ローズベーカリーでひとやすみ

大人数で食事をした後、もうちょっとおしゃべりしようかと銀座ローズベーカリーへ。
ペールグレーと木のやさしいぬくもりの家具が使われスタイリッシュなインテリア。
銀座コマツ西館の7階にあります。
DSC05645

 

 

 

 

 

 

 

 

スイーツも魅力的だけど、すでにランチも和菓子もいただいちゃったしね。
いかん、いかん。いにら食欲の秋だからと言ったってそんなに食べちゃだめぇぇぇぇ。
DSC05638

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カフェラテをお願いしました。
小石川ポタリーの器に入ったキメ細かいスチームミルク。
DSC05633

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この泡は幸せになれるよね。
DSC05635

 

 

 

 

 

 

 

 

10月のハロウィンも近いということで一口分のパンプキンケーキが添えられていました。
ローズベーカリーを訪れたのは10月最終日の日曜日。
街中にはハロウィンの仮葬をした人たちがいっぱいでした。
DSC05636

 

 

 

 

 

 

 

 

週末はモーニングもやってるんですよね。
今度ローズベーカリーのモーニングも食べてみたいなぁ~。
DSC05640

 

 

 

 

 

 

 

 

フランス生まれのカフェは内装もスタイリッシュ。
モンマルトルと同じ味をだそうと日々素材選びにもことかかないそうです。
ベジタブルプレートも食べてみたいんだった。
DSC05643

♠ローズベーカリー 銀座
中央区銀座6-9-5 ギンザコマツ西館7F
03-5537-5038

お酒の女神に愛された彼女たちとモダンスパニッシュ

昨日はずうっと行きたかった代々木公園のスペイン料理のお店へ。
カウンター8席のみのお店です。
IMG_3307

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お酒の女神に愛された友人達と一緒に。
楽しく飲んでいる姿を見ると私もお酒、強くなりたいっていつも思っちゃう。
IMG_3291

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本気で通ってしまいたくなるお店です。
IMG_3308

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も美味しい時間と楽しい友に感謝。

 

 

 

八ッ橋発祥の家「本家西尾八ッ橋」

京都の代表的なお土産八ッ橋。久しぶりにお土産でいただきました。
最近はなかなか食べることもなくなったのですが、久しぶりにいただくと楽しいものです。
いただいたのはザ・京都土産の定番『八ッ橋発祥の家「本家西尾八ッ橋」」』のもの。
この昔からの名物になりますと、元祖、本家、など色々な屋号が飛び出すのも全国共通ですね。
DSC05564

 

 

 

 

 

 

 

 

 

包み紙を見てあれ?と思ったのですが、今回いただいたのは黒ゴマ味。
定番のニッキのほかに、この「黒ごま」と金箔のついた「おひろめ」、「抹茶」
そして、なんとバナナなんていう味までありました。
DSC05568

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個包装で日持ちがする。お土産の定番です。
パッケージのところどころに、「西尾」「八ツ橋」「本家」の文字が並びます。
DSC05571

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
八つ橋独自の細長い瓦型。
黒ごまが入った分ニッキの味は少し控えめのような気がします。
さくっとした食感、そしてほんのりのニッキの味と甘味。
ちょっとバナナなんかも食べてみたくなりました。
DSC05574

八ッ橋発祥の家「本家西尾八ッ橋」

IRISの舞台にもなった湖畔のレストラン「ORAE」

秋田日帰りの旅では乳頭温泉だけに行くのはちょっともったいないね〜
ということで田沢湖のレストランで地ビールなぞを飲みに行ってきました。
DSC_2656

 

 

 

 

 

 

 

 

湖畔の杜ビールという地ビールが有名。
全国酒類コンクールで連続入賞したビールです。
これは天涯というビールです。
DSC_2659

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めずらしい三釜式という仕込み釜。
店内からもこの仕込み釜を見る事が出来ます。
DSC_2640

 

 

 

 

 

 

 

 

地ビールは購入するとも出来ますよ。
DSC_2644

 

 

 

 

 

 

 

 

サラダのドレッシングが美味しかったのよね。
田沢湖のクレソンを使っているようです。
DSC_2633

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれ美味しかったのですが、特にこの
田口さんの椎茸と仲間たち 香りソテーが美味しかったなぁ〜。
何たって300円って安いよね。
このビッグなフライドポテトも人気だそうです。
DSC_2638DSC_2639

