原宿でハワイを感じて♡9年連続ハワイのベストバーガーに輝いたTeddy’s Bigger Burgers

4月14日にリニューアルしたTeddy’s Bigger Burgersにお招きいただき
新メニューを食べてきました。
DSC04633_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールデンウイークはカレンダー通り。
世間はワクワクムードなのに、私は仕事で切ないなぁ~と思っていました。
このフルーツがてんこ盛りのパンケーキを前にしたらそんな思いも一気に吹っ飛びました!!!
だって、キラキラしたフルーツ。
頑張っているご褒美って、ハワイの神様からのプレゼントみたいじゃない。
もう、こんなの食べたら、仕事はあとひと踏ん張りもふた踏ん張りもしちゃうわよ~。
DSC04623 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メイプルシロップはかけなくても十分なのですが、私は甘いモノ大好き~♡
なのでかけていただきました。
DSC04632 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハワイとかアメリカとか大きくて重い・・・海外だとやたら甘いだけっていうのが
多いイメージがあったけど、最近は違うのね。
この生クリームのフワフワ感。是非お試しいただきたい!!!
ふわぁ~んすんごぉ~い軽いのよ。
どんどん溶けちゃうから、パンケーキが届いたらすぐにこのフワフワ感を楽しんで~。
DSC04626_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてフルーツ。これもカットしたものを入れているのではなくお店でカット。
店長さんに、これフレッシュなんだけどお店でカットしているんですか?と
聞いたところ、「はい。だってそのほうが断然美味しいですから!!!」と。
DSC04629 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはハワイなのに軽いのがいいと思ったのたはハンバーガーを食べてからも感じました。
すごいボリュームでしょ~。チーズもとろぉ~り。でもこれあっという間に食べちゃった。
ちなみにこちら。スペシャルティーのアボカド。このお店の一番人気メニューです。
DSC04615_1 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

この分厚いバンズ。これもふわふわ~なの。そして中のパテも柔らかく作ってあるので、
全体的に軽い。だからペロリって食べちゃいました。オニオンリングとフレンチフライから
チョイスできるのですが、私はオニオンリングが大好きなのでこちらをチョイス。
DSC04614_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

大きさは3種類。真ん中の7ozはiPhone5と直径がほぼ一緒です。
私が食べたのは一番小さなサイズの5oz 140g。
ピッゲストの9ozは255gですしたが、たぶん7ozくらいは若い子だったら
ペロッといけちゃうのではないかと思います(少なくとも私はそうだった・・・汗)。
DSC04646 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

最近注目のアサイーボウルもありました。
フルーツたっぷり少し凍っていていシャリシャリ感の残るアサイーボウルは酸味も抑え目。
DSC04619 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ハワイのメニューが加わってますますハワイ度アップのTeddy’s Bigger Burgers。
DSC04642 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

オープンエアーなテラスもあるので、原宿でハワイの風を楽しんでね~。
DSC04649 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Teddy’s Bigger Burgers
住所:東京都渋谷区神宮前6-28-5 宮崎ビル 2F
電話:03-5774-2288
最寄駅:明治神宮前(原宿)駅 7番出口から徒歩1分

桜満開の夕膳~喜ら里の桜御膳~

喜ら里でのお食事は、きなという1階のレストランでした。
こじんまりした20数室の旅館のちっと和風のお食事処で
朝食も夕食もこちらでいただきました。
IMG_5559 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は桜の季節というかり素敵なシーズンにお邪魔したのですが、
お料理までも桜づくという趣向でおもてなしいただき、大満足な1泊の滞在でした。
IMG_5576 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

桜豆腐 天豆、うに、花びら百合根、わさび
少しうるいを模した器の中にほんのりピンクに色づいた桜豆腐が盛られています。
ここには、今が旬のソラマメや花びら形の百合根が添えられてかなりぐっときちいました。
IMG_5539 (2)
 

 

 

 

 

 

うるい辛子浸し 桜海老和え
これも桜エビで桜を使っていますね。うるいの辛子合えになっていて春を感じる一品です。
IMG_5543 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

蛍烏賊とフルーツのヨーグルト和え
焼帆立貝、キウイ、苺、新玉葱サラダ仕立て、ヨーグルトドレッシング
IMG_5533 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

和牛味噌漬け
セルフィーユ、煮卵、鳥賊明太月冠
IMG_5534 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

沖の物
マグロ、カンパチ、烏賊、妻一式
IMG_5536 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

