12/3オープン☆Resort Dining Juppy

画像

12月3日にオープンする六本木のリゾートダイニングJuppy。
オープニングレセプションにご招待いただきました。
DSC07039

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社長の橋本樹里さんとシェフ。日本の女性は美しく、できるのだ!と言わんばかりに
輝いている女性コンビがしっかりお店の屋台骨を支えています。
ちなみに、リゾートダイニングJuppyの店名は樹里社長のJuriとHAPPYを組み合わせているとか。
DSC07100

 

 

 

 

 

 

 

 

明るい店内の中央にはセンターに大きなテーブル。周りを囲むようにテーブルが並びます。
席の間隔のあってお話もしやすい!!!
DSC07052

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワインはフランス、オーストラリアをはじめとしていろいろ取り揃えているようです。
店長さんがソムリエさんなので、ご相談してみてね。
DSC07093

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワインがおすすめとのことでしたが、カクテルも充実しています!!
DSC07054

 

 

 

 

 

 

 

 

オープニングレセプションだというのに、いろいろご用意くださいました。
左のミルクティーのカクテルは、お店の一押しカクテル。
女子にはうれしい、sweetsな味のカクテルでした。
DSC07081
 

 

 

 

 

 

レセプションではこんなお料理を出していただきました。
魅力的。うふtっ❤
DSC07066

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乾杯の後はお料理をどどーーんといたたせきました。
まずは、前菜3盛から。
DSC07064

 

 

 

 

 

 

 

 

レバーパテ
浦和の有名な焼き鳥屋さん田楽さん直伝のレシピに少しアレンジを加え
オリジナルより少し軽い食感にしたパテでした。臭みもなく食べやすい!!!
ぜひ前菜のチョイスに加えたい一品!
DSC07075

 

 

 

 

 

 

 

 

Juppy アイボーンステーキ
すごい大きさですよね!!!アメリカンビーフがどぉ~んと焼かれて出てきました!!!
え!!!厚さがわからないって・・・・???
だったら見せてあげましょう!!!
DSC07089

 

 

 

 

 

 

 

 

手前がIボーン。私はここをしゃぶって。
お肉はしっとりピンク色です。うん!!!ジュウーシーーーー!!!
DSC07091

 

 

 

 

 

 

 

 

牛トロフレーク丼
行列のできる法律相談所で大ブレークした牛トロフレークです!!!
アツアツのLGC米の上に、冷凍の牛トロフレークが
特製のたまり醤油とともにいっぱいかかっています。
徐々にお肉の脂が解けていくので、早くたべないと!!!
使われているLGC米は低糖質のお米なので、
糖尿や腎臓病の方への注目も高まっていますね。
お友達は「これを食べたかった」と、半ば悶絶状態でした!!
DSC07094

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてうれしいお知らせが!!!
lunchメニューで、この牛トロフレーク丼がセットでいただけます!
限定50食の予定だということなので、ありつける可能性ありですよね。
よし、LUNCHにもいかなくちゃ!
DSC07095

 

 

 

 

 

 

 

 

デザートはパンナコッタでした。
ホイッパーで砕いてあるので、ちょっとライスプティングのように見えます。
舌触りの面白いデザートでした。
DSC07116

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に強いお酒をいっきに飲み干すふたり。
DSC07104

 

 

 

 

 

 

 

 

個室のあります。色の変わる華やかな演出の壁が楽しお部屋です。
ちょっと怪しい遊び心がいいですね。
前が縁結びの神様伊勢神宮なので、合コンにいかがでしょうか。
DSC07047DSC07050DSC07049DSC07051

 

 

 

 

 

 

 

 

リゾートダイニングJuppyは12月3日オープン。
DSC07112

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明治屋の並びのファミリーマートを曲がって30秒です!!!
DSC07120

 

 

 

 

 

 

 

♠Resort Dining Juppy
港区六本木7-17-19FLEG六本木SECOND3F
電話番号:03-6447-1625
アクセス:六本木駅 日比谷線2番出口2分/大江戸線4番出口4分

laura mercier Holiday COLLECTION

クリスマス前にはコスメの売り場も華やぎます。
だってこの季節は、彼をゲットするのにラストスパートの女の子もいれば、
華やかなパーティーにお呼ばれすることも多いもの。
女の子は、1年で最もきれいにならなくちゃいけないシーズンです。

