吉祥寺の素敵なブーランジェリーカフェ『EPEE』

甘党大王さんに、素敵なお店に連れて行っていただきました。
EPEE・・・エペって読みます。
11時くらいに吉祥寺駅で待ち合わせ。駅から5分くらいのところにあるのですが
私たちが入店してすぐに満席になっちゃいました。
DSC09623 (2)

 

 

 

 

 

 

 

こちら、、ブーランジェリーカフェなんです。
DSC09626 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレンチヴィンテージっぽい店内の雰囲気も素敵じゃない。
DSC09621 (2)

 

 

 

 

 

 

 

パン屋さんも併設しているのですが、こちらはカフェレストラン。
DSC09606 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平日はもっとリーズナブルなランチがあるようなのですが
休日はこちら2580円のランチコースのみ。もしくはアラカルト。
DSC09563 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、休日ランチはアイスティーがお水の代わりに出てくるの。
これはうれしいサービスですね。
DSC09567 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

パルマ産生ハム、プラム、いちじく、ベビーリーフのサラダ
やわらかい生ハムが美味しいの。
これにベビーリーフ、生イチジク、プラムもついていました。
DSC09571 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

このお兄さんがスライスしてくれます。ハムの感じはサロメリア69のハムかな?
DSC09569 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

EPEE Original前菜の盛り合わせ
白平貝のパクチーと花山葵のソース、フォアグラのプチシューサンド、
アナゴのフリット、リエット、一口バーニャカウダー。
DSC09574 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな盛りだくさんの前菜が2580円のコースの中に入ってくるのはナイスです。
DSC09585 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

パンはお店の方がお客さんの様子を見ながらいろいろなパンをカット。
DSC09616 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べ放題です。もともとブーランジェリーなので美味しいですよ。
DSC09565 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

白インゲン豆とモツのスープ
とろっとろろの内臓とおまめのスープは、、優しく家庭的なお味。
スープというより、煮込みみたいな雰囲気もありますが、パンにもよく合います。
DSC09590 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

宮城県産 蔵王牛のタルタルステーキ
DSC09598 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ぎゅっとお肉だぁ~。タルタルステーキは噛めば噛むほどお肉の味が楽しめます。
DSC09599 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

紅ズワイ蟹とボワローのリゾット
蟹とボワローネギの甘さがいきたリゾットです。
どのお料理も小ぶりですが、ランチとしては適度なポーション。
パンも美味しいので、ついつい食べ過ぎちゃうからこれくらいのポーションがうれしいの。
DSC09604 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

デザートは小さなケーキとアイスクリーム。。
DSC09612 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーと紅茶のいづれかが付きます。
DSC09610 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブーランジェリーを併設しているので焼きたてパンがご自慢です。
DSC09619 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しいパンがたくさんならんているので、帰りにはもちろん買っちゃいました。
DSC09622 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ウインドーを見ていたらかわいいパンのワンコがディスプレイ。
遊び心とセンスを感じるお店でした。
DSC09625 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

パリの裏通りにあるような雰囲気のブーランジェリーカフェでした。
DSC09629 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家Boulangerie Bistro EPEE(ブーランジェリー・ビストロ・エペ)
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-10-4 1F
0422-72-1030

 

 

 

深夜の銀座で大人のかき氷。まさに真夏の夜の夢なのよ❤

お酒を飲むと甘くて冷たいもを食べたくなる時ってありませんか?
お酒を飲んだらカキ氷。
デートのときならば、彼はお酒、私はかき氷でかわいく演出。
なんていうのもいかもwと思っちゃわない?
「ありのままの~♪」もありだけど、女子はトキメクとなぜかかわいくなるものよね。
DSC08553 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなトキメキを感じたら、食べ物だってお酒だって味方につけちゃって。
この赤いかき氷は、やっぱりかわいい。
かわいらしさを演出出来ちゃう最強の食材はフルーツじゃない。
そんなフルーツがいっぱい乗ってます。
こんなかわいいかき氷を食べていたら、目の前に彼がいなくったってかわいくなっちゃうけど、
大好きな彼の前ではもっともっとキュートなスマイルになっちゃいそう。
DSC08616 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピーチ、マンゴー、ブルーベリー、いちじく。
甘~く、熟したフルーツが乗っているの。
ソースは、フランボワーズを使っているので、程よい酸味で気分は完全に乙女。
甘いフルーツとフルーツのバランスがいい感じ❤
DSC08623 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え?もっと大人のオンナを演出したいって?
そんなわがままなあなたには、これ!!
だってキャラメルとラムレーズンですもん、大人な魅力と甘さを持つオンナって感じだわ。
このパンみたいなのはババ。お酒もちょっと入っている大人なかき氷。
バニラアイスもついていますよ~。キャラメルも甘すぎないし、時々レーズンの酸味が
口の中に広がるので、、どんどんいけちゃう。
DSC08611 (2)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小悪魔なオンナを演出したい時は、このティラミス。
マスカルポーネチーズのソースをベースのかき氷にかけて
コーヒーソースと仕上げのココアパウダーの組み合わせはまさにティラミス。
うんうん。まさにあのドルチェのティラミスがかき氷で再現されているの~。
アイスももちろんマスカルポーネ。周りにある黒い塊はチョコレートのマシュマロです。
DSC08629 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