鰆山吹焼き
蕗山葵煮、カリフラワー酢漬け、はじかみ
IMG_5537 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

エゴマ豚と山菜のすき焼き
たけのこ、わらび、独活、春菊、長ネギ、焼き豆腐がお皿に
もられているので自分で鍋の中ですき焼きにします。
タケノコや山菜で旬の味覚を堪能しました。
IMG_5545 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

溶き卵を絡めていただきます。お肉も柔らかくて美味しかったです。
IMG_5549
 

 

 

 

 

よもぎ水晶饅頭 昆布あん、山わさび
これは美しい水晶色。ヨモギ饅頭はとってもモチモチで美味しかったです。
IMG_5547 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

海老しんじょう
桜鯛気味揚げ、山菜、素塩
IMG_5550 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ご飯;ひじきご飯、三つ葉
汁;鯵つみれ、しそめん、万能ネギ
香の物 三種盛り
IMG_5551 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

豆腐ババロア メロン ミント
IMG_5557 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お店は和風の雰囲気。
既に私たちが最後のお客さんだったので翌朝の準備も進められていました。
サービスしてくれたのはいわゆるおばちゃんだったのですが、気取らないけど
楽しい対応をしてくれたのが返ってほっとした感じ。おなか一杯でまた温泉に向かいました。
IMG_5558 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お部屋や温泉の様子はこちら
 

 

福島 岳温泉喜ら里
福島県二本松市岳温泉1-106
TEL 0120-29-2225 / 0243-24-2225

 

 

桜満開♡岳温泉の酸性泉源泉かけ流しの宿『喜ら里』

都内で忙しくてお花見ができなかった私。桜は私を導いてくれました。
福島は岳温泉。郡山と福島の中間に位置する二本松にあります。
訪れた時、さくらがまさに満開。さくらのゲートをくぐって、お散歩することができました。
IMG_5610 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

安達太良山が近いこの温泉地。
湯本は安達太良山連峰の鉄山直下、標高1,500mにあり、8km引き湯される間に
適度に揉まれ、肌にやさしい柔らかなお湯となっています。
しかし、雪化粧の安達太良山と桜を一緒に見ることができるなんて素敵でしょ。
IMG_5641 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

酸性泉源泉かけ流しの宿『喜ら里』に宿泊しました。
なかなか雰囲気もいいですね。
二本松の駅に到着時間に迎えに来てくれたりと、旅館の方の対応もとても丁寧でした。
IMG_5647 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

エントランスを入ってすぐに、フロントがあります。
左側にはロビー。
IMG_5658 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お部屋はこじんまりしていましたが、窓からは二本松の温泉街が見渡せます。
IMG_5513 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

小間もついていて、着替えとか、荷物はこちらに置けます。
こういうの便利ですね。
IMG_5515 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お風呂は24時間入れます。こちらは女湯。
IMG_5560 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

露天風呂もありました。
お風呂の入口には、マッサージ機も2台あって
無料なので3回くらいいろいろなコースをお試ししちゃった。
IMG_5562

 

 

 

 

 

 

 

 

朝食の前にお散歩を。
IMG_5565 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

足湯なんかもあるので、温泉街を散策しながら足湯でのんびりっていうのもいいかもしれませんね。
IMG_5571 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温泉街の中を通る川には途中温泉がでてる?って場所もあったりして。
あまり温泉臭くないのも岳温泉のいいところかも。
IMG_5626 (2)
 

 

 

 

 

 

 

すずめたちも桜の中で遊んでました。
IMG_5637 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

近くに公園もあるのでちょっと散策。
IMG_5585 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

もっとゆっくりしたかったなぁ~。
IMG_5602 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

朝食は竹籠に入れられてモダンな造りに。
楽天トラベルから予約したんだけど、評価がとっても良かったの。
トリップアドバイザーでも二本松で1位でした。
お値段も手頃だし、これは評価が高いのも納得のお宿だわ~。
IMG_5665 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

食後のコーヒーはロビーでセルフサービス。
こじんまりした温泉街で、のんびり、ゆったりするにはとってもいいと思います。
私もまた機会があったら、次回はのんびり何もしない!と決め込んで伺いたいです。
IMG_5668 (2)

 

 

 

 

 

 

 

このりすが街のトレードマークのようであちこちにイラストがありました。
空にはとんびも飛んでて、ほんとのどか~な雰囲気でした。
IMG_5640

 

 

 

 

 

 

 

 

福島 岳温泉喜ら里
福島県二本松市岳温泉1-106
TEL 0120-29-2225 / 0243-24-2225

月島で飛騨牛!上質なお肉は溶ろけるよ~。サーロインからごちゃまぜ焼きまで楽しんで♪

飛騨牛 タレサーロインだよ~。大きなお肉をそのまま焼くとかなぁ~りのド・迫力!!!
DSC03990 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月島で飛騨牛!!!