 

 

 

 

一番人気の行者にんにくソーセージ。私も買ってきました。
ビッグサイズで有名な西明寺栗のピッツアもなかなか美味しかったです。
DSC_2631DSC_2649

 

 

 

 

 

秋田ではIRISの撮影現場が数多くありますが、この席に座って撮影もしたそうです。
DSC_2651

 

 

 

 

 

 

 

 

IRISの中ではこんな風に撮影されていたんですね。
DSC_2653

 

 

 

 

 

 

 

 

西明寺栗のパウンドケーキも食べてきたよ〜。
DSC_2663

 

 

 

 

 

 

 

 

湖畔の杜レストラン ORAE
秋田県仙北市田沢湖田沢字春山37-5
TEL 0187-58-0608

鶴の湯の名物「芋の鍋」

今回の鶴の湯では芋の鍋と温泉と新幹線がセットになったパックで伺いました。
団体の場合は、一号館でのお食事が付いてしました。
DSC_2593

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入り口にはかわいらしい野の花が飾ってありました。
温泉らしい生け方で雰囲気ありますね。
DSC_2590

 

 

 

 

 

 

 

 

何人かで伺ったのでこんな風景の見られる2階の大部屋で食事をしました。
DSC_2601

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こらこら。誰ですか。このビールを注いだの。
泡がいっぱい。温泉に入る前からビールを飲んでる人たちです。
DSC_2613

 

 

 

 

 

 

 

 

 

芹がたっぷりの芋の鍋です。
エノキ、しめじ、芹、葱、豚肉のバラ肉を味噌で味付けします。
DSC_2596

 

 

 

 

 

 

 

 

このお団子がおの芋の鍋の特徴です。
山の芋をすりつぶしてお団子状にしたものが入っています。
DSC_2605

 

 

 

 

 

 

 

 

大きなおにぎりが2つ。
俵形のおにぎりにそれをすっぽり包む海苔で巻かれていました。
DSC_2599

 

 

 

 

 

 

 

 

芋の鍋と、おにぎり、そしていぶりがっこ。
DSC_2610

 

 

 

 

 

 

 

 

温泉でのんびりしたらまたビールな仲間達でした。
DSC_2587

秋は秋田へ(笑)

秋は秋田へってことで(笑)、ちょっと温泉につかりに鶴の湯温泉に行ってきました。
鶴の湯は乳頭温泉の中でも?いえ日本の温泉の中でも最も有名な温泉の上位に入るでしょうね。
一週間前に伺ったのですが、少し色づいてきて、里山の雰囲気がばっちりです。
雪景色もいいけど、寒いしね。これくらいがいいかも。
DSC_2625

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鶴の湯はそうとう古く、由緒正しき温泉。その白濁としたお湯は
白の湯と黒の湯の2種類の源泉からなっていてす。
DSC_2627

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはレストラン・・・というか食堂ってたたずまいのお店。
お店の内部は2011年に伺った時にご紹介しています⇒★★★
DSC_2617

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鶴の湯は日本の秘湯を守る会のメンバーでもありますね。
DSC_2592

スペイン人イケメンシェフのクッキングイベント♡

今年は日本スペイン交流400周年ということで色々なイベントが開催されています。
スペインと言えば、今の料理界界を牽引し、世界中から注目を浴びています。
そんな中、服部栄養専門学校にて、スペイン観光局主催の
ショートクッキングイベントが開催されました。
DSC05293

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは服部学院長からご挨拶。
DSC05221

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のショートクッキングのデモンストレーションをくせてくれるのは
スペインからきたおのお二人のシェフ。個性の違う二人のスペイン人って感じよね。
スペイン人って優しくて大好き。このお二人もとっても優しいお二人でした。
DSC05283

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fran Vicente フラン・ビセンテ
現在はウマーネス・デ・マドリッドの「レストラン・コケ」にて料理長をつとめています。
また、コック・パティシェ選手権にて最優秀コックを受賞。
ボキューズ・ドール国際料理コンールでもスペイン代表をつとめました。
DSC05234

 

 

 

 

 

 

 

 

