雲海を見にやきもち家さんへ。

先日ちょっと長野に行ってきました。目的はこの雲海を見にね。
雲海は、前日の天気、その日の朝の気温なんかによって霧がうまく出ない時も
あるけど、今回はなんとかまずまずの雲海が見られました。
標高704m。スカイツリーなんて目じゃない高さです。
IMG_3886

 

 

 

 

 

 

 

 

でもこの雲海。水墨画みたいで、感動しました。
いまひとつと言っても私には久々の雲海です。
刻々と変わる風景を見ている、その雲の動く様も楽しいのです。
5時過ぎにはほとんど見えなかったのに、この日は6時過ぎぐらいから
雲が生きているように動くんです。ほんと、感動ものです。
本当はもっと寒い方がいいようですが・・・。
IMG_3905

 

 

 

 

 

 

 

光が見えてきたので、光の方を見てみると、天使のはしごが出ていました。
写真では分かりにくいのですが、何となく分かりますか。
幸せが迎えに来てくれたみたいです。
IMG_3869

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてご来光。霧に太陽の光が反射して
水墨画の世界からリアルな世界に変わって行きました。
IMG_3879

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽がすっかり登ったらお宿にも賑わってきます。
この宿だけは宿の方よりお客りの方が早起きなんです。
実は露天風呂からもこの雲海がみられたりするんですよ。
贅沢でしょ。最近はこういうことが最上の贅沢と感じられるようになりました。
IMG_3923

 

 

 

 

 

 

 

 

この茅葺きの屋根の古民家がやきもち家さんの本館です。
ここには客室3室と囲炉裏のお部屋があって、御夕飯を食べたり
お焼きを焼いたりしているのです。
IMG_3895

 

 

 

 

 

 

 

 

3室の本館と新館を結ぶ廊下です。
この廊下の中央くらいにお風呂があります。
湧かし湯だと思うのですが、温泉でした。
IMG_3859

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この本館の囲炉裏では、長野名物のおやきを焼いていました。
IMG_3930

 

 

 

 

 

 

 

 

実はお焼きってこういう囲炉裏で灰をかぶって焼くのが本式。
確かに灰の上で焼くんですから、裏返したら灰がついているのは当たりまえ。
一緒に行った友人はお焼きを食べて初めて美味しいと思ったと言ってまいした。
IMG_3938

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は灰を落としていただきます。
皮がね〜カリッとしていて中にはぎっしり野沢菜が入っていて美味しいの。
他ではなかなか食べられない、美味しいお焼きです。
IMG_3942

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お焼きは色々な種類があって楽しいね〜。
今回は夕飯の時に野沢菜しか食べられなかったけど
次回は切り干し大根食べたいな〜。
IMG_3941

 

 

 

 

 

 

 

 

囲炉裏の煙がモクモクしているので高い天井は真っ黒です。
いぶされた天井は毎日炭で火をおこして、その煙でいぶされたもの。
昔の家はこんなだったんだなって、なんだか懐かしくなるお宿です。
IMG_3951

 

 

 

 

 

 

 

 

やきもち家
長野県長野市中条日下野5286
026-267-2641
<アクセス>
■電車利用
JR長野駅善光寺口より高府・初引行きバスで約40分、中条バス停にて下車。
中条バス停とやきもち家間の送迎あり。(要予約)もしくは長野駅下車タクシー30分
■バス利用
中条バス停下車タクシー15分
■自動車利用
上信越自動車道・長野I.Cより国道19号線白馬松本方面へ→笹平トンネル東信号
左折県道31号線へ。県道31号線を中条方面へ中条トンネル出たらすぐを右折
(トンネル出口付近で右折ウィンカー)そのあと看板通りに走ってください。

 

 

 

朝食はお部屋で手作り。

眠気眼な意識の中で、美味しそうな匂いがしてくるってこんなに幸せなこと
だったかしら。親子で仲睦まじく。集落丸山では指定した時間の1時間前
くらいに、お部屋までお宿の方が朝食を作りに来て作ってくれます。自分の
ための朝食を作ってくれる幸せをしばし味わいながら、見つめていました。
DSC08833

 

 

 

 

 

 

 

キッチンのある土間と寝室の間にはリビングルームもあってプライベートは
邪魔しません。縁側近くの居間で緑を見ながらの朝食です。
DSC08845

 

 

 

 

 

 

 

 

サラダ、ヨーグルト、スープ、ジュース、フルーツ、そして
DSC08847

 