ローラメルシエからも心躍るホリデーコレクションが登場しています。

11月22日より数量限定発売のミニリップグラッセセット。
クリスマスらしく赤いリボン付きのギフトパッケージで登場です。
DSC_2625

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mini Lip Glace Collection 限定2色 5250円
 

5本のミニリップは、ボールドブライトとベアヌードの2色。
私は顔なじみの良い色がセットになったベアヌードを選びました。
これ、5本中4本は限定色のまさにホリデーコレクション!
5色あるとパーティーのドレスに合わせてセレクトできて楽しいの。
DSC_2635

 

 

 

 

 

 

 

 

ヌーディーだけど、口元をキラキラといろどってくれる女子必須のアイテムです。
ポーチに入れても邪魔にならないミニサイズがいいですね。
DSC_2642

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♥laura mercier Holiday COLLECTION♥

ローラメルシエでは、12月25日までHoliday special Fairを開催中。
6500円以上お買い物の方には、12月25日まで使える500ポイント(500円相当)をプレゼント。

クリスマスはすぐそこです。
急いでね!!!

 

 

 

大人女子はしっぽり西麻布のリーズナブルな和食へ~あうぐーり~

いつの時代も大人の街西麻布。 この日も有名なアートディレクターにばったり
お会いしました。昔から彼の縄張りはこのあたりだもんね。 そんな大人の街西麻布。
交差点近くにある和食のお店「あうぐーり」へ伺いました。
DSC06837

 

 

 

 

 

 

 

 

女子会だったんだけど、やはり美味しくて、価格的にも納得できないと!!!
遊びなれた女子も満足できちゃう内容の5000円のコースをいただきました。
DSC06784

 

 

 

 

 

 

 

 

ジロール茸のおひたし、源助大根のお浸し。
ホワイトソースの上にお味噌で炊いた源助大根。
さらに柚子みそのソースがかかっていました。
DSC06791

 

 

 

 

 

 

 

 

ジロール茸を和風に食べたのは初めてかも。
DSC06793

 

 

 

 

 

 

 

 

蓋、オープ~ン。
するとトリュフの香りがほわんほわん~っとたちのぼります。
DSC06798

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほら~。トリュフがいっぱいです。これは香るはずだわあ~。
茶碗蒸しはシンプルな卵のもの。とろとろなの~。
DSC06796

 

 

 

 

 

 

 

 

具はトリュフだけです。
かなり直球勝負やね!!!香りを堪能した一皿でした。
DSC06799

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鱈と白子のカルパッチョ
冬の味覚って感じでいいですね。蕪はあやめ雪を使っているのかしら?
DSC06803

 

 

 

 

 

 

 

 

本鮪のほほ肉のステーキ
よく味わうと鮪の触感を感じますが、まるでお肉のようにしっかりとしています。
大根おろしでさっぱりといただきました。
DSC06809

 

 

 

 

 

 

 

 

イベリコ豚の炭火焼き
メインはがっつりお肉の炭火焼きです。お肉の味わいを堪能しました。
添えらえれた紅新大根もみずみずしくて、大きなお肉も最後まで
飽きさせず食べさせてくれる名脇役でした。
DSC06814

 

 

 

 

 

 

 

 

フォアグラの炊き込みご飯
土鍋の中にはフォアグがどん!!!と乗っています。
香味野菜もたっぷり!!!迫力ですね。
DSC06819

 

 

 

 

 

 

 

 

目の前で丁寧に混ぜてくれるのでお腹がいっぱいなのに、ごはんの別腹が出来ました!
DSC06824

 

 

 

 

 

 

 

 

お茶碗に盛り付けられてでてきました。
ちょっと無駄なショットですが、ごはんと土鍋(汗)!!
ごはんはフォアグラの脂分がからみつき、しっとりツヤツヤ。
DSC06829DSC06830

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デザートは栗のアイスクリーム
かわいいお皿に盛り付けられてでてきました。
しっかり栗の味ながら、後味さっぱりのアイスクリームでした。
DSC06831

 

 

 

 

 

 

 

 

5000円でこの内容は嬉しいですよね。
女性同士の集まり以外にも幅広く使えそう。
知っておくと便利なお店です。

 

創作和食 西麻布 あうぐーり Auguri
[西麻布 和食イタリアン]
創作和食 西麻布 あうぐーり Auguri
地下鉄日比谷線六本木駅 2番出口 徒歩6分
〒106-0031 東京都港区西麻布1-12-4 西麻布紀伊国屋ビルB1(地図
ぐるなびで 創作和食 西麻布 あうぐーり Auguri の詳細情報を見る
※2013年11月27日現在の情報です

