酒と和食。6500円のおまかせコースはコスパ最高の本格和食♪

メシコレキュレーター女子と一緒に、新橋でびっくりするくらいリーズナブルで、
美味しい和食をいただいてきました。新橋堤というお店です。
大きな看板はなく暖簾だけがたより。大人女子の集まりにはこの隠れ家感もいいものです。
DSC02597 (2)

 

 

 

 

 

 

 

今回いただいたのは、なんと6500円というおまかせ和食コース。
6500円の和食って、大したことがないものが多いものですが
こちらは驚くほどしっかりとした美味しいものを食べさせてくれました!!
なんと、私が良く行くフレンチのシェフも良く行くお店という偶然もありました。
味よし、懐にも響かない、大将に安心してお任せできるお店ですネコの肉球2

 

ほうれん草・きのこ・菊花のおひたし、鮭きのこ焼き、椎茸身上、柿と春菊の白和え、松葉銀杏
揚げた稲の穂先からは、白いお米がはじけいました。
まさに、盛秋。秋の風情を感じる盛り合わせでスタートしました。
白和えには胡麻を入れてコクを出したり、鮭も味噌幽庵焼きになっていて
丁寧に作られたひとつひとつのお料理が、ひと口づつ盛合されています。
photo:01

 

ごま豆腐 カニ身ゆず 清汁
んーーん。やっぱりお椀があると落ち着きますよね。
ふわり、モチモチとしたゴマ豆腐が入ったお椀には蟹身が入ってゴージャスに。
この蟹の塩味と磯の香りが染み入ります。
DSC02540 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

器はちょっと女性っぽいデザイン。女将セレクトかしら。
DSC02535 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ホタテと金目鯛の昆布〆
どちらも軽くコブで占めています。金目は皮をあぶって香ばしく。
どちらも数日寝かしているので、うまみの強いお刺身として楽しめました。
DSC02544 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

このおいしいお刺身は、自家製の煎り酒をつけていただきます。
煎り酒は、日本酒に梅干しと鰹節を入れて煮詰めた古より親しまれてきた調味料。
程よい酸味とだしの味がこの昆布〆にぴったりでした。
DSC02553 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

秋刀魚酒盗焼き
私はお酒をいただかないので、味付けが少しだけ薄味で出てきました。
こういう細やかな気遣いも嬉しいですね。
DSC02557 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

のんべい達は、福岡県大川市 若波酒造の「若波(わかなみ) PROTOTYPE SPARKLING」。
あまりアルコールが強くない私でも、シュワ&シュワフルーティーで飲みやすい。
DSC02591 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォアグラロース焼き カブラ
こちらもまさにのんべいモードのお料理が続きます。
フォアグラが巻いてあって、まさに一口の口福。
秋仕様の蕪と共にいただきました。
DSC02565 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土鍋の炊き込みご飯
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
真鯛と貝柱、そして、桜えびと銀杏がたっぷり入ったご飯が登場しました。
DSC02573 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

かき混ぜてもこんなに具だくさん。お米のぴかぴかでしょ~。
混ぜているそばから、桜海老の香りが漂ってきます。
もう、おうちがご近所だったらマイ土鍋を買って毎日オーダーしたい美味しさでした。
DSC02583 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

店内はカウンターとテーブル席に分かれていましたが
カウンターにはカウンターには少し年の若めの女性たちに、隣のテーブルには
ピリッとしたワイシャツの紳士と、業界人ですかってクーループも。
DSC02593 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

肩肘はらず、使い勝手の良さはピカイチレベル。
あまり高くないお店で、でも美味しいものが食べたい!!って
欲張りな気分になった時には、まず候補に挙げたいお店です。
DSC02595 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

家新橋 堤
東京都港区新橋6-8-1
03-6432-4210

虎ノ門で天ぷらランチなら『逢坂』で♪

天ぷらって良い素材を腕の良い職人が挙げてこそ美味しいものができますよね。
官庁が多い虎ノ門。時々仕事で行くんですが、美味しいという噂を聞きつけて伺ってきました。
やった!店主の天ぷらを揚げる手つきが見えるまさにアリーナ席でいただきました!
DSC00827 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜は高級天ぷら店になりますが、昼だったら手が届くぅ~。
1450円の天ぷら定食を注文しました。
DSC00829 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、ご飯、お味噌汁、香の物、サラダ、そして天つゆが出てきます。
DSC00817

 

 

 

 

 

 

 

 

海老、穴子からスタート。
海老は途中でまた登場し、合計2本ですが初めは1本揚げてくれます。
DSC00818 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

きすはふわふわ~。プロならではの天ぷらの揚げテクはさすがです。
次いで、サツマイモが出てきます。
DSC00819 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

2本目の海老~。しっぽまでかりっと香ばしく揚げてありました。
DSC00823 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はかき揚げです。海老、やまいも、インゲンなどが入ったかき揚げです。
DSC00824

 

 

 

 

 

 

 

 

