有馬シェフのポモドーロは超限定期間にのみいただけます♪

トマトのパスタを食べにパッソアパッソへ。門前仲町のイタリアンです。
DSC06580 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

看板はなく、テントとガラスに書かれた店名とこの樽が目印。
門前仲町は6番出口。赤札堂から3分ほどでしようか。
DSC06577 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

有馬シェフはメディアへのご出演も多数されていて、有名店ですが
店内は肩ひじ張らず、アットホームな雰囲気で楽しめます。
DSC06573 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

素材には並々ならぬこだわりを持っている有馬シェフ。
イタリアンですから、トマトにもかなりのこだわりをお持ち。
てか、私はひそかにご本人がトマト好きなんじゃないかと思っているのですが・・・。
この日は、1年のトマトの美味しい時期。梅雨に入る前のトマトを使って作る
トマトソースがもっとも美味しくいただけるゴールデンウイークにいただくトマトパスタの日~♪
しっかりこの時期も相談して伺っているので、楽しみに伺いました。

 

まずはトマトのジュレからスタート。
フルーツゼリーのような見た目ですが、正真正銘イタリアンの前菜です。
DSC06586 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中には、色とりどりのトマトが入っています。
赤、黄色、緑・・・などなど。トマトって赤だけじゃないから楽しいですね。
collage

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは前回出していただいたトマトですが、いろいろな色があってかわいいですね。
青いのもトマトならではの酸味があるのですが、トマトの皮にしっかり味があって
とても美味しいのです。こちらには映っていませんが紫のトマトもありました。
DSC04889_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンの盛り合わせ
サルディーニア島の伝統的なパン”パーネカラザウ”。平べったくパリッとしたパンです。
他にはフェンネルシードのグリッシーニ、国産小麦を使った丸パン、
大和芋やシブレットを使ったケークサレどっしり。いつものことですが、食べすぎ注意です。
DSC06599 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ホワイトアスパラガスのソテー ホロホロ鳥のスクランブルエッグ添え
軽く焦げ目のついた北海道産のホワイトアスパラガス。ホワイトアスパラガスのソースに
トロトロのスクランプエッグ。その上には柔らかく削られたパルミジャーノがかかっていました。
DSC06604 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめは柔らかいソースの優しい口当たり。そしてホワイトアスパラの少しシャキッとした
歯ごたえがまたいいものです。シンプルですが確実に美味しいお料理。
DSC06605 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

甘鯛と魚介類ののカルトッチョ
カルタ・ファタで調理されたカルトッチョが出てきました。
紐を解いてカルタ・ファタを開くとまずはハーブの香りが。
ハーブをどけると、濃厚な魚介類の香りがしてきました。
DSC06606 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

魚介類は、甘鯛をメインに、柔らかいアオリイカ、赤貝、鳥貝、平貝、鮑。
他にも、山狩り茸、もみじがさなどの茸類も。カルトッチョにオリーブやケイパー
が入るのは言わずもがな。ハーブの中でも特に陳皮がスキッとした味わいを加えてくれました。
DSC06609 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サルサ・ヴェルデ
カルトッチョに添えられたのは、濃厚に緑のソース。
チーマディラーパの作られているので、甘味ゆや苦味などもありますが
どちらかというと柔らかい味わい。山椒や木の芽などが入っているので、
すきっとした味わいもあったので、魚介類を爽やかにいただけました。
DSC06612 (2)

 

 

 

 

 

 

 

ジャガイモとリコッタチーズのラビオリ
ジャガイモとリコッタチーズが入っているのでモチモチ状態でラビオリを食べられました。
少しバターのソースがパルミジャーノを薫り高くしてくれます。
添えられたのは、旬が短いアスパラ・ソバージュ。今年もいただけて幸せ♡
DSC06622 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

鳩のコンフィ 雑穀入りの花ズッキーニ
鴨独特の臭みもなくコンフィにされてありました。茨木産の鴨の腿肉は、しっかりした
肉質でしたが低温調理のため旨味がしっかりお肉の中に閉じ込められていました。
もちろん表面はカリっ。脚の周りについたお肉もきっちりしゃぶっていただきました。
DSC06633 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ズッキーニの中には、雑穀とモツが入っていています。
雑穀類にお肉の旨味がしっかり回って滋味深い味。
花ズッキーニはどちらかというと優しい調理で食べたことが多かったのたで
かなりパンチのある花ズッキーニも有馬シェフっぽくていいなと。
DSC06638 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旬のトマトを使ったポモドーロのスパゲッティー
前回食べた時はスパゲッティーのソースが絡めてありましたが今回はソースがかけてあるぅ。
周りにちりばめられたイタリアンパセリとの色あいもきれいですね。
DSC06645 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソースを麺にあえていただきましたが、今回は軽やかにいただきました。
DSC06648 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

丹精なカタチのトマトですね~。
トマトもある程度成長し若すぎず、梅雨の前の水っぽくなっていないしっかりした味わいは
このシーズンならでは。このほんの一瞬にしか食べられない有馬シェフのトマトパスタを堪能しました。
DSC06659 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

甘王のパルフェ 甘王のジェラード
甘王のパルフェはフワフワ優しいお味。ジェラードは軽い酸味。
優しい味のパルフェには、旬の濃厚なアメリカンチェリーとブルーベリーソースという
少しパンチのある味が加えられ、甘味と酸味が楽しめました。
DSC06654 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーブティーと共に小菓子もいただきました。
DSC06669 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有馬シェフ、今回もトマトのパスタを美味しくいただきました。
今回シェフの写真を撮ったけど、有馬シェフって丹精できれいなお顔なのね。うふっ。
6y2CfDRnCbVjTHS1402141213_1402141228 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

❤前回の訪問記(メインは馬肉)
Passo a Passo パッソ・ア・パッソ
江東区深川2-6-1 アワーズビル 1F
03-5245-8645