 

 

 

囲炉裏の御夕飯

雲海の見られる田舎宿「やきもち屋」さんの食事は囲炉裏を囲んでいただきます。
つやつやに磨かれた床に藁の座布団が置かれています。
IMG_3791

 

 

 

 

 

 

 

 

炭火の入ったテーブルで頂きます。
IMG_3798

 

 

 

 

 

 

 

 

おひたしや天ぷらなどがあらかじめセット。
IMG_3801

 

 

 

 

 

 

 

素朴な料理は癒されるものですね。
IMG_3802

 

 

 

 

 

 

 

 

鱒のお刺身や茶碗蒸しなど。
IMG_3807IMG_3808

 

 

 

 

 

囲炉裏で炙る素材が運ばれてきました。
IMG_3818

 

 

 

 

 

 

 

 

お肉もお野菜もたっぷり!!
IMG_3821

 

 

 

 

 

 

 

 

手羽は少しゆっくり目に焼きます。
鮎の開きなんかもありました。
IMG_3825

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

囲炉裏にはぶっこみと言う鍋がかかっているので、食べたい人は好きなだけ。
自分で取るのでみなさん囲炉裏の前で写真撮影をしていました。
IMG_3830

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お野菜たっぷりの煮込みですが、太いうどんみたいなものが入っていました。
お手製のちょっと辛いお味噌を入れて。
IMG_3828

 

 

 

 

 

 

 

 

おやきも出して頂きました。
IMG_3827

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらで一杯という方のために飲み物のメニューも載せておきますね。
IMG_3810 IMG_3811

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一夜明けて朝食は定番の和食。
雲海を見た後だつたので早朝に見かけた顔もちらほら。
「先ほどはどうも」などと声を掛け合ったりと、アットホームなお宿でした。
IMG_3933

 

 

 

 

 

 

 

 

実はやきもち屋さんは公共のお宿。
茅葺の建物でリーズナブルな価格で田舎の素朴な雰囲気を楽しめるし
雲海も見られて素敵な体験ができるお宿でした。

 

やきもち家
長野県長野市中条日下野5286
026-267-2641
<アクセス>
■電車利用
JR長野駅善光寺口より高府・初引行きバスで約40分、中条バス停にて下車。
中条バス停とやきもち家間の送迎あり。(要予約)もしくは長野駅下車タクシー30分
■バス利用
中条バス停下車タクシー15分
■自動車利用
上信越自動車道・長野I.Cより国道19号線白馬松本方面へ→笹平トンネル東信号
左折県道31号線へ。県道31号線を中条方面へ中条トンネル出たらすぐを右折
(トンネル出口付近で右折ウィンカー)そのあと看板通りに走ってください。

雲海を見にやきもち家さんへ。

先日ちょっと長野に行ってきました。目的はこの雲海を見にね。
雲海は、前日の天気、その日の朝の気温なんかによって霧がうまく出ない時も
あるけど、今回はなんとかまずまずの雲海が見られました。
標高704m。スカイツリーなんて目じゃない高さです。
IMG_3886

 

 

 

 

 

 

 

 

でもこの雲海。水墨画みたいで、感動しました。
いまひとつと言っても私には久々の雲海です。
刻々と変わる風景を見ている、その雲の動く様も楽しいのです。
5時過ぎにはほとんど見えなかったのに、この日は6時過ぎぐらいから
雲が生きているように動くんです。ほんと、感動ものです。
本当はもっと寒い方がいいようですが・・・。
IMG_3905

 

 

 

 

 

 

 

光が見えてきたので、光の方を見てみると、天使のはしごが出ていました。
写真では分かりにくいのですが、何となく分かりますか。
幸せが迎えに来てくれたみたいです。
IMG_3869

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてご来光。霧に太陽の光が反射して
水墨画の世界からリアルな世界に変わって行きました。
IMG_3879

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽がすっかり登ったらお宿にも賑わってきます。
この宿だけは宿の方よりお客りの方が早起きなんです。
実は露天風呂からもこの雲海がみられたりするんですよ。
贅沢でしょ。最近はこういうことが最上の贅沢と感じられるようになりました。
IMG_3923

 

 

 

 

 

 

 

 