今回はね。月島に『飛騨牛』を食べに行ってきました~♪
月島はどうしてももんじゃのイメージが強いですが、実は焼肉屋さんも多い。
DSC04138 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

さっきのサーロインはね、店員さんがお肉の頃合いを見計らって、手際よく焼いてくれました。
きれいなサシの入ったお肉を鉄板に広げてね。
お肉の一番美味しい焼き頃が来たら、トングでさささーーーーーっと。
赤いお肉にドントン火が入っていくのを見ているだけでもワクワクする。
お肉を食べてる時は、女子も闘魂魂に火が付きますね!!
DSC04006 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

柔らかくて、口の中でとろけるぅ~っ。
そんな美味しいお肉を溶き卵につけて。すき焼きみたいにいただくのが在市流!
お肉はやっぱりいいやねぇ~♡甘味があって、口の中でとろけるんだよ~。
このお肉。飛騨高山の飛騨牛専門牧場「山武牧場」のメスのA4、A5の
サーロインを使用しています。タレのほかに塩でさっぱりもある。
この食べ方も好きだけど、さっぱり食べたい人は塩サーロインでどうぞ。
DSC04009 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お次は「極上タン塩」も行っちゃうよ~。
タン塩ってさ。薄いのもあるけど、ある程度厚く切ってくれるとそれだけで燃えるぅ~。
DSC03971 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめネギは分けて焼いてくれるんだけど、食べごろになったらこんな風にネギは上に乗せてっと。
DSC03982 (4)

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンボケでごめんなちゃい。
こんな風に二つの折ってっと。
レモン汁につけて、ぱくっといただきました~♪
DSC03986 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

盛り合わせは、「肩三角・リブシン・三角バラ」。
サシがすごいお肉がいっぱいだよ~。
DSC04024 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

分からなくなりがちな盛り合わせもしっかりタグがついているから安心さ。
DSC04026 (3)DSC04028 (3)DSC04027 (3)

 

 

 

 

 

 

もうね。このクラスのお肉になるとそのまま食べてお肉の味を堪能~ってことも出来ちゃうんだれど
今回は、そんなお肉の味も楽しみつつ、肩三角とリブシンはたれでいただいたりとかしました。
DSC04043 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

三角バラもじゅわぁ~っと焼いて。
DSC04053 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

私は玉子につけていただきました。
DSC04052 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

在市の自慢の味っていうことで、ごちゃ混ぜ焼肉いうのが壁にかかっていたよ~。
ふむふむ。秘伝のたれに赤身やホルモンをもみ込み焼き上げるんだって。
自慢の味っていうくらいだもん。これは食べとかないとでしょ!!!
DSC04134 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごちゃ混ぜ焼というのは、赤身1:ホルモン3という黄金比でできているらしい。
初めての人は味噌だけということですので是非味噌だれからチャレンジしてみましょうか。
DSC04125 (2)
 

 

 

 

 

 

 

ごちゃまぜ焼き(タン・ハチノス・中落ちカルビ・ホソ)
秘伝のたれの味付けバージョンもありますよ~。
DSC04097 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

この日の赤みは中おちカルビでした。仕入によってお肉の種類が変わるみたいですよ~。
DSC04100 (2)
 

 

 

 

 

 

 

九条ネギホルモンセット(上ミノ・ウルテ・ホソ・テッチャン)
やっほぉ~い。ホルモンだぜぃ。って感じで登場したよ~。
どんな高級焼肉屋さんに行っても、てか高級で新鮮であればあるほど
ホルモンも試したくなるぅ~。九条ネギがたっぷり混ざったごちゃぜ焼き。
DSC04065 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ホルモンは脂が多いから、煙もすごいけど、このお肉が”くるん”、”プクッ”
となるのは、焼肉屋さんに来たら一目拝んどかないとね~。
DSC04082 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店には、福は内ならぬ福は肉と書かれています。
そうそう。美味しいお肉を食べると、元気になって、笑顔になる。
確かに福が舞い込んで、強運体質になりそうですね~。
DSC04118 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