サラダもちょこっと。
香の物のほかに、テーブルにお漬物が置いてあるのでご飯のお供に。
ご飯はお代わり自由です。
DSC00821 (2)DSC00822 (2)

 

隠れ家的な佇まいもいい。
中に椅子があって15分くらい待って入店しました。
カウンター 8席と4人掛けのテーブル席1席のお店です。
DSC00832 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家天ぷら 逢坂
東京都港区西新橋2-13-16 多田ビル 1F
03-3504-1555

 

 

三島に行ったら桜家の鰻かな♡

出張で三島に行くことになったので、さてどこで夕飯を食べようか。
頭の中をぐりると回想。そうだ。三島出身の友人に昔連れて行ってもらった
うなぎ屋があるぞ!!!と思い出し伺いました。
IMG_7212 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場所は三島広小路の駅から1分ほどの「桜家さん」。
桜だけにやっぱり引き寄せ~。再訪は運命だったのかぁぁぁ。
と思ったけれど、残念・・・。ロマンスなんかは何もありませんでした(爆)!!
IMG_7202 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メニューはどんぶり、お重、すごいボリュームの丼棚二段重や定食などです。
どんぶりとお重は、2枚が鰻1匹分。鰻の量でお値段が変わってきます。
IMG_7205 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お茶が出てきます。オーダーしてから焼き始めるので少しお時間がかかるのはご愛嬌。
お茶のお替わりをしながらのんびり待ちましょう。
お店も人気店なのですが、予約もできるので予約して伺ってね~。
IMG_7208 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ふっくら焼けたうな重が運ばれてきました。
蓋をあけるといい香り~。てか店内中、鰻の匂いで蔓延・・・というか染み付いていて
香ってくるというかね~。安政三年創業の老舗。ずうっと継ぎ足し継ぎ足しの秘伝のタレ
「かるみ」を使って焼いていく鰻。名水柿田川の湧き水で臭みもとった鰻なのです。
IMG_7213 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかり肝吸いもついてっと。
IMG_7215 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

香の物も。奈良漬とかつくお店が多いですが、私は苦手なのでこれでOK。
IMG_7216 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

使い込まれた店内は老舗の風格でした。
IMG_7217 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

うなぎ 桜家
静岡県三島市広小路町13-2
055-975-4520

宍粟市の素材を使った白金台の和食こばやし

白金台にあるこばやしという和食やさんへ。最近の友人のお気に入りだそうです。
こばやしは白金台の住宅地。私は恵比寿のウエスティンホテルの裏から歩いて行きました。
ひっそりとした佇まいを発見すると、優しい灯りと暖簾がゆったりとたなびいていました。
DSC05930_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お店は個室とカウンターに分かれています。
この日はこばやしさんの手さばきを楽しむことができるカウンターへ。
板長は神戸で修業されていて東京に出店されたとか。
なんで?と伺うと、奥様が北海道で旦那様が兵庫県ご出身。
ちょうど中間地点が東京だったんです(笑)と冗談まじりにお話していただきました。
私は襟がたっている。そこに気になっちゃってました。実は・・・(笑)
DSC05936_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お酒は女将がご担当。奥様である女将は利き酒師の資格もお持ちだとか。
流行に惑わされず、女将の目で選んだお酒もご堪能あれ。
DSC05941_1 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

涼やかな魚のグラスでいただきました。
DSC05938_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アボガドとうすい豆の玉蒸し
玉蒸しはいわゆる茶碗蒸しのこと。これにアボカドって???と
不思議に思いましたがちゃんと和食になっています。
アボカドの香りはほんのりと。コクを出す役割も担っているようです。
collage20

 

 

 

 

 

 

 

 

八寸は季節のものが一口ずつ豪華に盛られていました。
伺ったのが5月でしたので粽なんかも。小鉢の中には、おかひじきと帆立の白和え、
スナップインゲンの明太和え、蛍イカ、九州のたけのこの木の芽味噌、玉子焼き、
山芋の生ハム巻きもろみ添え、たらこ、そら豆、鮑、稚鮎だったかな。。。
DSC05945 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

粽の中にはアマダイの握りずし。笹の葉の香りが爽やかでした。
DSC05953_1

 

 

 

 

 

 

 

 

お椀は小柱の真丈でした。
真丈はフワフワで、小柱のしっかりした味わいが印象的。
上にあるこごみの青もきれいですね。
他にも山ウド、京都の筍など。ゆずの花が入っていて柚子の良い香りもしました。
DSC05956_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お造りは、甘鯛とはしりの鱧の梅肉添えでした。
DSC05959 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