 

 

 

 

 

 

 

オムレツとソーセージ。なんてことないけど、できたてをいただくことが
できる幸せを噛み締めて。
DSC08851

 

 

 

 

 

 

 

 

パンも種類豊富に揃えてありました。
DSC08834DSC08837

 

 

 

 

 

こちらの土間がキッチン。
DSC08694

 

 

 

 

 

 

 

 

食器や簡単な調理器具が揃えてあるので、簡単な料理も出来ます。
丹波篠山は美味しいものがいっぱい。こちらで軽く調理をして食べてみたいな〜。
DSC08719DSC08718

 

 

 

 

 

 

♠集落丸山
兵庫県篠山市丸山30番地
079-552-5770

電車でのルート
JR福知山線「篠山口」駅で下車(大阪駅から丹波路快速で65分)
篠山口駅から北東へ9km(タクシーで20分)

車でのルート
舞鶴若狭自動車道「丹南篠山口IC」から北東へ8km(約 15分)
※篠山鳳鳴高校西側の小さな谷筋を最奥まで北上ください

限界集落の築150年の古民家にのんびり宿泊〜集落丸山〜

丹波篠山の町歩きを終えタクシーにのって10分弱。集落丸山へ伺いました。

山々に囲まれた森山麓。少ない集落の残る限界集落です。

DSC08733

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集落丸山にあるのは山、田んぼ、畑、小川、そしてきれいな空気。

何もないけど、自然はいっぱいです。

DSC08732

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集落丸山には2つほど宿泊できる古民家があります。

今年の7月。少し早い夏休みをとって、築150年を超える古民家「灯り」

(佐古田家)を一棟借りて宿泊するという贅沢な休日を過ごしてまいりました。

DSC08729

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き戸をひいて土間を進み、リビングルームに通されました。

フローリングの床にソファ。まるで自宅でくつろいでいるような雰囲気です。

夜は読書にふけったり、おしゃべりをしたりして過ごすことが出来ます。

DSC08669

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お隣はちゃぶ台の残るお部屋。古いガラスの扉がとてもキレイ。

DSC08706DSC08707

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃぶ台の部屋の隣は居間。そして床の間と続きます。

床の間ではもちろん大の字。最近は大の字すらなかなか出来ませんが

畳の上に寝そべると本当に気持ちがいいものです。

DSC08728

 

 

 

 

 

 

 

 

 

居間と縁側。縁側からは美しい緑が見えます。

DSC08680

 

 

 

 

 

 

 

 

縁側にはチェアがおいてあって、緑を見ていると頭の中もからっぽに。

普段忙しく過ごしているのでこういう時間は貴重ですね。

DSC08702

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングルームの脇には土間のキッチン。

タイルばりのモダンなカウンターがオシャレです。

こちらでお宿の方が翌朝の朝食を作って下さいます。

このキッチンからも緑が見えて気持ちいい。

お部屋のどこにいても緑をみることができると言っても過言ではない建物です。

DSC08695

DSC08697DSC08714

DSC08726DSC08872

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベッドルームは2つあります。こちらが主寝室。

DSC08708

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寝室の片隅にはソファと書籍。

寝る前にぱらぱらっと読書をして。そんな過ごし方もありですね。

DSC08710

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サブの寝室です。こちらにはベッドが3つ。

5名が宿泊できる施設ですが、なんと2名で贅沢に使わせていただきました。

DSC08668

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お風呂は使いやすいものにリフォームされています。

DSC08683

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イソップのアメニティ。手すりなんかもあるのでシニアの方も安心ですね。

DSC08871DSC08870

 

 

 

 

 

ちなみにこちらが平面図。二人で使うにはうまりにも贅沢すぎる広さですね。

DSC08866

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるでおばあちゃのお家に帰ってきたような佐古田家。

150年を超えた建物だとは思えないくらいキレイにリノベーションしていますが

オシャレすぎないところもいい。懐かしさの残る、心からくつろげる滞在でした。

 

集落丸山は、2009年(平成21年)には、国土交通省の

「地域住宅モデル普及推進事業」の指定を受けこの集落を再生させました。

「LLP(有限責任事業組合)丸山ブロジェクト」を結成しNPO集落丸山を運営しています。

 

♠集落丸山
兵庫県篠山市丸山30番地
079-552-5770

電車でのルート
JR福知山線「篠山口」駅で下車(大阪駅から丹波路快速で65分)
篠山口駅から北東へ9km(タクシーで20分)

