アクセスが良いので集まるのに便利なスペインバル「Bikini TAPA」

海外で生活している友人たちがかえってくると必ずみんなで集まるメンバーがいます。
今回はシンガポールとパリに在住の友人が同時期に帰国したのでみんなで大集合しました。
DSC09797 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

先日スペイン大使館で久々にお会いしたジョセップ・バラオナ・ビニェスの
スペインバルBikini TAPAに集まりました。
マークシティの中にあるから分かりやすい〜。
渋谷だからアクセスがよいのも魅力的です。
みんな海外組だから、分かりやすいところが必須かな〜と思って。

 

私は天然発泡ミネラルウォーター「ヴィッチーカタラン」をいただきました。
私はあまりお酒を飲まないのでお水チェックも楽しみのひとつ。
DSC09773 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

クスクス
サラダタイプのクスクス。さっぱりした味付けで沢山食べられます。
クスクスって羊の煮込みと合わせるものもあるけれど、こっちも好き。
レモンがきいたクスクスはこれからの季節にぴったりですね〜。
DSC09776 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

たらのブニュエロ
雰囲気はたこ焼きとかさつま揚げみたいですね。
ふわふわな食感がおつまみにぴったり。
タラが入っているのがスペイン料理とかポルトガル料理ってとこですかね。
DSC09778 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

生ハムの盛り合わせ
基本中の基本ですかな。実は友人の子供がはまっちゃって。
ハム、ハムぅ〜ってぱくぱく食べてました。子供も生ハムの美味しさが分かるのね。
DSC09780 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

イベリコ生ハムのコロッケ
うんうん。こういうピンチョスはつまみですかね〜。
おなかがいっぱいにならないから子連れメニューには向かないかな。
やっぱりワインを飲みながら、ちょいと飲む。そんに店使いの方がむいているかも。
DSC09782 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

名前を失念してしまいましたが、
豚肉のロースとマッシュポテトのお料理だったような・・・(汗)。
DSC09787 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

トリッパなんかもいただきました。
DSC09784 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

スペイン料理に来たらやっぱりパエリアを食べなくちゃ。
ミックスパエリアとイカスミのパエリアをいただきました。
DSC09790 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

大人数だといろいろなものを食べられるからいいよね〜。
DSC09791 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

Catalan Spanish “Bikini TAPA”
東京都渋谷区道玄坂1-12-5 渋谷マークシティ レストランアベニュー4F
03-5784-5500

 

 

 

三島に行ったら桜家の鰻かな♡

出張で三島に行くことになったので、さてどこで夕飯を食べようか。
頭の中をぐりると回想。そうだ。三島出身の友人に昔連れて行ってもらった
うなぎ屋があるぞ!!!と思い出し伺いました。
IMG_7212 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場所は三島広小路の駅から1分ほどの「桜家さん」。
桜だけにやっぱり引き寄せ~。再訪は運命だったのかぁぁぁ。
と思ったけれど、残念・・・。ロマンスなんかは何もありませんでした(爆)!!
IMG_7202 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メニューはどんぶり、お重、すごいボリュームの丼棚二段重や定食などです。
どんぶりとお重は、2枚が鰻1匹分。鰻の量でお値段が変わってきます。
IMG_7205 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お茶が出てきます。オーダーしてから焼き始めるので少しお時間がかかるのはご愛嬌。
お茶のお替わりをしながらのんびり待ちましょう。
お店も人気店なのですが、予約もできるので予約して伺ってね~。
IMG_7208 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ふっくら焼けたうな重が運ばれてきました。
蓋をあけるといい香り~。てか店内中、鰻の匂いで蔓延・・・というか染み付いていて
香ってくるというかね~。安政三年創業の老舗。ずうっと継ぎ足し継ぎ足しの秘伝のタレ
「かるみ」を使って焼いていく鰻。名水柿田川の湧き水で臭みもとった鰻なのです。
IMG_7213 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかり肝吸いもついてっと。
IMG_7215 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

香の物も。奈良漬とかつくお店が多いですが、私は苦手なのでこれでOK。
IMG_7216 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

使い込まれた店内は老舗の風格でした。
IMG_7217 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

うなぎ 桜家
静岡県三島市広小路町13-2
055-975-4520

だるまや

川口で友人と待ち合わせをしていたので、十条で途中下車。
ここのところ、やたらとかき氷で噂のだるまや餅菓子店へ伺いました。
IMG_8033 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