この茅葺きの屋根の古民家がやきもち家さんの本館です。
ここには客室3室と囲炉裏のお部屋があって、御夕飯を食べたり
お焼きを焼いたりしているのです。
IMG_3895

 

 

 

 

 

 

 

 

3室の本館と新館を結ぶ廊下です。
この廊下の中央くらいにお風呂があります。
湧かし湯だと思うのですが、温泉でした。
IMG_3859

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この本館の囲炉裏では、長野名物のおやきを焼いていました。
IMG_3930

 

 

 

 

 

 

 

 

実はお焼きってこういう囲炉裏で灰をかぶって焼くのが本式。
確かに灰の上で焼くんですから、裏返したら灰がついているのは当たりまえ。
一緒に行った友人はお焼きを食べて初めて美味しいと思ったと言ってまいした。
IMG_3938

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は灰を落としていただきます。
皮がね〜カリッとしていて中にはぎっしり野沢菜が入っていて美味しいの。
他ではなかなか食べられない、美味しいお焼きです。
IMG_3942

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お焼きは色々な種類があって楽しいね〜。
今回は夕飯の時に野沢菜しか食べられなかったけど
次回は切り干し大根食べたいな〜。
IMG_3941

 

 

 

 

 

 

 

 

囲炉裏の煙がモクモクしているので高い天井は真っ黒です。
いぶされた天井は毎日炭で火をおこして、その煙でいぶされたもの。
昔の家はこんなだったんだなって、なんだか懐かしくなるお宿です。
IMG_3951

 

 

 

 

 

 

 

 

やきもち家
長野県長野市中条日下野5286
026-267-2641
<アクセス>
■電車利用
JR長野駅善光寺口より高府・初引行きバスで約40分、中条バス停にて下車。
中条バス停とやきもち家間の送迎あり。(要予約)もしくは長野駅下車タクシー30分
■バス利用
中条バス停下車タクシー15分
■自動車利用
上信越自動車道・長野I.Cより国道19号線白馬松本方面へ→笹平トンネル東信号
左折県道31号線へ。県道31号線を中条方面へ中条トンネル出たらすぐを右折
(トンネル出口付近で右折ウィンカー)そのあと看板通りに走ってください。

 

 

 

昨晩はやっぱりワゴンデセールまで・・・(汗)

昨日は超久々にシェ・イノに行きました。
というかこちらのお店はチャリティーカレー以外はお初のご訪問です。
DSC06938

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラシカルな格式高いお店ですが、まだまだ大人気。
満席の大盛況でした。さすが銀座の風格をしっかり守る名店です。
DSC06843

 

 

 

 

 

 

 

 

グランデセールが出てきたのに・・・。
イノ定番のワゴンデセールがやってきました。
きっと、このまま帰したに文句言われる〜〜と
危険を察知したメートルの方々、流石です。
DSC06922

 

 

 

 

 

 

 

 

シェ・イノの夜は、しっとりと暮れていくのでした。
DSC06941

小布施堂の新栗の栗むし

小布施と言えば栗。小布施堂、桜井甘精堂、竹風堂等があります。
今回は小布施堂系列の傘風楼でランチをしたこともあり、
併設している傘風楼の店舗でお土産を買ってみました。
IMG_3708

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど新栗の季節だったので、大好きな栗むしを購入しました。
DSC06557

 

 

 

 

 

 

 

 

栗のあんの中に、渋皮煮の栗が入っているんです。
リッチな感じで贅沢ですよね。
もちろんお家で独り占め(一人暮らしなんだから当たり前だけど・・・)
DSC06559

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは小布施堂本店。
IMG_3750

 

 

 

 

 

 

 

 

小布施堂とは関係ありませんが、小布施の街中には、焼きぐりの露天が
所々にあります。私も今回買っちゃった。
IMG_3759

 

 

 

 

 

 

 

 

つやつやの栗を焼いています。
IMG_3717

 

 

 

 

 

 

 

 

焼きたてはホクホク。
ちょっと寒くなった季節に、温かい栗は一粒の口腹。
IMG_3761

 

 

 

 

 

 

 

 

栗を方ばりながら、栗の町小布施を楽しむのもいいですね。
IMG_3712

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠小布施堂オフィシャルサイト

予約のとれない人気のお値打ちフレンチ〜bacar〜

予約の取れない店っていくつかありますが、神泉にあるバカールもそのひとつ。
そんなバカールにオープン以来通っている友人から、さくらさんバカールの予約が
とれたから行かない?という連絡が。予定がなかったので即、行きます!!!表明をしました。
IMG_6202