5月になると鱧やら鮎やら夏の素材も登場するので楽しいですね。
鱧は炙ってあって力強い風味が引き立たせて調理してありました。
梅肉と山葵を添えていただくまですが、梅肉の少しフルーティーな甘味と酸味。
そして山葵の爽やかさが初夏の風の夜風を運んできてくれました。
DSC05962_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵なお寿司が出てきました。
宍粟牛と雲丹の握りです。
板長が宍粟牛の出し方を試行錯誤して決めたいわばスペシャリテ。
宍粟牛の極上サーロインです。しっとりとした肉感が素敵でしょ。
お店の看板メニューであるこちらは、雲丹との合わせからも美味しいこと間違いなしですね。
DSC05966_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「マナガツオの味噌幽庵焼き」
ちょっとほっとするメニューが登場しました。
他には、山ウド、みょうが、シイタケ、葉山椒、蕪などが一皿に。
シンプルですか素材の味を楽しめるお肉の間の箸休め的な存在になっていました。
DSC05973_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

「宍粟牛の岩塩焼き」に葉山葵の醤油漬けと共にでできまた。
こちらがお店のメインです。お肉が少し醤油麹に付けられているようで、
もろみのきゅぅ~っと引き締まった風味が口の中に広がって
とても奥行のある味わいになりました。
一緒に登場したのは、揚げ新じゃが、白魚の黄身揚げ、人参の葉でした。
DSC05976_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鮎魚女(アブラメ)のお椀が登場しました。やわらかなワカメと筍と共に。
春から夏にかけてのこの季節。もっとも美味しくなる季節ですよね。
あいなめはきちんと骨切りに処理して軽く素揚げみたいになってたかな。
DSC05980_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

宍粟市のお米を取り寄せて土鍋で炊いています。
お米ツヤツヤですよね。
こういうの見ると本当にワクワクするのはやはり日本人だからでしょうか。
DSC05984 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご飯のお供にはちりめんでした。
DSC05986_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ご飯はお味噌汁と香の物と共に。ツヤツヤのごはんはもちろんお替わりしちゃっいました。
DSC05987_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

デザートもたくさんでてきました。
何度も言いますが、5月なので柏餅。
そして苺とグレープフルーツのゼリー寄せ、濃厚なプリンです。
少し蒸し暑い日でしたので、この氷の上の少し冷たい感じが最後に
出てきたデザートを目と舌で涼やかにいただきました。
DSC05996_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白金台こばやしさんでは、お店の一角に神様がいらっしゃいます。
説明しなくてももうお分かりだと思いますが、お金の神様と恋愛の神様。
私は残念ながら、恋していないので線香花火をしませんでしたが、恋愛中の方は
線香花火で恋占いしてみては~。もちろんダメでも神様にお願いしたらいいもんね。
collage21

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな恋愛の神様に見守られているのが、こちらの仲良しご夫妻。
素敵な小林夫妻から温かいサービスと素敵なお料理をいただけば
どんなことをしてもビクともしない私の恋愛運も少しは上昇するかしら。
・・・あ、金運しかお願いしてこなかったんだった・・・。
DSC06005_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

白金台こばやし
港区白金台5丁目11-3
03-5420-5884

春の食材と豆腐のコラボ『宇豆基野』

先日私の記事を見た友人が宇豆基野に行きたくなったと予約してくれ再訪することができました。
北千住駅から5分ほどの住宅街にあります。
DSC05399 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宇豆基野さんに行くとまず圧倒されるのがこの湯葉槽。
とても趣のある内装ですが、この湯葉槽に目が釘づけ。
DSC05341 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も団体予約でしたので2階のギャラリースペースでのお食事会となりました。
1階のお食事スペースでは、残念ながらこれだけの大人数でのお食事ができないので
こういうギャラリースペースをご用意いただくのはありがたいですね。
DSC05319 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

テーブルに置かれたメニューには本日のお品書き。
どなたがかかれるのでしょうか?とても達筆ですね。
そう。皐月と書いてあります。私ったら記事を書くのが遅いから・・・。
5月6日にお伺いしました。なので山菜などが使われたメニューです。
コースは2600円ですが、消費増税後は3000円だとか。
DSC05323_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

おれんじ豆乳
はじめから湯葉や豆乳でスタート。今日はイソフラボンでキレイになるぞーーー。
お豆腐、湯葉、豆乳を使ったお料理コースなので女性にはもってこい。
2600円というお値段も女性には湯葉のように優しい~(*ノωノ)
おれんじ豆乳は、豆乳をオレンジジュースでわつたもの。
とても飲みやすい味になっています。竹筒に入った涼やかな演出も素敵。
DSC05326_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先付 ゆば三種
竹筒を割った容器に入って登場するとろとろ湯葉です。
DSC05329_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先付 ゆば三種
左から固い順番や汲み上げた時間の差ごとに並び
平湯葉、刺身湯葉、たぐり湯葉食べ比べが出来ます。
レモンとモンゴルの塩、みたらし餡、オリーブオイルとしょうゆにつけて。
湯葉のやわらかさと味付けを色々なバリエーションで楽しむことが出来ます。
私もオリーブオイルとしょうゆの組み合わせがすきですが、そのような声が多かったかも。
家庭で湯葉を食べるともこれやってみよう~と思いました。
DSC05321 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

