04329

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5日間くらいで焼き付けと発送で届けて下さいました。
転写紙をはりつけた時と焼いた後ってちょっと色が違うのでドキドキなのですよ。
だって大分印象が違うから〜。焼いて初めてゴールドになるのでキラキラに
出会うのは、届いてから、箱を開けた瞬間が初めて。
DSC05060

 

 

 

 

 

 

 

 

裏にもお花と鳥を貼付けてみました。
DSC05064

 

 

 

 

 

 

 

 

前回焼いたマグカップでお茶を飲みながら、焼いたお皿でケーキをいただきました。
お揃いで作るとこういうお揃いとかセットとかができるからいいですよね。
IMG_3075

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は今回次回の仕込みもしてきたの。
さーーて、何をやっているんでしょうね〜。
これは次回のお楽しみ♡
DSC04307

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レビューブログのモニターに参加していますブログで口コミプロモーションならレビューブログ

初めてのポーセラーツ

ポーセラーツってご存知の方も多いと思うのですが、やられたことありますか?
ブログで読者の方でポーセラーツの先生が多くていつも憧れのまなざしで
拝見していたんです。独創的なデザインもあったり、超キュートだったりと
本当に素敵な物ばかり。生徒さんの作品ですって時々UPしてくださるんだけど
私にもできるのかしら・・・。そんな半信半疑な気持ちでトライしてみました。
DSC02195

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場所は、手芸は全く苦手な私が絶対に通うことはないと思っていた日本ヴォーグ社。 「Porcelarts(ポーセラーツ)」は、「Porcelain(磁器)」と、 「Art(芸術)」を
組みせた造語で、日本ヴォーグ社によるホビーなんですって。ホビーと言っても
有名食器にだって使われている製法なんですよ。

使ったのは、この白いマグカップと転写紙と。
DSC02167

 

 

 

 

 

 

 

 

他にははさみとピンセットとこのヘラみたいな道具。
DSC02169

 

 

 

 

 

 

 

ドキドキ、ワクワクの体験が始まりました〜。
最近いつも友人へのプレゼントに困るのですよ。
だって物は豊富で何でも持っているでしょ。後はオリジナルっきゃない!!!
ポーセラーツだったら相手の顔を思い浮かべながら作ることができるよね〜。
イニシャルとか飼っている犬とか、二人の思い出のモチーフなんかを入れながら。
いつかは友人にプレゼントできるような作品をつくりたい!
そんな気持ちで初めてみました。

 

転写紙のモチーフをザクザクと大雑把にカット。
柄を決めてっと。転写紙をピンセットでつかんでボールの中の水につけます。
そうするとノリがゆるんで、台紙とはがれるのでそれを陶磁器に貼って行きます。
bSPh5vmuX3jimkd1379112671_1379112680-1

 

 

 

 

 

 

 

 

ハートの小物入れを作った方もいらっしゃるので、これを参考にしてっと。
ストライプを側面にピターーッと貼っていきます。
HGtLM4Yo6UbV_yO1379112586_1379112597

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぴたーーーっと表面に貼っていきます。
fS5kPedNf0LK5OW1379112490_1379112494

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすが先生は一回で上手くつます。私達は少しズレちゃうこともありますが心配ないの。
水が乾かないうちはづれてくるし、直したい時はその部分に水をつければまたノリが
緩んでズレを解消できるんです。やり直しがきくっていうのが、安心ですよね。
PgyChrJQsavK_kc1379112541_1379112556

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金の飾りだって付けられちゃうんですよ。
これは最後に付けました。途中にいれたラインもそうですが、
まっすぐに貼らなければならないラインは難しいですね。
mcgEuHUZCrE8OX11379112628_1379112637

 

 

 

 

 

 

 

 

後は好き勝手に貼って行けばOK。センスのある人はバランス良く、
ない人もそれなりにできちゃうんだなって。

こちら焼成前のものです。800度の高温オーブンで焼いていくんだそうです。
難易度っていうのがあるんだな〜と思いましたが、それさえ問わなければ
だけでも楽しくできちゃうんだって思いました。だってみんな素敵でしょ〜。
私も含めて初体験の人たちばかりだったんですよ。初体験♡初心者♡
DSC02194

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃ〜ん。私の初作品です!!! 初作品が手に届くって嬉しいものですね!!!
会えない彼に恋いこがれて、より愛が深くなるかんじ???(照)
1週間くらいかな。。。その時の状況もあるようですが
2週間以内くらいにはご自宅に届くそうです。焼成することで少し色が
変わるそうなので、少し違うものを目にする事に。届くまでの時間が待ち遠しかったわ。
手作りって楽しいですね。次回はマグカップとお揃いのお皿を作る予定です♡
DSC02813

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログで口コミプロモーションならレビューブログレビューブログのモニターに参加しています。