九条ネギと飛騨牛の土鍋ごはん
飛騨牛の炊き込みごはんなんて初めて食べました。
だいぶ脂が出ていてちょっとチャーハンみたいな味わいになるけれど、
ネギもいっぱい入っているので意外と完食しちゃいました。
DSC04047 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

デザートには濃厚プリンを出していただきまました。
DSC04119 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

席間もゆとりがあるから、ゆったりとお肉を楽しむことができました。
DSC04136 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

在市は有楽町線・都営大江戸線 月島駅10番出口より徒歩1分。
中央区立月島図書館の隣。駅からだと上についているごちゃまぜ焼きの提灯が目印ですよ。
DSC04142 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

♠ホルモン在市 (ざいち)
中央区月島2-14-8 AMビル1,2F
03-6228-2738

ラデュレのPOP UP Storeが丸の内にOPEN♪

本日丸の内仲通りにオーブンした、ラデュレのPOP UP Storeのプレオープンにお邪魔してきました。
きゃーーー。入口からモールディングのしてあるおフランスのエントランス。しかもラデュレカラー。
これはぱっと目を引くこと間違いなしで、中で買い物をしていても
店舗を覗き込んでいる方々がたくさんいらっしゃいました。
DSC04579

 

 

 

 

 

 

 

 

中に入るともっとテンションが上がります。
きらびやかなシャンデリアとラデュレカラーの什器。
DSC04576 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ラデュレの馬車もあるぅ~❤❤❤。
ラデュレは例え期間限定のポップアップストアでもきちんと作りこむという決まりがあるらしく
こちらもしっかりした店構えになっています。仮店舗とは全く思えない楽しさです。
DSC04554 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

丸の内店はマカロンがメイン。
カラフルなマカロンを見ると、ますますテンションアップぅ~~~。
DSC04559 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

12種類の定番マカロンに加えて、
DSC04561 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

~acaron Mangue Jasmin マカロン・マング・ジャスマン~という
ここでしか買えない丸の内店限定のマカロンもありますよ~。
DSC04560 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マカロンボックスはどれもかわいいけれど丸の内限定ボックスもあるんだって~。
DSC04567 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“ポワ”という名前のボックスで、ドット柄のボックスにブラックのサテンリボンがかけられています。
カラーは、ローズとブルー。8個入りで、3380円。これも欲しい~~~。
DSC04569 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ほかにも他にもぉぉぉ。
ボックスかわいすぎ。ここにいるだけで、ラデュレの世界に浸れるぅ~。
チャーム、クッキー、コンフィチュール、紅茶のラインだけでなく
キャンドル、ルームパルファンとかのボーテもありました。
collage

 

 

 

 

 

 

 

 

このボックスもラデュレだわあ~ん♡
DSC04573 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ショーウインドーや店内にもマカロンブーシュ。
DSC04580 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お家でもしっかりラデュレ気分。
マカロンアンクロワイヤル、かわゆっす♡
DSC04596_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丸の内店限定のマング・ジャスマンも買ってきました。
フレッシュなマンゴーの味に加えて、
あとからジャスミンのほのかな香りがライトノートのように残ります。
南国の高級ホテルのアフタヌーンティーの雰囲気ですよ。
DSC04605_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

いひひひ。バックチャームも買っちゃった。
他のチャームも持っているからセットで使おうっと♪
DSC04608_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

10月26日(日)までの期間限定営業です。

 

ラデュレ丸の内ブティック
千代田区丸の内3-2-3 富士ビル1F
TEL: 03-3212-3701

リーズナブルなのにトリュフがいっぱい♡セラフィーナニューヨーク

『Serafina(セラフィーナ)』。とてもきれいな響きですが、実はイタリア女性の古くからある定番の名前。
おばあちゃん世代のポピュラーな名前なんですよ。とオーナーのヴィットリアはお話してくれました。
DSC04403 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

Serafina NEW YORKは、1995年に、Vittorio Assaf(ヴィットリオ・アサフ)と Fabio Granato
(ファビオ・グラナート)が ピザをメーンとしたイタリア料理店「Serafina・Fabulous・Pizza」を
ニューヨークで開業しました。ベースはマンマの味ですが、それを洗練されたイタリアンに
アレンジ。リーズナブルにいただけるとあって、あっという間に火が付き、マドンナやレディ・ガガ、
トムクルーズやディカプリオなどのセレブたちが通う、NYのイタリアンとして有名になり、
日本では、2012年パレスホテル内のレストラン街にオープンしました。
そんなSerafina NEW YORKの共同経営者のおひとり、Vittoriosと一緒に
お食事をするという素敵な会にお招きいただき、ワクワクしながらお店に伺いました。