椀 さばと大根 船場仕立て 白髪葱、クレソン添え
時には青魚のおわんもいいですね。強い味わいのお椀になりました。
白髪ねぎやクレソンが青魚の味わいをさわやかにしてくれました。
DSC05333 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春のサラダ
こごみがハート型に見えたらしくご一緒させていただいた女子たちはハートハートと盛り上がっていました。
みんなかわいいですよね。私は春の苦味に感謝(かわいくない!!)と思うくらいだもん。
白魚のてんぷらや蛍烏賊が入って、まさに春の味覚。ドレッシングもさっぱりしていて美味しかったです。
DSC05338_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

うふふ。でも私も負けずに女子力アップと、頑張ってハートにしてみました。
DSC05339_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お替り自由の汲み上げ湯葉
こういう体験というかアトラクションがあると楽しいですね。
自分で湯葉を汲み上げて、やわらかいままいただく。
しかもお替り自由はすばらしすぎです。
DSC05355 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


豆富 よせたて豆富 醤油餡

豆乳ににがりを入れて。お豆腐も目の前で作ってくれるんです。
食事が始まった時間に、すぐににがりを入れて、固まるのを待ちます。
ちょうどこのあたりで、柔らかなお豆腐になります。
こういうの子供たちに見せたら、楽しそうですよね。プチ理科の課外授業みたいで。
DSC05332 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

目の前で盛り付けてくれるパフォーマンスもライブ感があっていい。
作り立てって感じがしますものね。
DSC05362 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

みたらし餡をかけて、少し甘めの味付けです。
お豆腐が美味しいから何もつけなくても美味しくいただけました。
DSC05368_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

煮物 ゆば茶巾煮 桜麩 絹さや
煮物も湯葉で包んだ茶巾です。ほんとづくし。
DSC05372_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事 北寄貝釜めし
土鍋の蓋を開けると、貝の香りが立ち上ります。
DSC05373_1

 

 

 

 

 

 

 

 

上からあさつきを散らしてね。
DSC05378_1

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも目の前で盛り付けていただきました。
大きな土鍋なので混ぜるのも大変そうです。
DSC05383_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お味噌汁と佃煮なんかといただきました。
DSC05387 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

菓子は、3種類。
生麩あんみつ、麩饅頭が盛り付けられた出てきました。
湯葉饅頭は1階で販売しているのでお持ち帰りも出来ます。
DSC05388 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

これまた目の前で作ってくれるわらび餅。
目の前で練ってくれるんですが、火が入るとどんどん固まっていきます。
DSC05391_1

 

 

 

 

 

 

 

 

程よく固まったら、きな粉の上に開けて。
黄な粉を絡めながら盛り付けていきます。
DSC05392_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ぷるんぷるんのわらび餅。ほんのり温かくてとってもやわらかい。
ほっぺに入ると、とろぉ~り幸せ。出来立ての幸せってこいういことね♪
DSC05395_1

 

 

 

 

 

 

 

 

宇豆基野 本店
足立区千住東2-2-1
03-3882-8848
完全予約制

 

 

春の贅沢♡花山椒のしゃぶしゃぶ

友人がFacebookで毎度毎度幸村さんの花山椒料理をアップするので
「私も行きたい!!!」とお願いして、伺いました。
3階には大将がいらっしゃいますが、この季節の幸村さんはある意味繁忙期。
6階にて、花山椒をいただくこととなりました。幸村さんはかなーーーり昔に
山椒料理をいただいていて、久々の訪問です。若かりし頃は燻し銀な料理
だな〜と思っていたのですが、ちょっとだけ幸村さんの燻し銀料理に
自分の年齢が追いついたような気がします。
DSC06172_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山菜と蛤の煮凝り
ハマグリというか、貝類の煮凝りって初めて食べたかも。新鮮な感動を覚えます。
ハマグリの深い磯の香りに蕗の薹が、独特の苦みを与えてれます。炙っているため
少し香ばしさもえてくれます。他にもうるいなどの春の山菜の苦みを蛤の出汁と
共にいただきました。春の味覚がぎゅっと凝縮している大人が愉しめる一皿です。
DSC06174_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラスミ蕎麦
なんて贅沢なお蕎麦ではないですか!!!
こんなにカラスミがたっぷりかかっているんですよ。
写真でも十分に伝わるはず。だっておそばにカラスミがはりついて見えないでしょ?
パスタに見えるけど、正真正銘お蕎麦。更科までは行かないけれど二八くらいかな。
京都のお蕎麦なんだそうです。
先日も他のお店で京都のお蕎麦をいただき、
京都でも美味しいお蕎麦を打ってくれるという意外な事実も発見しました。
DSC06177 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

穴子ののり巻き
江戸前穴子の細巻きです。一口で食べやすい感じで出していただきました。
青紫蘇がさわやかさを演出する感じで入っていました。
DSC06179_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