氷を削っているのがこのマシン。
かき氷の名店の多くがこのマシンを使っているような気がします。
これだと、氷の削り方を替えられるからいいみたい。
味付けによって氷の削り方を変えているのも関心しちゃった。
DSC08651 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

料理人がこのレシピを考えているので、かなり完成度が高し!!
この季節はお食事の後に、やっぱりお酒をのみながらこのかき氷を食べたいわぁ~。
DSC08615 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おシャレな空間で食べるダイニングバーのかき氷。
DSC08607 (2)
 

 

 

 

 

 

 

月~金曜日は深夜3時までの営業なので、真夜中でも食べられる魅惑のかき氷。
食事の後にテンション上がる、夏の夜のお楽しみでした~❤
DSC08552 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

銀座 水響亭
東京都中央区銀座7-5-4 毛利ビルB2
03-3569-2710

FERRARIでアペリティーボ♡期間限定オープン『APERITIVO BAR』

東京駅八重洲口から1分ほどにあるモダンイタリアンレストラン『アンジェロコート』。
素敵なイタリアンで以前ご紹介したことがあります。このアンジェロコートの入口に、
6月19日~8月31日までの期間限定でAPERITIVO BARがオープンしました。
DSC07842 (2)

 

 

 

 

 

 

 

コラボレーションしたのはトレンティーノ=アルト・アディジェ
にあるワイナリー『FERRARI』。世界のセレブたちに愛されているスプマンテです。
DSC07848 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店内にはゆらゆらとキャンドルの揺らぎの灯り。
むふふふ。。ロマンチック♡♡♡
DSC07830 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

テーブルにはFERRARIのキャンドル。
DSC07829 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵なグラスで乾杯したら素敵なデートの始まりになりそうです。
DSC07861_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カウンターとハイテーブの席ということもあり、アンジェロコートでの
お食事前のアペリティーボ的な使い方素敵。
他にも仕事の後にちょっと一杯という感覚での利用ができそうですね。
DSC07828 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼや赤ワインもありました。
DSC07871_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アペリティーボは、一皿500円。とうもろこしのムース。
DSC07854 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

これはお肉の冷製。
DSC07867 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

エントランスから照明の入ったフェラーリの大きな鉢に入ったグリーンでした。
DSC07858_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

アンジェロコートのファサードもFERRARIでお出迎えしてくれますよ。
DSC07874_1

 

 

 

 

 

 

 

 

APERITIVO BAR
中央区八重洲1-9-9 アンジェロコート内
03-6225-5491
JR東京駅八重洲中央口より徒歩1分

気分はハワイ★Sanday TERRACE

エレベーターで3Fまで。
勤務のある日のランチでしたが一気にハワイの気分になっちゃうカフェでした~。
大きな窓から差し込む光。天井にはファンが回ります。
ソファは食事はしにくいけれど、気分が寛ぎますね~。
DSC06465 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開放感のあるテラスもあって、今の季節のテラスランチにはぴったり。
DSC06483_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ランチもアサイーやロコモコ丼、アヒボキ、コブサラダなどのメニューも豊富です。
ランチは基本980円。
DSC06469_1 (2)

DSC06466_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワッフルなんかもあってカフェタイムも充実しそう。
DSC06471_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ランチタイムには和定食もありますよ。
DSC06467_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

この日はコブサラダをいただきました。
ブロッコリー、ゆで卵、レタス、アボカドなどにコブドレッシングがかかっています。
DSC06475_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

パンとスープ付き。
DSC06480 (2)

 

 

 

 

 

 

 

先輩は、アヒポギ丼をオーダーしていました。こちらもスープ付き。
DSC06481_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