アーモンドスープとフォアグラ〜サクランボとシェリー酒の真珠添え
このぶどうの中にはフォアグラのムースが入っています。
アーモンドの冷たいスープをかけていただきました。
深紅のバラの花びらが情熱の国スペインの想いを届けてくれているようです。
DSC05248

 

 

 

 

 

 

 

 

次は貧しかった時代に農村で作られた料理を進化させました。
スープには、タマネギ、イベリコ豚のハム、チョリソ、パプリカ等が入っています。
DSC05238

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この中心の四角いものは、なんと卵の黄身。卵をオープンで焼いた後、黄身だけ取り出し
四角く整形します。仕上げはマルドンの塩に。粉山葵、クミンをブレンドで味付けします。
DSC05240

 

 

 

 

 

 

 

 

料理にはとても愛情を込めて作っているそうです。
それがお客様に伝わってくれればいいと。
そうスペイン人は愛情豊かな人が多い。私の印象通りです。
DSC05245
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二人目はJose David Fernandez Portales ホセ・ダビッド・フェルナンデス・ポルタレス
「ホテル・シウダッド・デル・フットボル」副料理長。
この生ハムはスペインから抱えて来てくれたのかしら〜。生ハムの似合うシェフですな。
DSC05255

 

 

 

 

 

 

 

 

自己紹介の時には、メモ皆からお話していて、イマイチ・・・と思いましたが
御料理をしだしたら、全く別人。素敵な笑顔と滑らかなお話で会場を
わかせてくれました。笑顔がとってもチャーミングですね。
DSC05262

 

 

 

 

 

 

 

 

すり鉢がとっても気に入ったそうでスペインに持ち帰ると。
そう、すり鉢は日本が誇るとっても便利な道具なんですよ。
作っているのは、ピキーヨのサルサモレホ。
僕がアシスタントみたいだねっと言いながら、
「スペイン」のオリーブオイルを注いでいました。
DSC05266

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうひとつは、マンチェゴーチーズを詰めたポムスフレ、ロメスコソース添え
こんな大きな熊さんみたいなシェフが小さなじゃながいものパイに
チーズを詰めて卵白で蓋をして、揚げてくれます。
DSC05272

 

 

 

 

 

 

 

 

スペインから持ってきたというお皿を持って来てくれました。
プレゼンテーションも料理のひとつですね。
DSC05285

 

 

 

 

 

 

 

 

お二人のお料理を試食させていただきました。
アーモンドスープとフォアグラ〜サクランボとシェリー酒の真珠添え
とっても美味しかったので、レストランでできたてを食べにマドリッドに
行きたくなっちゃいました。
DSC05276
 

 

 

 

 

 

 

このイベントを完全サポートした服部栄養専門学校のスタッフも登場。
試食分も含めてこんなに沢山のスタッフがサポートしてくれたんですね。
真っ赤なお教室が素敵。服部栄養専門学院ってオシャレですね。
DSC05281

 

 

 

 

 

 

 

 

スペイン政府観光局のベアトリス・マルコさんと服部先生と二人のシェフ。
楽しいクッキングショーと美味しい御料理をありがとうございました。
DSC05292

 

 

 

 

 

 

 

 

主催:スペイン観光局

サラベスでパストラミとフレンチトースト

お友達がサラベス代官山店に行きたいというので今回はおつきあい。
2度目の訪問です。まだオープンしてそんなに経っていないこともあり
まだ胡蝶蘭なんかが飾ってあります。
DSC05329

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は前回と違い満席。団体のお客様がはいっていたようです。
はじめはこちらのセンターのテーブルに通されました。
DSC05326

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレンジとブルーのナプキンがセットされています。
DSC05297

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はこちらの席に座りたかったのですが、
タイミングよく出られるお客様がいらしたので望みが叶いました。
DSC05332

DSC05322
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はサラベスの定番メニューのひとつでもある
フラッフィーフレンチトーストをオーダーしました。
サラベスではパンケーキやエッグベネディクトなども定番ですね。
DSC05299

 

 

 

 

 

 

 

 

NYといえばパストラミですしょぉ〜。
代官山にしかないサンドイッチの中からパストラミサンドをオーダーしました。
DSC05300

 

 

 

 

 

 

 

 

パストラミサンド
ボリュームたっぷりねですね〜。ポテトチップスでもいっぱい!
DSC05302

 

 

 

 

 

 

 