干ゼンマイの白和え、こごみの胡麻和え、ごりの佃煮
滋味深い芽吹きの小皿。日本人ならではの愉しみではないでしょうか?
DSC06184_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生口子の炙りもの
ねっとりした口当たり。ナマコとかクチコはどうも酒飲みの宛てという感じがして
あまりいただきませんか、こちらかなり美味しい!日本酒と共にいただくべき一品。
DSC06186_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白魚とタラノメの天婦羅
白と緑のコントラストが美しい。こちらも春の一皿。
DSC06187_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイナメと若布の椀物
鯉の椀物が出てくるはずですが、友人はこの花山椒の季節は10日に1回くらい来ているので
いつも鯉を召し上がっているとのことで、お店の方がお椀を鮎魚女に変られていました。
DSC06195_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずらぁ~っと並んだ稚鮎が登場しましたよ〜。
この時期、この風景を目の当たりにするとテンションが上がります。
鮎は昔おじさんが解禁日に必ず鮎を釣りに行って、そのまま家まで持ってきてくれた
思い出のお魚。鮎を見るとクーラーボックスを持って遊びに来てくれたおじさんの
笑顔が浮かびます。こうしい思い出すだけで供養になるかしら。
DSC06190_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

鮎にばさーーっとお塩を振りかけて、目の前で焼いてくれます。
香ばしく焼き上がった稚鮎は繊細。丁寧に串を外してお皿に盛り付けてくださいました。
DSC06199 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

わーーー。小さいけれど、こんなにたくさん。6尾もうれしすぎ!!!
かなりテンションが上がります。琵琶湖の鮎はあまり大きくなりません。
成長してもここから一回りくらい大きくなるくらいでしょうかね。
DSC06201_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やったーーーーー。本日の主役の丹波産の花山椒です。
今日はこれを食べに来たんだもん。しっかり堪能しないとね。
目映いばかりの美しいグリーンの花山椒は春のほんの数日間だけ採ることのできる貴重品。
丹波の花山椒を幸村さんで買い占めたんじゃいない?というくらいありそうです。
てかね・・・これいくらくらいになるのかしら?思わず目に¥マークでチカチカしそうです。
DSC06203_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな風に出してくれるので、生の花山椒の香りも楽しめます。
この香りもご馳走のひとつです。
あまり目の前に出されると顔を埋めたい衝動に駆られました。
DSC06221_1 (2)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花山椒のたっぷり入ったお鍋にこのゴージャスな山形牛のロースを入れて
しゃぶしゃぶしてくれます。2塊もいただいちゃいました!!!
というか、いくらでも食べられそうだから怖いです。
DSC06205_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

目の間前でしゃぶしゃぶしたら、器に盛りつけてっと。
DSC06214_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりにも贅沢すぎるしゃぶしゃぶが目の前に登場しました。
出汁にくぐらせても美しいグリーンの存在感はお肉を圧巻しています!
お肉は、まさにとろける~という柔らかいロース肉。お肉に出汁がいきわたり一種の甘味が加わります。
これをキリリっとしめてくれるのが、最古の香辛料とも言われる花山椒のビリっとした刺激。
花山椒をお肉に巻いて、たっぷりいただきましたが、少しえぐ味のある独特の辛味が刺激的。
辛味が舌にもカラダに刺激を与えます。カラダは少しぽかぽかしてくる感じですが、食べ終わった後は
口の中もカラダにも、力強いパワーがみなぎり、清涼感が一気にカラダ中を駆け巡る感じです。
とろけるようなお肉、そして花山椒を噛みしめた時の柔らかい食感と自然のやさしさを伴った辛味、
そして少し甘く味付けした出汁の三位一体がこの完璧な一皿をつく出してくれました。
DSC06210_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤貝とトリ貝のぬた
メインの後は、少し箸休め。また違うシゲキが口の中を巡ります。
砂糖の甘味、そしてお酢のすっきり感、そして和辛子のぴりっとしたシゲキ。
まだ舌に山椒のシゲキで少し麻痺しているため、はじめ和辛子の香りがいまいち
わからなかったのですが、ここで舌にまた違った刺激を与えながら、
ネギのぬるぬる感が舌を少し正常な味覚に戻してくました。
DSC06208_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うすい豆とぜんまいの土鍋炊込みご飯
幸村さんのごはんがおいしく炊けるご自慢の土鍋で炊いてくれます。
この土鍋を見て思い出しましたが、依然伺った時はの土鍋を焼いてもらった直後だったよう・・・。
これから販売してもよいと思っているんですと言ってていて、お値段もまだ決まっていない感じでした。
今考えると、あの時買っておけばよかった・・・などとちょっと悔しい気分です。
DSC06225_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、土鍋を買った気分でまた美味しいごはんは幸村さんでいただくこととしましょうかね。
DSC06226_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

うすい豆の優しい甘と食感が楽しいご飯。
DSC06227_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、極め付け!
この花山椒の佃煮があるので、爆発的にごはんが進んじゃうんですもん!
DSC06228_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

上品に盛り付けてくれますが、お替わりもありぃ…もちろんお替わりしちゃいました。
ご飯をもっと食べたいということと、おこげを食べたいですからね。
DSC06232_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