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。その人気の秘密。とくと解き明かしてみましょうか。
私も色々な方のブログで拝見していてる、このシャンパンの並々つぎ。
表面張力でグラスから少しふくれだしているの分かりますか?
IMG_6093

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コースは6300円のコース。オススメ5品からなるスタンダードコースです。
もうひとつは事前予約の必要な7900円のコースがあります。
IMG_6096

 

 

 

 

 

 

 

 

5つの味のプチトマト
アミューズグールはなんと輝くぱかりのプチトマトがひとつ。
ポーション的には、うっ・・・小さい。と思うかもしれませんが、存在感たるや抜群です!
甘味、酸味、辛味、苦味、塩味を感じる贅沢で楽しいそのトマト。
キャラメリゼしてあるのですが回りには、フレッシュなローズマリー、
様々なスパイかが使われ、それを同時に味わう事で5つの味がかんじられます。
口の中に広がる、めくるめく味の連鎖。癖になってしまいそうなお味です!!!
IMG_6100

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バカールの名物になっているのは、この籠に入った5種類ほどのパン。
IMG_6103

 

 

 

 

 

 

 

 

みんながお願いしたパンを並べてみました。
私はブリオシュと青のりの入ったパンの2つチョイスしました。
ブリオッシュには、「bacar」「ばかーる」って書いてあっておチャメ。
IMG_6125

 

 

 

 

 

 

 

 

パンに合わされるのは、バターとリエット。
パンだけでも充分美味しくて、食べ過ぎに気をつけないといけないのだけれど
これがまたパンがススム君になっちゃうの〜。お料理が美味しく食べられる程度に
楽しまなくちゃ。食べたい要求をぐぐっと抑え、パンを楽しみました。
IMG_6108

 

 

 

 

 

 

 

さてっと。お料理に行ってみましょう〜。

日本各地からと取り寄せた有機野菜と兵庫県産ズワイ蟹のカニ味噌の”フレンチ”バーニャカウダー
氷の器を思わせるようなガラスの器です。色とりどりの野菜が美しく並べられています。
ロマネスコ、ラーパロッサ、タルティーボ、紅白大根、五郎島金時
宇陀金ごぼう、金時人参、韓国カボチャなど珍しいお野菜も沢山入っていて
味も見た目もとっても楽しいの。
IMG_6109

 

 

 

 

 

 

 

 

バーニャカウダーソースはズワイ蟹のカニ味噌を使ったちょっと和風を思わせるソース。
アンチョビのきつい塩気ではなく、カニ味噌の濃厚なソース。
カニのほぐし身も使っているので、野菜に絡めてリッチにいただきました。
IMG_6117IMG_6120

 

 

 

 

 

 

 

 

マイクロトマトや面白かったオイスターリーフはお塩でいただきました。
左上の小さな葉っぱ「オイスターリーフ」は目をつぶって食べると、牡蠣の味がするの〜。
野菜って本当に奥深くって楽しいですよね。
IMG_6111

 

 

 

 

 

 

 

 

コンソメゼリーとカリフラワーのカクテル仕立て 北海道の塩水ウニと海の幸のアレンジで
どんだけぎっしり詰めてあるんですかぁぁぁ。ってこれ見たら感動しちゃうでしょ。
カリフラワーのクリームの上には、南仏野菜、コンソメゼリー、塩水ウニ、つぶがい、
オマール海老、はまぐり、のどぐろの炙り、蛤のエキスで作った泡の組合せ。
IMG_6129

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の海の幸をそのままいただきたい気分を抑えて、下の滑らかなカリフラワーの
クリームとともにいただきます。海の幸のねっとり、しっかりした味をコンソメ
ゼリーとクリームを包み込むようにして一緒にいただくと、優しく口の中に入っていきました。
IMG_6133

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルターニュ産のうずらに麦を詰めた丸ごとロースト ポルト酒薫るソース
ナイフを入れると中に入っている麦とウズラのぎっしりぽろぉ〜っと出てきます。
麦はうずらの旨味をたっぷり吸い込んで、ウズラと一緒にいただくと、うずらの
しっかりした旨味のお肉の旨味をたっぷり吸った麦のプチプチ、モチモチ感が
美味しいの〜。うずらを肉汁まで余すところなく、堪能ししまた。
IMG_6136