十条商店街は私の海外の友人のムスコ君が、日本に帰ったらどこ行きたいの?と聞いたら
商店街って答えたくらい、昔からの小さな商店が軒を列ねている楽しい商店街ですね。
きっとおじいちゃんやおばあちゃんと手をつないで、買い食いしたりいろいろおねだり
している姿が目に浮かぶ〜。新宿や池袋からもすぐなのに、のほほんとした感じ。
この日もお祭りに備え、駅前のロータリーでは盆踊り大会の準備が進められていました。
IMG_8034 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなのほほんとした十条商店街にあるだるまやさんですが、ここ数年かき氷で
ブレイクしています。平日のラストオーダー15分前に到着しましたが、
しばらくしたら掃除に入りますので「目の前でお掃除するのが”条件”でどうぞ」
とのことでぎりぎり入れていただきました。
IMG_8032

 

 

 

 

 

 

 

 

私がオーダーしたのは和三盆 1000円。
和三盆で作った蜜で作られた上品な甘味のかき氷です。
IMG_8017 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優しい甘味でほっとしました〜。
ただこれ十条で1000円でしょ。銀座で食べたらいくらになるのかなぁ〜
なんと考えたら・・・想像したくなーーーーい。そんな気分になりました。
IMG_8024 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メニューは豊富。定番の抹茶系メニューは880円から。
IMG_8026 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

抹茶は、基本の抹茶、特選抹茶、極上抹茶の3種類があるそうです。
極上宇治金時は1730円。一度食べてみたいかも〜。
IMG_8027 (2)

 

苺も、”あまおう”、”とちおとめ”を使っているものがセレクトできるようです。
種類が豊富なのにびっくり〜。いろいろ手をかけ研究もされているのでしょう。
オーダーしようとしたら、この日は苺系は完売だって。
メニューをもってきてくれた時に言ってくれれば悩まないのにね~。
IMG_8029 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

これもすごそう。無農薬栽培のイチゴと和三盆で作ったかき氷かぁ~。
しかもミシュランまパティシェール監修ってね。。。
これは、と゜っちかっていうと、フロリレージュで食べたいかも。
IMG_8030 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

だるまや餅菓子店
東京都北区十条仲原1-3-6
03-3908-6644

365日ってパン屋さん。毎日食べたいパン屋さんです♡

代々木公園駅前の裏通りにあるパン屋さん「365日」に行きました。
DSC07202 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外観は格子でできたちょっと和風?しいやいや、北欧?って、なーんかいい感じのお店です。
このお店の前に来たら、食べ物屋さんのいい悪いの勘がないんですって人だって
ここは、美味しいん店なんじゃないかっていう、素敵な佇まいのお店です。
DSC07203 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

お店に入ると、右側がカフェスペース。左側はこの販売スペースです。
DSC07200_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うひゃっ。見るからにクオリティが高い。
美味しそうなパンがたくさん並んでいて、みんな買いたくなってしまうよ~。
DSC07191_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとパンをご紹介。
こちらは人気の「100%⁼ソンブルサン」。
DSC07197_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴルゴンゾーラ×玉ねぎくるみ
DSC07194_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

新作の「クロッカンショコラ」。
DSC07192_1 (3)
 

 

 

 

 

 

 

ころころチョコレートと金箔がエレガント。マリーアントワネットに出しても良さそう。
でもビターチョコレートを使っているのでほろ苦い大人味のおやつパンです。
オーガニックチョコレートとがナッシュを使っているからうれしいですね。
collage66

 

 

 

 

 

 

 

白こしあんぱんも買いました。こちらのあんぱんはとっても人気なの。
collage61

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超オーソドックスですが、100%⁼ソンブルサンで朝食。
ほんの軽く炙っていただきましたが、翌日でももちもちろよ〜。
DSC07695 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

365日
京都渋谷区富ヶ谷1-6-12
03-6804-7357

盛岡の雰囲気あるレトロカフェ『カプチーノ』

盛岡ではアポイントまで少し時間があったのでお茶をすることに。
盛楼閣の方に教えていただきました。カプチーノ「詩季」。
入口に大きな直火式エスプレッソマシンのオブジェがありました。
腰高まであるなまこ壁は蔵を連想します。
モノトーンでまとめたレトロな外観を見て、ガッツポーズ。
これは当たりだわぁ~♪
IMG_6959 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

「詩季」では、エスプレッソやカプチーノなどがご自慢メニューみたい。
それもそのはず。きっと盛岡では珍しく古くからエスプレッソマシンを使っていたようです。
IMG_6960

 

 

 

 

 

 

 

 

お店に入ると昔ながらのエスプレッソマシンが置いてありました。
これがお店の由来というか、まさに象徴のようでした。
銅製の丁寧に作られたマシンはとってもキレイですね。
現在使っているマシンもだいぶ使い込まれていましたがまだまだ大活躍の現役マシン。
こちらのご主人が慣れた手つきでコーヒーを淹れていらっしゃいました。
IMG_6946 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが詩季さんのカプチーノ。
きめ細かなスチームミルクと濃厚コーヒーが印象的です。
IMG_6953 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店内はとってもレトロで居心地がいい。
こんな電話機もありました。昔はつかっていたのでしょうか?
IMG_6949 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒー色の店内が渋い感じ。ロートレックなどのポスターも飾ってあったり
レトロとモダンがまじりあったお店でした。
コーヒーグッズだけでなく、あれ?踏切の信号も!!!ひとつひとつ見ているだけで楽しかった~。
IMG_6954