抹茶のムース
天目茶碗に入れられた抹茶のムースの彩が美しいですね。さらに抹茶ワールドが広がる感じです。
ふわっと軽い甘さ控えめのムースに抹茶の香りを楽しめる抹茶ソースがかかっていました。
DSC06235 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緑寿庵清水の金平糖
DSC06237 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お土産におにぎりを作ってくれました。これは翌朝のお楽しみになりました。
DSC06239 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

幸村
港区麻布十番1-5-5 高柳ビル 3F
03-5772-1610

京料理から誕生したお上品な豚の出汁しゃぶを銀座で『瓢喜』

4月2日にオープンした京都 瓢喜 銀座3丁目店へ行ってきました。銀座駅から5分、東銀座駅からは
なんと1分という好立地ですが、落ちつた通りに面していて大人がゆったりとお食事を楽しめる佇まい。
DSC06009 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店の紋には中嶋一生の祖父、中嶋泰蔵がひょうたんやという店を開業し、三代目にあたる
中嶋 一生が、お客様との結びを大切にし花を咲かせたいという意味が込められているそうです。
DSC06010 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

席は全て個室。大切な人との時間をゆったりと過ごせるし、接待にもばっちりですね。
掘りごたつだから足も延ばせて、ゆったりお食事やおしゃべりに夢中になれます。
DSC06011_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーブルには献立が添えてありました。
箸置きもやはり瓢箪型。
DSC06012_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いきなり冷酒いっちゃった♪
桝に氷をいれて、日本酒のボトルなんて素敵な演出。
瓢喜しずくというお酒。店名が入っているのでつい飲んでしまいました。
フルーティーで飲みやすいお味でした。
DSC06014_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

涼しげなガラスの器でいただきました。
DSC06019_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【前菜】
粽寿司 一寸豆雲丹白和え 蛸柔煮 九十栂野煮 才巻海老 地鮎塩焼 蓼味噌
ちまきに鮎、そして空豆など、春の味覚がならびます。
DSC06023_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蛸は嬉しくなるくらい柔らかいの~。少し甘目の味付けもいいですね。
DSC06028_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

稚鮎はかわいいサイズ。塩焼きでかりっと焼かれて蓼味噌がつけられていました。
鮎大好きぃぃい。頭からパクっといただきました。
今年は稚鮎もたくさんいただけてて、なんか良い年になりそうです。
DSC06030_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【お造り】
伊佐木焼き霜 煽り烏賊 あしらい一式

氷の上に透けるほどの桂むきのお花とその上に白いアオリイカが乗っていてかなり上品な感じ。
焼き霜は皮が香ばしく焼かれていました。脂がのっているので山葵がよく合います。
スッキリいただけますね。またアオリイカの美味しいこと。ねっとり感と噛みしめた時の甘味。
海苔の羊羹を少しつけていただきました。
DSC06031_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

わぁ~。あしらいがお花模様になっているぅぅぅ!と思って
1枚を抜いてみたら、なんと3枚の瓢箪型の桂向きが重ねられていました。
これは最初のほうにご紹介したお店の紋。お料理の中にも先代から受け継がれた
料理への思いや思想がこめられているようです。
DSC06035 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 
【出汁しゃぶ】
メインの出汁しゃぶが登場しました。こちらのお店の名物の出汁しゃぶです。
お肉は、岩手県産白金豚!!!ロースとバラが出てきました。
これ、一人分なんて、超うれしい~。また2種類の部位が楽しめるのもいいですね。
DSC06037_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野菜は、れたす、ホウレンソウ、椎茸、豆富、たもぎ茸、榎木茸、九条葱、
鶏団子、白葱、葛きり、あやめ麩、泡麩、湯葉
DSC06039_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紙鍋に出汁が入っていますので、まずは野菜に火を入れます。
DSC06050 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お肉は軽くしゃぶしゃぶしてね。
私はバラ肉のほうが脂の甘味が美味しく感じて好みでした。
DSC06057_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの出汁しゃぶは、おつゆにたっぷりお葱と柚子胡椒をいれるのがおすすめ。
葱はお替わりももってきてくれるからたっぷり野菜やお肉に絡めていただいてね。
DSC06043 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな風にたっぷりネギを入れて。
DSC06051 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蓬の養老豆富 新蓴菜酢 蛸湯引き
ごはんの前の箸休めは酢の物でした。ちょうど旬のジュンサイですね。
新芽の蓴菜はつるっとのど越し滑らか。初夏の訪れを感じますね。
DSC06065 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事は、ごはん、京都から直送のそばかうどんをいただけます。
全部食べてもいいと言われたけれどそれはお腹いっぱいでさすがに無理!!!
焼きサバのお寿司とおうどんをいただきました。お寿司は押し寿司なのが関西風。
お寿司の間には巣立ちがサンドされていてこれもきゅっと絞って食べると爽やかです。
DSC06069 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うどんは、しゃぶしゃぶの出汁につけていただきました。
DSC06072_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