レモンの輪切りがいっぱいのレモネード。
セットには飲みものも付きます。
ご自慢の自家製レモネードは+100円でいただくことが出来ますよ。
DSC06482 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段、このレモネードは600円なので、+100円してもいいんじゃない?
かくして、ランチのお会計は1080円也。
DSC06484_1

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年出来たビルですが、恵比寿駅から急な坂を上っていかないといけないので
躊躇してまいした。でも俄然このビルの全店舗を制覇してきたくなってちゃったわぁ~。
DSC06485 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

Sandy TERRACE
渋谷区恵比寿南 1−17−17 time zoneテラスビル3階
03-5734-1058

吉祥寺っ子ダイニングPecori 吉祥寺駅前店

吉祥寺で食事をすることになったのですが、安くて、楽しくて、女の子が楽しめるお店ない?
と吉祥寺の友人に聞いたところ、駅前にかなり使えるダイニングバーがあると教えてもらい
行ってきました。ぎゃーぁ~。このごちゃごちゃ感がいいかも。エレベーターを降りると
にぎわっている感じが伝わってきます。わぁ~人気のお店なんだぁぁぁ。
さすがジモティ!!!天井にあるいろいろな種類の照明を楽しく見ながら席に向かいました。
collage1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの名物メニューのひとつが、この自家製ベーコン食べ放題。
お通しなんですが、いくらでも食べていいんですって。
ビールが進むこと間違いなしのお通しです!!!
DSC06110 (3)

 

 

 

 

 

 

 

ほらね。メニューにもしっかり書いてあります。
ベーコンと言っても、よくスーパーで買う、薄くてしょっぱいやつじゃないですよ。
お肉も厚くてプルプルぅ~。きちんとおつまみとしていただけるベーコンです。
DSC06156_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

テーブルにはチューブ薬味が置いてあるので、お好みで。
ちょこっと辛子を付けて食べたも美味しいよね~。
DSC06112 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

あっさりピクルス 280円
ピクルスというより浅漬けみたいな感じ。
それにしても、280円って安すぎます!!!
DSC06115 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

海老と烏賊のスティック春巻き 480円
烏賊と海老だもん。日本人はみんな好きでしょ~。オシャレなポットに入っているし
フィンガーフードとして手で食べられるから、おしゃべりしながらでもどんどん食べられちゃいそうです。
スイートチリソースでオリエンタルな感じでいただきました。
DSC06118_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生ハムとモッツアレラのフライ(3本) 480円
DSC06123_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

生ハムでモッツアレラをまいてフライにしてあります。
中から、とろお~、びよぉ~んとモッツアレラが伸びて伸びて~。
デートの時はもお箸で上品にいただいてくださいませ。
DSC06124_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

しらすとドライトマトのアヒージョ 580円
DSC06142 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しらすの塩気がオイルに染み出てそのまま食べられます。
トマトが入っているのてオイルベースのアヒージョもさっぱりいただけます。
バゲットが添えてあるので、バゲットに乗せて、オイルも最後まで拭って召し上がれ。
DSC06144_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

牛すじデミのふわとろオムライス 580円
オムライス大好きな私はやっぱり頼みました。
しかも牛筋っていうし、580円だし!!!
DSC06147_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

580円だから中のごはんは白なのかしら。。。とおもって恐る恐る中を開けてみると。
きゃぁぁぁ。チキンライスぅぅぅぅ。思わずみんなに自慢しちゃう。
牛筋のデミグラスソースをたっぷりつけていただきました。
DSC06149 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

デザートはティラミスをいただきました。
デザートもポイントを外さず、フレンチトーストやフルーツピザなんかもありました
乙女心をしっかり研究している証拠ですね。
DSC06151 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日コースをいただくと、こんなかわいいケーキも付きます。
熊さんのケーキに花火がぱちぱち。お店中の方からお祝いされていました。
【記念日★誕生日コース】は、2,5時間飲み放題+特製ケーキプレート付き!!
【7品3500円⇒3000円♪】とぐるなびに書いてありましたよ~。
DSC06137 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ピザとパスタのメニューなんだけどこれ超安くないぃぃぃ。
これならお家で作らないでこちらで食べたいわぁぁぁ。
DSC06157 (2)

DSC06163 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お料理も380円からで、最多価格は480円。
どれもこれもお安いわぁ~。
駅からも約1分。電車での行き帰りもとっても便利。
終電を逃しても朝8時までやっているから、
ここでみんなで一晩中もりあがってもいいですね。
DSC06162_1 (2)
 

 

 

 

 

 

 

吉祥寺っ子ダイニングPecori 吉祥寺駅前店
武蔵野市吉祥寺南町1-1-5 中外ビル5F
050-5798-1339