 

 

 

 

 

 

 

 

カプチーノ詩季 (カプチーノ シキ)
岩手県盛岡市盛岡駅前通10-6
019-625-3608
[月~土] 9:00~22:00 [日・祝] 9:00~20:00
第2第4月曜日

ジモティお勧めの美味冷麺「盛楼閣」

先日ちょっと盛岡へ出張へ。ランチはもちろん冷麺をいただきました。
こちらの冷麺はあまり東京では知られていないかもしれませんが、盛岡の人がこぞって
おススメしてくれる美味しい冷麺。以前食べた時も美味しくて、2度目の訪問となりました。
しかも盛岡駅前という好立地ということもありアクセスもかなり便利。
東京では食べられない、美味しい冷麺にありつけました~。
IMG_6934 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

この透き通る麺。食べるとしっかりしたコシと歯ごたえともいえる
ぎゅっと噛みしめた感、そしてのど越しも優しい冷麺です。
スープにも旨味が詰まった美味しいスープ。あまり麺のスープは飲みませんが
これはかなりスープまでいただいてしまいました。辛味と旨味が凝縮したスープなの。
IMG_6938 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

冷麺は、並盛の1000円と大盛りの1200円の2種類。
辛さが7段階に分かれていたので、私はちょい辛をオーダーしました。
ちょい辛くらいだと、大して辛くない・・・。次回は辛口くらいオーダーしてみようかな~♪
IMG_6941 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ザ・焼肉屋さんなので通常ならば、焼肉の〆で食べる冷麺ですが、
ランチだったら堂々と冷麺のみオーダーできちゃう。
盛岡に行ったら、まずはこちらの冷麺を食べてからスタートよ~ん。
IMG_6943 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

盛楼閣  セイロウカク
岩手県盛岡市盛岡駅前通15-5 ワールドインGENプラザ 2F
019-654-8752

品川に移転してさらにパワーアップしたカンテサンス

2008年以来ミシュラン3つ星をキープし続け、さらに移転してパワーアップしたカンテサンス。
相変わらず予約の電話がつながらないというお話を伺いますが、いつも頑張って
リダイヤルの嵐で予約をしてくれる友人のおかげでこの月も無事伺えました。
IMG_5905 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

2か月に1回のカンテサンス巡業。カンテサンスが移転しても相変わらず
2か月に1回伺っているのですが、さすがにカンテサンスは13品と長くてね。
しっかり感想も書きたいし・・・と思っているとつい引越しで忙しくアップできませんでた(涙)。
自分のお誕生日の時の記事くらいアップしないと・・・と思ってアップします。
といっても、すでに2ヶ月くらいたっちゃってますけどね。。。(汗)
てか、昨年のお誕生日に行った時の報告をしてそれから一年書いてない・・・と
今更ながら気づく始末。だめですね。私・・・(ガクッ)
ちょっと基礎的なことから書きたいと思います。
移転して新しい照明になりました。この照明素敵です。
Ingo MaurerのZettel’z。私も欲しい・・・。
IMG_5906

 

 

 

 

 

 

 

 

予約がとれないと言われるお店ですが、電話にて2ヶ月先の同日までのご予約を
とることができます。受付時間 9:30~11:00 および 15:30~17:00 。
ただし、私もトライしたことがあるのですが、これがつながらないんだぁぁぁ。
友人がいつも予約の電話をしてくれるのですが、どうしても予約をとるという
熱意がテレパシーでつながるのかなぁぁぁ。あの熱意には脱帽です。

旧店舗と変わらず位置皿はこのプレート。
全部色が違うの。いつもどれになるのかな~と楽みに伺っています。
私は今回この色・・・なんてその時のくじ引きみたいです。
ちなみにこちらはお隣の友人のプレート。私は黒っぽいプレートでした。
IMG_5911 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャンパーニュで乾杯。
お酒はソムリエの小澤さんにお任せです。
カンテサンスにはお二人のソムリエがいらっしゃいます。
お一人は市川さん、そしていつも私たちのお席を担当してくださりとてもわかりやすい
説明をしてくれます。時々こちらに引きづりこんじゃってゴメンナサイ(汗)。
IMG_5912 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テット・ド・コションのビスケット
この反射するシャンパンブロンズのプレートに3つの宇宙があるように並べられている
ビスケット。ぎゅぅっと味が凝縮されたアミューズグール。同じようだけど、
実はいつも違う。深い味わいがあって、これも楽しみのひとつです。
IMG_5916 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミル貝と春野菜のスープ
アサリの出汁と香味野菜にパセリを加えて作ったスープ。
野菜の甘味が深みを出して美味しいの~。ミル貝の弾力の
ある歯ごたえと磯の香りが楽しいスープでした。
IMG_5925 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