【甘味】
琵琶ゼリー うすい豆水ようかん
緑とオレンジのコントラストがきれい。新緑の緑の中にいるかのよう。
DSC06077_1 (2)

個室で着物の女性が、目にもやさしいお料理をもってきてくれます。
お料理の所々に女性もふわぁ~っという気持ちになるような心遣いもあるのがいいですね。
8000円くらいからのコースがあるのも使いやすい。
季節を堪能し、隣の会話にも邪魔されず、素敵な時間が過ごせるお店でした。

瓢喜 銀座三丁目店
中央区銀座3-9-6 銀座アルファマトリックスビル B1F
03-3547-3387

ミシュランの快適ホテル内の日本料理緑で松花堂弁当

2009年に水道橋にオープンした庭のホテル東京。

「ミシュランガイド東京・横浜・湘南」にて5年連続で「快適」なホテルに選ばれています。

このホテルの中心にある中庭を囲むように作られている『日本料理 緑(ゆくり)』。

DSC03154 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームページ限定で予約をすると、3,570円の松花堂弁当が➣2,700円という

お得な価格でいただけるということで伺ってきました。

DSC03142 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小 鉢  切り干し大根

口取り   雲丹豆腐 鰤の照り焼き 海老のあられ揚げ 玉子焼き、笹団子など

御造り  カンパチ 鯛 あしらい色々

煮 物  新馬鈴薯饅頭オランダ煮饅頭

食 事  じゃこ御飯 赤出汁 香の物

デザート プリン

お茶   コーヒーor紅茶

collage25

collage26

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きなガラスの窓からは、40種類の樹木の植えられたお庭が見えます。

大小二つの岩の間からは、湧き出る水が清々しいのです。

DSC03147 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

こじんまりしたホテルには外国人の方が多く泊まっているようでしたが

とても落ち着いた雰囲気が素敵で私も泊まりたくなってしまいました。
DSC03158 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お得なインターネットプランはこちらから

 

♠日本料理 緑(むくり)
千代田区三崎町1-1-16 庭のホテル内
03-3293-2181

コスパ最高!土日限定営業の予約の取れない湯葉体験ランチ♪

北千住に土日限定で営業をしている湯葉のお店があると聞いて伺いました。
しかもそのお店。かなりコスパも良い上に、湯葉を自分で作ったりできちゃうんです。
その湯葉をくみ上げるのが、この湯葉槽。お店に一歩入るとふわっと立ち上る
湯気とそのインパクトに、きっと感激しない人はいないのではないかしら。
DSC01159 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは職人さんの見本ですが、この汲み上げ湯葉体験が自分でできちゃう楽しいお店です。
DSC01180 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外観は日本家屋の一軒家。素敵な佇まいですね。
ちょっと奥まった住宅街にあります。
北千住の喧騒から少し回避するとこんな場所があったんですね。
DSC01152 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

土日、しかもランチタイムのみ営業の超こすとパフォーマンスの良いランチがこちら。
このお品書きを見て、お値段を聞いたら、きっとびっくりするんじゃないかしら。
2600円って聞いて、はじめ私は信じられませんでした。
DSC01162 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

おれんじ豆乳
竹筒に入って、なんて清々しいんでしょう。
食前酒ならぬ食前豆乳です。ヘルシーこの上ない!
そして、お気づきでしょうか? この人数で伺ったんです。
てか3本足りない・・・。この日は20名の女子で伺いました。
通常1階でいただくようなのですが、この日は特別に3階のギャラリーでいただきました。
DSC01167 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

湯葉三種
こちらも竹筒に入った素晴らしいプレゼンテーション。
前菜のポジションにきたこちらは湯葉を三種類食べ比べられる楽しいメニュー。
左から固い順番、汲み上げた時間の差ごとに並びます。
平湯葉、刺身湯葉、たぐり湯葉。
お刺身でいえば、赤身、中トロ、大トロみたいな感じとご説明いただきましたがまさにその通り。
DSC01168 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが中トロの刺身湯葉。層になった湯葉のさけ目がわかりますかね。
DSC01173 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

一番最後のたぐり湯葉は、上の刺身湯葉よりもさらにとろとろで、
湯葉が口の中で溶けるぅ~という感じを実感しました。
食べ分けられる幸せ~。そしてレモンとモンゴルのお塩、オリーブオイルとたまり、みたらし餡と
お好みの味でいただきました。どれも美味しいからあれこれつけて食べたくて、こまっちゃうのよね。
DSC01174

 

 

 

 

 

 

 

 