 

ビーフパストラミ、ロメインレタス、トマト、フレッシュオニオンが
香ばしくトーストされたパンよりも分厚く入っています。
ホークとナイフもついてるのですが、これはナイフで切れないし
かぶりつくしかない! あまりカップルの方か食べない方がいいかも。
女子同士の時は、お互いに大きな口を開けて食べちゃってね。
DSC05305

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイスレモネードをいただきました。
DSC05308

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フラッフィーフレンチトースト
こちらのフレンチトーストはこのフラッフィーというパンを使っているのが特徴です。
ふわふわっと焼けているのがいいですね。
DSC05313

 

 

 

 

 

 

 

メイプルシロップをたっぷりかけて。
DSC05317

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代官山店はスペースごとにちょっと雰囲気が違います。
それぞれ違う雰囲気も楽しめますね。
DSC05321

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レジでは、焼き菓子を販売しています。
DSC05331

 

 

 

 

 

 

 

 

マフィンやスコーンもいっぱい。
DSC05327

 

 

 

 

 

 

 

お友達は家族にこんなたくさん購入していました。
DSC05334

 

 

 

 

 

 

 

もちろんスコーンにはこの有名なサラベスのジャムですね。
DSC05333

サラベス 代官山店
渋谷区恵比寿西1-35-17 T-SITE Station 2 階
03-5428-6358

確かにバームクーヘンはのこぎり山って感じだね♪

お友達ブロガーのWOMANIAさんから、房総旅行のお土産に
見波亭のバウムクーヘンをいただきました。
特に、熟成バウムのこぎり山という商品はモンドセレクションの
最高金賞を受賞している自慢の品のようです。
IMG_3172

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイーツに適しているという菜の花たまごや、低温殺菌のみよし村の牛乳など
千葉県産の素材を使っていてかめばかむほど甘みが広がる熟成バウムクーヘン。
ちょっとナツメグのスパイシーな香りする大人味です。
もちろんそんなに強い訳ではないので子供もいけると思いますけどね。
IMG_3179

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のこぎり山はこの形に由来します。年間10万個も売れるって凄いね。
さすが、情報感度の高いブロガーさんのお土産でした。

サブロオマジックで小顔メイク〜WATOSA〜

パッケージを手にしただけで、こんなにテンションがあがるコスメがあるでしょうか!!

〜WATOSA〜

DSC04610DSC04619 DSC04623

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キレイになるためにするコスメだもん。
手にしただけで、ワクワクした気分になれて、
これを使ったらキレイになれるってテンションが上がるものだったら超Happyだよね。

私は最初にこのコスメ知ったのは、サロンで雑誌を読んでいた時。
もう、このデザインに釘付けで!!!
早速買いに行ったのを覚えています。

ワトゥサのパッケージデザインは、幸せをつむぐリボン。
自分へのプレゼントのように、女の子みんなへ贈られるプレゼントのような。
そんな愛や想いのつまったコスメ。だからワクワクしてくるんですね。

 
渡辺サブロオ
私が渡辺サブロオ氏を知ったのはKesalan Patharanというブランド。
お花のパッケージがかわいくてカラーものの発色が好きで使っていました。
特にゴールドのルージュがお気に入りでした。その渡辺サブロオ氏が1998年に
立ち上げたブランドがWATOSA。日本におけるヘアーメイクアップアーティスト
の先駆者としてその地位の確立を果たし、現在も第一人者として活躍。
数多くのモデルや女優のヘアーメイクを手がけ、その信頼の厚さから
イメージチェンジを任されることもしばしばの人気メイクアップアーチストです。
スクリーンショット 2013-10-24 1.46.47

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、その表参道にあるLE WATOSA 表参道店 Hello!watosaで
しっかりメイク術を教えていただきました。
DSC04140

 

 

 

 

 

 

 

 

LE WATOSA 表参道店 Hello!watosaでゲットしたのはこちらのラインナップ。
私は並べているだけでテンションが上がったわ〜♡
DSC04616

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乾燥しない、崩れない!!
KISSMILE  「貴 菫」
ワトゥサ キスミレ ファンデーション クリーム/SPF18・PA++/4410円

英語だけじゃんなくて、感じの表記もあったのが新鮮でした。
スミレという文字が使われていますが、9種類のワイルドプランツエキスを組合せて
いるんだとか。だから肌荒れから肌を守ったり、キメも揃えてくれたりするんです。
DSC04601

