日本で唯一。そして超楽しいブルガリアレストラン♡

某雑誌の旅行部の集いで知り合った女子たちとお食事に行くことになりました。
さすが旅行部に集うアクティブ女子だけに、秘境でも弾丸旅行でもガッツリ行っちゃう強者ばかり。
なのに、またまだ行きたいところはいっぱいあるよね~。
みんなで旅行はなかなか難しいけど、なかなか行けないお店にお食事だったら行けるよね~と
しかも、みんながなかなか体験できないお料理を食べたいよね~と企画したのが『エアブルガリア旅行』。
ブルガリアに行ったつもりという気持ちで、日本で唯一のブルガリア料理を食べに行きました。
DSC06290 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちに馴染みがあるのは、ヨーグルトとブルガリアローズ。
☆明治ブルガリアヨーグルト☆って小さな頃から食べているのに、ブルガリアって国に
ついては全く知識なし!!!最高級のバラを栽培していたり、あの民族衣装で楽しそうに
踊っている姿は目に浮かぶんですがぁぁぁ。そんな私たちの気持ちを知ってか、
ブルガリアについての情報が所々に紹介されています。
ここはブルガリア政府公認のブルガリアレストランだとは聞いていたのですが、
まさにブルガリア文化を伝えるアンテナショップ的役割もはたしているようです。
DSC06329 (3)

 

 

 

 

 

 

 

スモーリアン地方の長寿のヒミツの紹介やブルガリア語など、テーブルにはいろいろな紹介がされています。
DSC06249 (2)DSC06250 (2)

 

まずはローズカクテルで乾杯。
飲むと軽くローズの香りがするの。甘くて女性にぴったりのカクテル。
バラの香りは女性ホルモンをアップさせてくれる魔法のアロマ。
飲みすぎ注意の女子力の高いカクテルかもぅぅぅ。
DSC06247 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タラトル
ブルガリアの代表的なヨーグルトスープ。ヨーグルトににんにくやキュウリなどを
入れたさっぱり味のスープです。爽やかなのでこれからの季節にもぴったり!!
DSC06252 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ディルなんかのハーブも入っていましたが、ヨーグルト風味のガスパチョみたいな味でした。
DSC06259 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ショプスカサラダ
トマト、きゅうり、オリーブなどのシンプルサラダですが、ブルガリア料理となると
シレネという塩気のあるホワイトチーズがたっぷりかかっています。
こんなにチーズがかかっていて平気なの?と思うのですが、その心配は全くなし。
固形ドレッシングのようにサラダを美味しくしてくれます。
DSC06256 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルガリアンムサカ
ムサカはインド料理で食べたことがあるからいいよねとはじめはやめたのですが
やっぱり食べてみることに。想像していたムサカと違い、お肉とじゃがいもなどの野菜の重ね焼き
という感じ。お豆なんかも入っていて美味しいのぉ~。初めてのお店はトライも大切ですね。
DSC06258 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

バネッツア・レシネ
白いチーズが挟まったわりとフワフワしたパイ料理。素朴で美味しいの。
DSC06261 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

パイ生地は何層にもなっていますが、ふわふわ、繊細な感じでした。
DSC06272 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

カヴァルマ
みんなが美味しいね!!!と意見が一致した、こちらの郷土料理。
ギュヴェチェと呼ばれる直径15センチほどの一人用の小さな蓋付きの土鍋で作るそうです。
今回はエアブルガリアなのでいろいろなものを食べようと6人で一口ずつ食べましたが
これはリピって2つ目をオーダーしちゃったぁ。
DSC06262 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

上に乗った玉子焼きを崩して、いただきます。
煮込みの上にとろぉ~っととろける黄身が煮込み料理全体に絡まってマイルドに。
DSC06269 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルガリア料理の味の決め手はチューブリッツァというこの香辛料。
日本では売ってないみたいですが、セボリーのことだというのもネットで発見。
これだったら、家庭でブルガリア料理ができるかなぁぁ。トライしちゃおうかなぁぁ。
DSC06327 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キュフテ
ブルガリアのハンバーグです。網目状に焼かれた焼き目がおいしそう。
白いヨーグルトソースがかかっているのがブルガリア風。
お肉の味を奥深くさせてくれたり、あっさり食べさせてくれる効果があるみたい。
DSC06270 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ソーセージ
羊肉で作ったソーセージ。くるくるぅ~っと1本が蚊取り線香みたいに渦巻き状に
焼かれいます。一本まるまるはやっぱり豪華。下にはお豆とお野菜の煮込みが敷かれていて
羊肉のちょっと癖のある味と優しい野菜の味わいのバランスがいいなぁ~。
DSC06274 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

トリップの煮込み
パン粉の下にはトリップの煮込みが入っていました。
お肉の蜂の巣の部分が柔らかくてトロトロ~。
あのホルモンの部分を見るのが苦手な人でもこれは美味しくいただけます。
トマトやパセリかな?結構あっさりとしているのが意外な感じでした。
DSC06279 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

さーーーーーて。メインイベントはデザートです!!!
このカメラを構えた人たちの写真でなんとなくわかりますか~。
DSC06281 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

フランバージのサービスも313円でやってくれます。
青い光はサクランボのリキュールに火を入れてゆらゆらとぉ。
ほぼすべてのテーブルでやっていただけるサービスです。
DSC06310 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミルキーバニツァの上にこの青い炎のはしご。
銅のフライパンの上に乗ったミルキーバーニッツアに青い炎が一気に広がります。
DSC06312 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほら。こんな感じ。美しい炎の演出はデザートも美味しくしてくれるんです。
DSC06313 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルガリアの器に盛り付けて出来上がり。
ブルガリアの焼物もいろいろな模様がついていてかわいいですね。
DSC06322 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バラのアイスクリームなんていうのもありますよ。
DSC06325 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

日本で楽しめるブルガリア。『エアブルガリアの会』は
メンバーも旅行好きという一つの共通の話題をもった人たちの会と
いうこともあることもあるけど、お料理も本当に楽しかったぁ!!!
DSC06289 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、引退された琴欧州。もちろんスポンサーは明治ブルガリアヨーグルト。
イケメン力士ですが、彼のブログが超かわいくて、私はいつもほほんとしています。
大きな手でスマホからの投稿なのかな・・・。ひらがなを打っている姿を想像するだけで
かわいいと思っちゃう。ちゃんことヨーグルト。いつか試してみたいです。
DSC06328 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本で唯一のブルガリア料理店「ソフィア」。みなさんも少しエアブルガリアできましたてしょうか?
私は東京八重洲で、超たのしいエアブルガリアを堪能してきましたよ~♡
ランチは1300円でオードブルバーがついて超お得だという噂も聞いたので
ランチもトライしてみたーーーーい♪
DSC06330 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルガリアンダイニング ソフィア
中央区八重洲2-5-12 プレリー八重洲ビル2F
03-5200-0141
map1