 

ラフォカッチャ レジェーラ
え!!!これって、フォカッチャですか???
ちょっとクリスピーな感じ。ピッツァっていうか、パニーニっていうか、なんでしょぉ~~~!!!
今まで見たことのないフォカッチャが登場しました!!!
しかも見た目から、これってサクサクで美味しいし、私の大好きな味に決まってる!
表目のこんがりとしたおいしそうな焼き目が物語っています。
こちらは、トマト、モッツァレラチーズが挟まっていますが、セラフィーナがそんじょそこらの
イタリアンと違うのはここに高級レストランでは決してないのにトリュフオイルがかかっていること!
たから、口に運んだ時にふわぁ~っとトリュフの香りがしてくるの。
トリュフの香り立つ一口目はかなり幸せ。うっとりした気分でお食事がスタートしました。
DSC04347 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「うちのフォカッチャは他では食べられない味だから是非食べて欲しいんだ」
とっても陽気でチャーミングなオーナー自ら私たちのフォカッチャを取り分けながらお話してくれました。
DSC04348 (4)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラフォカッチャ ディ ソフィア
珍しいロビオーラチーズを挟んでいます。表面はレジェーラとちょっと違う感じ。
DSC04345 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チーズシンプルながらチーズのフォカッチャサンドですが、こちらもトリュフオイルを
まぶしたセラフィナオリジナルメニュー。素材へのこだわりやアイディアでシンプルでも
美味しいものができちゃうっていう証を目の前で見せつけられた感じです!!!
DSC04353 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

この窯で焼いているんですね~。
高級小麦粉を使いの直径32センチのピザも有名なんですって。
次回はピッツァも食べてみたいです!!
DSC04400 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからは、お料理をコース仕立てにしてスモールポーションで出してくださいました。

 

カルパッチョ マラテスタ
カルパッチョも楽しくお料理されて出てきました。
まるでかわいいお花のようですが、これまたトリュフをふんだんに使っているんです。
DSC04354 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

ポテトで作ったソースにはトリュフがたっぷり。
こんな風にね。フォークの腹で円を描くようにお肉の上のソースを伸ばしていきます。
オーナーが見本を見せてくれたので、この食べ方が一番美味しいって間違いないよ!!!
DSC04358 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タルターレ ディ ソフィア
マグロとサーモンがミックスされたタルタルです。
ソースはセラフィナオリジナルのマヨネーズベース。
これにもトリュフが使われていました。
DSC04364 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アボカドと一緒に添えられたパンに乗せて。
どう考えたって、間違いないおいしさでしょ~♪
DSC04366 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニョッキ ディ マンマ
小麦粉を極力少なくし、ポテトの柔らかな食感にこだわっているため、もちもち、ぷにゅぶにゅとした
こだわりの食感に感動間違いなしのニョッキです。アレンジのニョッキはありません。
ベーシックなポテトのニョッキだけですが、これがとっても美味しいの。
食感を大事にしているため、ランチとディナー用にしっかり分けて作っているのもうれしい。
チェリートマトで作った濃厚ソースで、コクと甘味のバランスがニョッキにばっちり合っていました。
この食感が忘れられないので、次回訪問したらお皿いっぱいに食べたいニョッキでした。
DSC04367 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ファルファッレ アル リモンチェッロ
カリブの伝統的なパスタ料理にセラフィナ流アレンジを加えました。
レモン島として有名なカリブ島。その名産品としてて有名なレモンを使った
お酒はイタリアの食卓で食後酒なんかに、良く飲まれますね。
カリブではこのリモンチェッロを使った爽やかなお料理も多く見かけますが、
このファルファッレで作ったシンプルなパスタも定番料理。
DSC04373 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

セラフィナでは海老を加えて、ちょっとごちそうパスタに仕上げていました。
色合いも海老の赤とトマトの赤が加わってカラフルに。
クリームはぎりぎりファルファッレに絡まる程度のバランスとレモンの爽やかな味わいで
クリーム系パスタでも決して重くならずにいただける楽しいパスタでした。
DSC04374 (4)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リゾット ポルチーニ
このリゾットもふんだんに使ったポルチーニでかなり薫り高いお料理になっていました。
イタリアン・リーゾ・カルナローリを使って作ったリゾットは少しアルデンテ。
リゾットにはリゾットの基本となる食材をしっかり使いこだわりの一皿に仕上がっていました。
DSC04378 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