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テクスチャーはこっくり固め。しっかりしているんだけど、伸ばして行くととても柔らか。
ほら、指で伸ばすと、あれれれぇ〜、しっかり肌に密着しながら伸びて行きます。
DSC05421DSC05422

 

 

 

 

 

これ指で広げただけなんだけど、あまりにもムラなくキレイに簡単に付くので
ビックリしました。もちろん、もっともっとキレイに付けたい。そんな時は
顔全体をスポンジで軽くおさえればOK。塗りムラを抑えてくれるのでより自然で
均一なお肌になります。それにここでスポンジを使うことで、より次のニュアンス
カラーやフィニシングパウダーのツキをキレイに仕上げてくれるん効果もあります。
ちょっと色が暗めですが、次のステップにつながるので気にしないで。
DSC05423

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小顔メイクは光マジックを使って!!
nuance colors
ワトゥサ ニュアンスカラーズ/4色/各3150円
ファンデーション クリームの後に使用するのが、この4色のニュアンスカラーパレット。
お肌に「光」と「影」を作ることで小顔効果が抜群のコントロールパウダーです。
これはワトゥサではマストアイテム。キレイなお肌と小顔効果は、サブロオワタナベの
計算つくされたニュアンスになる色と光、そして影のマジックによって作られるのです。
DSC04643

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケースには、「girl’s be Ambitious」と書いてあります。
そう、乙女のキレイになりたいという大きな欲望はとどまることを知りません!!!
そんな女子にはこのニュアンスカラーを使うといいわ。
でもね、実は大志などもたなくても大丈夫なくらい簡単に小顔メイクが出来ちゃいます。
DSC04608

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サブロオワタナベのPHILOSOPYに基づいた、顔を縦割り、横割りに顔を分割して
ニュアンスカラーを重ねて行くことでメイク術で簡単にきれいなお肌になれました。
ニュアンスカラーの付ける位置はみんな決まっていて、これで光と影を作り出します。
シナモンという一番濃い色をシェイドカラーとして使ったのですが、これ小顔効果が絶大です。
DSC04130
 

 

 

 

 

 

 

こんな風に横にしてすーーっとブラシを動かして。たっぷり付けても大丈夫。
キレイにお肌を整えたら、手のひらをお肌に密着させてパウダーを安定させます。
実は渡辺氏はブラシにもとっても凝っているの。付属のこのブラシも柔らかいつけ
心地で気持ちよい。気持ちよくて、お肌をキレイにしてくれるブラシです。
DSC04107DSC04118

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフェッショナルユースのコンシーラーで欠点をカバー!!
super cover foundation pot’s
ワトゥサ スーパーカヴァー・ファンデーション・ポッツ/3360円

クスミやクマっとどうしても気になる。
そんなコンプレックスは、このチョコレートのような色合いの可愛いパッケージの
コンシーラーで解消してバーフェクトなお肌を目指しちゃいますよ〜ん。
DSC05427

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワトゥサでは5色のスティックタイプのファンデーションがあるんですが
その中の超ベーシックな必須カラーをセットにしたのがこのパレットです。
テクスチャーはさらさらとしていますが、お肌に吸収されるようにするすると伸びて行きます。
これも付け方に独自のメソッドがあって、コンプレックスのないお肌に仕上げてくれました。
まずは、コンプレックス部分にダークファンデーションをのせて同調させます。
明るめのファンデーションで、ダークファンデーションでカバーしたら仕上げはハイライト。
Tゾーン、頬骨のトップ、上まぶた、下唇の山に白を置いてなじませたら完成です!!
DSC05430DSC05431

 

 

 

 

 

 

 

 

私は乾燥肌なのですが、こちらのファンデーションは一日しっとり。
時間が経つほどに、お肌に密着する感じで、なじんで一日キレイなお肌をキープ出来ました。

光と影。自然にお肌になじむテクスチャー。
楽しく使うことで、よりキレイでいたいっていう気持ちが高まります。
メイクって、女性の永遠のパートナーだと思うのよ。

楽しくメイクすることで、ますます女をたのしむぞぉ〜♪

♥ WATOSA オフィシャルサイトはこちら ♥