車でのルート
舞鶴若狭自動車道「丹南篠山口IC」から北東へ8km(約 15分)
※篠山鳳鳴高校西側の小さな谷筋を最奥まで北上ください

 

 

 

篠山のかわいい雑貨屋さん

丹波篠山は駅と街がちょっと離れています。バスもしくはタクシーで市街まで。

町歩きが楽しいことにびっくりしましたが、お城などの旧跡名称だけじゃなくて

ちょこちょことかわいいお店も多いのです。ブリキの玩具や雑貨屋さん。

かわいいカフェにもちょこちょこと遭遇します。東京から来ましたというと

とても驚かれて。。。関東の人はなかなかなじみがありませんが素敵な町なのです。

こちらはNatural Backyardとい、家具・雑貨&DIYのお店です。

DSC08605

 

 

 

 

 

 

 

 

ペンキとかドアノブとか、そんなのも販売していました。

DSC08604

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろんかわいい雑貨も。木のおもちゃ、食器、ガーデニング等が並びます、

DSC08613DSC08606

 

 

 

 

 

自分のことだけ考えて入ればよい私ですが、甥っ子にかってあげようかとか

かわいい雑貨を見ていると頭を色々なことが巡りますね。

DSC08615DSC08607

 

 

 

 

 

沖縄の焼き物を沢山取り扱っていました。

DSC08610

 

 

 

 

 

 

 

 

私も全ての雑貨屋さんを見る事が出来なかったのですが、丹波篠山に言ったら

ふらっと町歩き。雑貨屋さんを覗いてみると楽しいですよ。

DSC08617

 

 

 

 

 

 

 

Natural Backyard

兵庫県 篠山市二階町89-1

079-552-7222

京町家ステイ「庵」

せっかく京都にいったのなら、京都をより感じるところに滞在したい。

素敵な町家暮らしを体験したいと思うのは私だけではないはず。

京都市内にいくつかあるのですが、今回2回目となる京町家ステイができる「庵」に宿泊しました。

青紅葉と苔のお庭を通って玄関に到着します。つくばいがあるのも京都らしいですね。

DSC09087

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「庵」には京都市内にいくつかあるのですが、今回は鴨川を望む美濃屋町町家。

なんと、約186平方メートルの空間を贅沢に使えちゃうんです。

DSC09245

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この景色を見ただけでも京都に来た〜って気分になりますね。

実はこの美濃屋町町家。清水寺も見えるという贅沢なロケーション。うふふふ。ぜいたく♡

こちらは1階のリビング。この脇にミニキッチンもあるから錦市場で買ってきたお惣菜で

飲み直しなんて言うまるで自宅にいるような使い方も出来ちゃいます。

京都は和菓子やケーキやパンも美味しいから、こちらで一服とか朝ごはんは美味しい京都のパンで。

なんていう使い方も。想像しただけでうっとりでしょ。

DSC09065

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階にはこちらの15畳の大きな和室。

定員は8名なのですが、みんなで修学旅行気分で泊まれます。

DSC09069

 

 

 

 

 

 

 

 

1階と2階には6畳程度のお部屋があるから、4名だったらふたりづつ分かれてもOK。

ご夫婦、友達、子連れ・・・など色々な組合せで宿泊することも可能です。

実はこちらは茶室になっているのでお茶会も出来ちゃうの。京都で茶道合宿なんていうのもいいかも。

DSC09072

 

 

 

 

 

 

 

 

お風呂は1階にあります。檜のお風呂なので檜のいい香りがします。

鴨川を眺めながらのバスタイムも贅沢。京都市内の旅館でもこんな贅沢はなはなはできませよね。

DSC09068

 

 

 

 

 

 

 

 

2階にはシャワールームもあります。2つの浴室があるから複数で宿泊しても大丈夫。

DSC09073

 

 

 

 

 

 

 

 

3階にはなんと屋根裏部屋もあるんです。

DSC09075

 

 

 

 

 

 

 

 

入り口を入ったところにもスペースが。

DSC09078

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜はライトアップされます。格子から漏れる光と青紅葉のコントラストが素敵ですね。

あ~、こんなお家に住んでみたい。いや、住んだつもりで京都ステイを楽しめる京町家宿泊体験でした。

DSC09238

 

 

 

 

 

 

 

 

♠美濃屋町町家

木屋町松原上ル

お問い合わせは、庵 事務所 075-352-0211まで。

Ioriオフィシャルサイト

庵 Facebook