食事もこのあたりになるとオーナーの嗜好がかなりわかってくるもの。
イタリアでも有名なトリュフの産地。アルバでのトリュフ談義に花が咲きました。
トリュフ談義もかなり楽しく、古いカーブで樽から直接出したワインを味わいながら
白トリュフのお料理を堪能した日のなどのお話も伺ってかなりうらやましい~。

セラフィナNYは、かなりグルメで上質を知り得たイタリア人のオーナー二人が、
トリュフやポルチーニと言った香り豊かなイタリアの高級食材をふんだんに使たイタリアン。
高級食材を使いながら価格はリーズナブルだというところが好感度高し!!!
見て、食べて、香って。普段あまり食べられない敷居の高い素材が、普段づかいのできる
価格帯のレストランで食べられたら、誰だって嬉しい。
ハートにぐいぐいと響いてくる、なんとも心憎い演出と工夫が、
NYでもセレブリティ達のハートをしっかりつかんでいるのだと思いました。

余談ですがこちらのお店の誕生秘話も聞いちゃったの。
オーナーのVittorioと Fabioがセーリングしていた時に海がしけて
ヨットのマストが折れちゃったんですって。二人で死にそうになっていた時に
もし無事助かったら世界一美味しいイタリアンのお店を作ろうって
お話が実現したお店なんです。神様、お二人を助けてくれてありがとう。
私たちがこんな美味しいイタリアンを食べられのは神様のご褒美ですね。きっと。
DSC04343 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペッシェ フレスコ アル ピノ グリージョ
最後はお魚料理をいただきました。シーバスをポテトで作った皮でまいて
香ばしく焼き上げた一皿。このソースにもなんとホワイトバルサミコ酢を使って
いるのでビックリ。軽い酸味のピノグリを使ったソースは、このホワイトバルサミコ酢
のおかげで、べたべたせず上品なお味に仕上がっていたのでした。
トロトロに焼いたネギと一緒にいただくとお魚とともに野菜の甘味と軽い酸味が口の中で
広がります。口の中で広がる素材のバランスをしっかり計算して作られたお料理でした。
DSC04382 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最後は、こだわりにこだわったセラフィナご自慢のティラミスをいただきました。
既製品のエスプレッソ液だと酸化しちゃって美味しくない!
だから大変だけど美味しいティラミスを作るために毎日3ℓのエスプレッソを1杯づつ抽出しているそうです。
エスプレッソにビスケットみたいなものを浸してティラミスベースが作ってありました。
この上のかけるソースがまた美味しくて。2種類のマスカルポーネチーズを15分くらいシェイクして
作ったソースはふわふわぁ~。軽~いこソースの上に高い位置からココアをふりかけ完成したティラミス。
オーナーの工夫がいっぱい詰まったドルチェは、セラフィナにきたら絶対に食べたい1品でした。
DSC04397 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セラフィナNYではキッズメニューもいただけます。
あまりにもメニューがかわいらしいので撮らせていただきました。
DSC04384 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう。4月15日(火)。さいたまスーパーアリーナに隣接するさいたま新都心の
中核施設「けやきひろば」商業施設に、「Serafina NEW YORK さいたま新都心店」
オープンしました。 こちらのお店は、東京店の1.5倍の広さ。席数も219席と
かなり大規模となっていて、アジア最大規模のSerafinaとなりました。こちらの
キッズメニューはもっと大きくてメニューも豊富だとか。子供だけではありません。
さいたま新都心店では、バーカウンターなんかもあるんですって。
さいたまスーパーアリーナに行ったら絶対に「Serafina NEW YORK さいたま新都心店」で
お食事してこなくちゃ!!!オーナーからはこちらのオリジナルメニューもあるって聞きました。
DSC04388 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

黄色いテントがイタリアの太陽とNYのイエローキャブをイメージしてしまう私。
俄然NYにも行きたくなったぁぁぁ。
DSC04402 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

とっても楽しい時間で、一度で好きになっちゃった「SerafinaNEW YORK 丸の内店」。
お財布はそんなに気にせずに、でも私もちょっとセレブ気分に浸ってトリュフとか食べたい時。
気軽にいけるお店を知っているとかなり自慢でしょ。リピ確定の太鼓判レストランなのでした。
DSC04404 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

SerafinaNEW YORK 丸の内店
千代田区丸の内1-1-1 パレスビルB1F
03-5220-5522

鏡の中の私が輝きだすリップスティック

私、春はもっとも唇を意識する季節だと思うの。
季節が変わり、ウキウキ気分。冬~春へいちばんピンクを意識する季節。
新しい唇を演出するには最も気分が乗る季節だと思います。