帆立真丈
懐石のようなコースになっているのでお椀もあるから感激です。
帆立と真丈を取り巻くように添えてある、
ふきのとうや木の芽が一足早い春の足音を感じさせてくれます。
DSC01177 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お店の方が、湯葉がちょうどいい感じになったのでどうぞとご案内いただき
1階の湯葉槽へ。まずは湯葉名人がくみ上げるお手本を見せてくださいました。
まずは、真ん中に箸を入れ半分にします。半分の中心あたりを手繰り寄せ
中心をお箸で持てるようになったらお箸ですくいます。
ちょいちょいちょいっと、いとも簡単に汲み上げていました。
DSC01179 (2)DSC01181 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お箸を片手に簡単にやられるので私でも出来るかなとドキドキしながら体験スタート。
みなさん、初体験んですが、うまくできるもんです。
DSC01183 (2)

 

 

 

 

 

 

 

汲み上げたばかりの湯葉にモンゴルの塩を削り掛けしていただいたらお席に戻ります。
これは湯葉ができればその都度行っていただくことができちゃいます。
DSC01184 (2)

 

 

 

 

 

 

 

よせたて豆腐
伺ってすぐに職人さんが目の前で豆乳ににがりを入れてくれました。
これが30分ほどしてでしょうか。ちょうど固まったころあいを見計らって
お豆腐をすくってくれるのです。
DSC01170 (2)DSC01190 (2)

 

 

 

 

 

ふわふわのお豆腐に、少し甘目のあんをかけていただきます。
出来立てのお豆腐は、とっても柔らかくてふかふかのくちあたり。
DSC01195 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

生湯葉のかぶら蒸し
生麩、百合根、木耳、銀なん、そしてわさび。
最後はかぶらでお腹がほんわか満たされた感じでした。
わさびで後味もすっきりしたのもよかったです。
DSC01198 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は到着した時にころあいを見計らって目の前の大きな土鍋で炊いてくれたごはんです。
玄米が混ざっているので少し色が茶色いのね。
これにどさーーっとゴマを入れて。
DSC01199 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴマの香りが立ち上るぅ~。ごはんを混ぜているだけですが、
かなり大きな土鍋ということと、たっぷり入ったゴマにみんな大感激。
目の前でやってもらえるって、やっぱりうれしいですよね。
DSC01204 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お茶碗に盛り付けたら、じゃこの抹茶煮をかけていただきま~す。
味も面白いですが、鮮やかなグリーンのインパクトが素敵ですね。
DSC01207 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

赤だしと香の物と一緒にいただきます。
DSC01209 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

デザートはなんと3種類もでてくるんですよ。
一つは生麩あんみつ。そして麩まんじゅう。
DSC01212 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はこれまた目の前で作ってくれたわらびもち。
DSC01215 (2)DSC01216 (3)

 

 

 

 

 

 

 

きな粉をまぶすのも目の前でやってくださいました。
DSC01222 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

むちむちのわらびもち。
出来立てはとってもなめらかで柔らかいの~。
珈琲までついて2600円は、驚愕のコスパでしょ!!!
お店は完全予約制。
この素晴らしいメニューだと大人気なのもお分かりだと思うのですが
予約もかなり埋まっているようなので、絶対にまた伺いたいお店です。
DSC01229 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

宇豆基野 本店
足立区千住東2-2-1
03-3882-8848

鳥茶屋でうどんすき

本来であれば、初詣の後は、鳥茶屋でうどんすきとなるはずだったのですが
最近はブログが書ききれなくて、よく写真がPC上に取り残されています。。。
特にフルコースは全部写真を撮っているのですが、はなかなか書ききれなくて。
もう少し時間ができるといいんですけどね~。
うどんすきなんて、暑くなったら見たくもないので、今のうちに書いちゃいますね。

 

有名なお店なので、召し上がった方も多いかもしれませんが
神楽坂は鳥茶屋のうどんすきです。この薄い鍋の中で吹きこぼれそうで
具が吹きこぼれない絶妙なだし汁で煮られているうどんすきです。
IMG_9464 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

『名代』としっかり赤文字で書いてありますね。
IMG_9444 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、新年から「さくら」の間。今年はいいことあるかしら?
IMG_9445 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

テーブルの上のコンロで温めて煮込んでいきます。
野菜、海老、鶏肉、ハマグリなどなと17種類の具がお鍋の中に入っています。
IMG_9453 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

利尻昆布と本枯れ節の鰹節を使ったお出汁でぐつぐつしてくると、
ワクワクしてくるのよ~。だって、そろそろかな。もういいかな?って。
IMG_9463 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳥茶屋のうどんすきは、この太いうどんも特徴的ですね。
とってもモチモチしていて、煮崩れたりしないのです。
箸で持ち上げるとちょっと重い・・・。
IMG_9469 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鶏肉は、山梨 富士高原どりを使っています。
もちろん臭みはなく、しっかりお肉の味も楽しめました。
IMG_9474 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デザートは牛乳寒でした。
IMG_9477 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

毘沙門天への初もうでの後、お腹がすいたらとっても温まる神楽坂名物うどんすき。
今年も恋愛運じゃなくと、金運が上がりますようにとお願いしちゃったよ♪
IMG_9487 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

♠神楽坂 鳥茶屋
新宿区神楽坂4-2
03-3260-6661