 

 

 

 

 

 

 

 

うふふふ。このうずらちゃやが私の目の前に運ばれてまいりました〜。
シェリー酒の少し甘めのソースがかかっていました。
ガルニチュールの強い風味と甘みも味わいました。
IMG_6144

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上からみるとこんな感じ。白いプレートだとソースやお野菜が映えますね。
IMG_6145
 

 

 

 

 

 

 

 

「意気込み」鉄鍋炊きあげごはん
STAUBに入って熱々に炊かれて出てきました。
IMG_6148

 

 

 

 

 

 

 

 

蓋を開けると、ツヤツヤのご飯の上には鯖とフォアグラと木の芽がのっていました。
ご飯だけでも美味しいんだけど、濃厚なフォアグラだけだとだらっとしてしまいそうですが
軽く黒山椒の香りがきいた鯖の味が味をキリリッと凛々しくしてくれます。
木の芽の香りの組合せがさらに奥深い味にしてくれました。
IMG_6154

 

 

 

 

 

 

 

 

パルミジャーノや岩塩、唐辛子等をお好みで。
私は最後だけパルミジャーノを少し足していただきました。
IMG_6149

 

 

 

 

 

 

 

 

デザートはかなりフォトジェニックなものが出てきました!!!
ふわふわの綿菓子に包まれてころんとした器の中にはバラのアイスクリームが登場しました。
上のチョコレートの上に熱々のラズベリーのソースを目の前でかけてくれます。
これね私の方が正面だから、逆側からハート形にソースをたらしてくれているね。
これ絶対に沢山練習したよね〜。こういう見えない努力に感動しちゃうのよ。ワタクシはね。
IMG_6162

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チョコレートに熱が入って溶けるとはらぁ〜っと
チョコレートがアイスクリームの上に落ちていきます。
IMG_6162IMG_6165

 

 

 

 

 

 

 

 

デザートのことばっかり書いちゃって恐縮ですが、上からみるとこんな感じ。
美しいハートがたにぬけていて、超ラブリー。
IMG_6172

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてグラスの中にももうひとつのハートがあって、なんだかほっこりしちゃいます。
IMG_6186

 

 

 

 

 

 

 

 

フレッシュハーブティー
コーヒーと紅茶がデフォですが、+300円だったかな。
でこちらのハーブティーに変更することが可能です。
IMG_6197

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はできたての生キャラメルで。
超ふにゃふにゃで柔らかいの。
こういうのを出していただけると小菓子までが楽しみになりますね。
IMG_6201

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しいお料理に、ソムリエの金山さんの楽しいトーク。
笑いの絶えない3時間でした。
こんなに楽しくって6300円。
予約の取れない訳が分かりました。
次回、ラッキーにも予約が取れたら7900円のコースをいただいてみたいものです。

 

♠レストラン バカール
渋谷区松濤2-14-5 ヴィラ松濤1F
03-6804-7178
レストランの最終入店は20:30。
20時半以降はアラカルトメニューでのオーダーで。
予約の取れないお店なので
当日電話して20:30以降の入店という技も良さそうですね。

THE CITY BAKERY 品川

ニューヨークで1990年にスタートしたベーカリー。
このカフェはテレビドラマ「Sex and the City」ですが
ニューヨーカーから愛され続けるパン屋さんが大阪に上陸したのは今年の4月。
2号店として11月にNYをテーマにしたアトレ品川にオープンしました。
DSC06772

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕方、パンを買いに行っただけなのだけれど、
友達との待ち合わせの前に時間があったのでカフェちょっとひとやすみ。
この日はコーヒーとレモンパイをいただきました。
NY1位と言われるブラウニーが有名ですが、この日の気分はレモンパイだったの。
DSC06763

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

品川店には、カフェスペースとレストラン&バースペースがあります。
こちらで有名なブレッツェルクロワッサンのついた朝食とかいただきたいな〜。
さすがに有名なプレッツェルクロワッサンは売り切れておりました。
DSC06777

 

 

 

 

 

 

 

 

店内のセンターにあるカウンターの奥がレストランスペース。
DSC06776

 

 

 

 

 

 

 

 

次はホットチョコレートにマシュマロを浮かべていただこう。
DSC06781

 

 

 

 

 

 

 

 

THE CITY BAKERY ザ・シティ・ベーカリー
港区港南2-18-1 アトレ品川 2F
03-6717-0960