そんな季節にピッタリの華やかな色のライナップを見せてきれるのが
ディオール アディクト フルイド スティック。グロッシーで魅力的な唇を作ってくれます。
DSC_0033 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パッケージを見るとまるでリップ。でもパッケージを開けるとグロスのアプリケーターが登場し
オシャレの中に、女性ならではの遊び心で楽しませてくれます。まるでだまし絵のようじゃない?
そう。リップとグロスをひと塗りで実現するリリップなんです。でももっと驚くことがあるの。
それは唇に乗せた瞬間感じると思うわ。
グロスがぴたーっと自然に密着して、存在感のある唇を作ってくれるんです。
つけていると鏡に向かっている自分がキラキラ輝いてくるの。
グロッシーで美しい発色とみずみずしい唇に仕上がります。
私はつけていて楽しくなっちゃって、何回も鏡をのぞき込んじゃいました。
DSC_0056 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の美しい唇が花開くディオール アディクト フルイド スティック。
印象深いオーラ唇で素敵な春を迎えてください。

 

ディオールのキャンペーンに参加中

待望の銀座店は本日オープン『USHIGORO銀座店』

3年前に西麻布にオープンして以来、飛躍をし続けてきたうしごろ。
本日4月21日。満を持して銀座にオープンします!!!
USHIGORO2
 

 

 

 

 

 

 

オープンに先駆けたレセプションに行ってきました!!!
DSC04405 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

レセプションにふさわしく泡で乾杯。
DSC04411

 

 

 

 

 

 

 

 

店内はまたまたシックな感じ。大人がゆったりと焼肉が楽しめるようになっています。
DSC04410 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レセプションだったのでフィンガーフードをいろいろ出して頂きました。
なんか素敵~。こういう繊細にお料理を出してくれるっていうことは
通常営業の店舗でも超期待できちゃいそうですね。
DSC04409 (2)

 

 

 

 

 

 

 

DSC04408

DSC04428 (2)

DSC04414 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん焼肉もいただきました。
DSC04433 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

今回銀座店で使っているのは、なんと、東京都指定仲卸『吉澤』のお肉。
さすが銀座の風格に合わせ、厳選したお肉を使っているそうです。
吉澤は松坂牛をはじめとする「これだ!」と思った雌牛を1頭買い。
熟成をかけて、最高の状態で出荷します。
まさに、うしごろ銀座店では『肉力』で直球勝負をかけてきたわけです。
DSC04430 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

銀座店では、国産黒毛和牛の中でも最高級とされるA5ランクのみ使用するそうですが、
今回は仙台牛のリブかぶりやロースなどを4種類ほど焼いていただきました。
DSC04421 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

いいお肉は口の中でとろけるね~。そして部位によって、味に変化があって楽しい~。
DSC04422 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

肉力の高い焼肉店『うしごろ銀座店』。
銀座にまた一つ美味しいい新名所の誕生ですね。
USHIGORO1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼肉うしごろ 銀座店
中央区銀座1-6-6
03-3538-1129

エビスモンジャ!

恵比寿にもんじゃ屋が出来ました。駒沢通りを代官山方面へ向かいauのあるビルの2階。
「エビスモンジャ!」という大きな看板が目印です。
DSC04217 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店内に入ると大きな恵比寿さんのイラストが輝きます。
実はこちら外からもこの恵比寿さんが見えてね。それで気になっちゃってお友達と伺いました。
オープンは2013年11月11日。まだ新しいお店ですね。
少し細かく仕切られていて、隣の会話が聞こえない席もあるのでキャッキャ
騒ぎながらもんじゃがいただけます。鉄板モノは楽しいに限りますよね~♪
DSC04320 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トマトビールなんかをいただきました。
背景や私が天井に描かれた恵比寿さんを見て、
何々とおもったくらい。眺めのよいもんじゃさんなのです。
DSC04244 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お通しはサラダ。こういうお通しだと女性はうれしいですね。
ほとんど生で出していただきました。まずはばっちり酵素補給。
DSC04219 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

もんじゃやお好み焼以外のメニューもたくさんありました。
これなら、さくっと飲むだけでもOKですね。
DSC04288 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴマ塩のりキャベ
お店の人気メニューのひとつ。リーズナブルなおつまみです。
DSC04226 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

つぶ貝とブロッコリーのガーリックオイル焼
こんなお料理もあるんだぁ~。もんじゃ屋さんにもバル系メニューがあって感動しちゃった。
野菜の下にはつぶ貝がわんさかぁ~♡
DSC04236 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やわらか牛ヒレステーキ
鉄板つながりでステーキなんかも食べられますよ。
DSC04238 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

おつまみばかり食べていて、すっかりもんじゃのお店というのを
忘れてしまいそうになってしまいました。
これからが本領発揮!!!
DSC04224 (2)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山芋のフワサク鉄板焼
きれいなマヨネーズ模様ができています~。
こういうの見ると、お外に食べに来てよかったと思うわけ。
自宅だとなかなかこうはいかないものね。
DSC04230 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中には山芋がごろごろ入っているので粉もの・・・というより
長芋のシャキシャキ感を感じます。粉物特有のねっとり重~い感じから
ふわっ、シャキッという感じで食べられました。
DSC04233 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

  エビスもんじゃ
イカ・海老・豚肉・桜えび・ベビースターの入ったバランスの良い王道MIXもんじゃ。
店名がついているくらいですからね~。これからいっとかないとでしょ~♪
ベビースターが入っていると駄菓子屋のもんじゃの延長だけどこの年齢になるとしっかり大人もんじゃ。
王道の店名もんじゃは、まさに基本中の基本が入ったもんじゃですね。
DSC04251 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お兄さんにつくっていただきました。
まずは具材を傷めてますね~。
DSC04256 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しお野菜なんかがしんなりしてきてきたら
まとめてじっくり火を通します。
DSC04266 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、土手を作ってもんじゃの液を流し込みます。
こちらのお店はここでソースや醤油を入れません。
恵比寿もんじゃに関しては、既に味がついてきていました。
DSC04271 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらかた火が入ったら、全体を混ぜていただきま~す。
DSC04279 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

もんじゃも色々な種類があるので、超迷う~。
ま、最初は定番の恵比寿もんじゃかな。
楽しいメニューがたくさんあるので、4名くらいで行っていろいろ食べると楽しいですね。
DSC04291 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちはお兄さんに焼いてもらっちゃったけど、
もちろん自分で焼きたい人もばっちり焼き方がテーブルに備えつけてあるので大丈夫。
もんじゃとかって、自分で焼くか楽しいというものあるものね。
DSC04293 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

デザートに白玉・あんこ焼きをいただきました。
DSC04305 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これもお兄さんに焼いていただきました。
生地からあんこが溢れんばかりに出ています。
生地の中には、出汁とやまいもが入っているので
ほんのりと塩気があるの。和風味でいただくもんじゃスイーツもなかなかいいですね。
DSC04316 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

エビスモンジャ!
渋谷区恵比寿西1-10-10 若葉西ビル2F
03-6892-8777

WE LOVE OMOHARA 2ND ANNIVERSARY PREMIUM PARTY

東急プラザ原宿表参道の2周年記念イベントにご招待いただきました。
DSC04445 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

店内には2周年のマークが並びます。
WE LOVE OMOHARA 2ND ANNIVERSARY PREMIUM PARTYは
招待客のみのクローズなイベントで各店が思考をこらしたおもてなし。
DSC04490 (2)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段はレッドカーペットに。もちろん✌マークも。入口には王子様とお姫様がお出迎えしてくれました。
DSC04447

 

 

 

 

 

 

 

 

受付をすると入場キットの中に仮面舞踏会仕様のマスクも入っていました。
DSC04495 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

会場中舞踏会の雰囲気いっぱい。
DSC04496 (2)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

館内のいたるところでウエルカムドリンクのおもてなしもあって、パーティー仕様に。
DSC04487 (2)
 

 

 

 

 

 

 

スターバックスではマフィンとコーヒーの試飲サービス。
これはうれしいですね。
DSC04455 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん大盛況で、並んでいる方もたくさん。
DSC04456 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

おもはらの森はディズニープリンセスをテーマにした舞踏会のようになって素敵♡
6人のプリンセス物語のシルエットが表現されていました。
5月22日まで開催しています。
DSC04486 (2)

 

 

 

 

 

 

 

今回はディズニープリンセスの特別なアイテムがいっぱい。
特にこれからの季節に使えそうなTシャツは色々なプリンセスデザインがあるし
他にもレアな商品が大集合。楽しすぎるぅぅぅ。
DSC04488 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

店内には王子様と一緒に写真の撮れるブースがあったりして女子たちはメロメロ~♡
でも王子様。プリンスはポケットに手を入れて投げキスはなしよ~(汗)。
DSC04491 (2)