泡泡~が優しい口当たり。香味野菜の甘さがうまし!!
IMG_5927 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

パンはいつものメゾン・カイザーのパンです。
これ、皮がパリッとしていて中がモチモチで噛んでいくとだんだん甘くなるパン。
大好きなんですよ。メゾンカイザーのパンです。
IMG_5928 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

塩とオリーブ油が主役 山羊乳のバヴァロワ
カンテサンスのスペシャリテです。山羊が季節によって、食べるもや脂肪分などが違うので
ミルクも変化します。その変化に合わせて、クリームの量やオリーブオイルの配合を変え
バランスを整えてくれる絶妙なバヴァロワ。濃厚だったり、ちょっと酸味があったり。
その微妙な変化を毎回楽しみに伺っています。何度食べても飽きない絶品。
これぞスペシャリテというものですね。
IMG_5931 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サフラン風味の穴子ときゅうり
サフラン好きな私はサフランを使うと一気に評価が甘くなります。
でもサフランにきゅうりか~と正直思ったけれど、ほんのりサフランの風味。
そして、ここにライムのしゅわっとした小粋のきいた酸味が加わりました。
IMG_5945 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

香ばしく網で焼かれた穴子は中はふわっとしていました。
その他、ズッキーニ、トマトなど夏に美味しくなる野菜たちが穴子の味を引き立てていました。
今回の岸田シェフのテーマは「酸」。ちょうど梅雨前の鬱陶しくなる季節。
ここに酸でテーブルを沢谷かにしてくれました。シュワッチ♡
IMG_5946 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おにおこぜのフリットと甘夏
不格好だけでその美味しさは誰でも知っている、私も大好きなオコゼが登場しました。
ここに加えたシュワッチは甘夏のソース。そしてフェタチーズ。塩味を加えたのかな
と思ったのですが、印象は塩味ではなく口当たり。上にのった香味野菜や甘夏を
マイルドにしてくれていたような印象を受けました。さりげない食材の組み合わせが
食材に様々な変化を加え、さらに美味しく仕上げてくれる。まさに岸田マジック。
IMG_5952 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このヒレを見ても美しくないけど、全部しゃぶりたくなるくらい美味しいオコゼ。
IMG_5963_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

雲丹とサーモンのタルトフランベ
もう見た目で文句ないよ〜。だってウニ大好きだもん。
オレンジのウニと空豆のグリーンのコントラストが美しい。
IMG_5967 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ウニがどれくらい乗っているのかなと単純な興味を持った私は、
空豆をよけてウニをじーーーっと凝視。こんなに乗ってる!とこれまたテンションが
上がりました。味?説明するまでもなく、美味しさ爆発でした。

IMG_5975 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンをお変わりするとカイザーのパンのスライスが追加されるのですが、
今回は違うパンを出していただきました。これからずうっとこれかな?
IMG_5978 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

萩のイサキ ラム・ミント・ライム
ダークラムにミントの爽やかさとライムのしゅわっとした酸味で仕上げたソースで
いただきました。ガルニチュールはボルドーのホワイトアスパラガス。食感がいいね。
IMG_5989_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

このお魚の皮のぱりっと香ばしく焼けた味わいと身のピンクいいでしょ〜。
お魚の身の味を完全に火を入れた状態ではなく、でも生臭くなくお魚の香りも楽しめます。
この火入れを実現しているところに岸田シェフの真骨頂があるのです。
私は魚の生臭さには人一倍敏感ですが、そんな感じは全く感じないお魚に
仕上げてくれるのです。そしてソースがそれを一層楽しいものにしてくれるんです。
IMG_5994 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次のお肉に合わせて赤ワインタイム。
IMG_5999 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベリコ豚の3時間ロースト フランボワーズとカカオ
お肉の量はどうされますか?お肉に入る前に必ず聞いてくださいます。
もちろん、ここは食いしん坊の集まりですから、少なくしてっと言う人は一人もいません。
いや、もとい。一人いました。姫盛りのあの方・・・。まあそれはおいといて。
お腹いっぱいでも、しっかり食べたくなるお肉です。
白紙のメニューにのお隣に書かれた岸田フィロソフィ。キュイソン(火入れ)に
追求している岸田シェフだからこそできるお肉の火入れです。最も神経を使う
瞬間だと思うのですが、私はシェフの素材へのリスペクトを感じる瞬間です。
IMG_6004 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ハスの揚げ物やカブなどがガルニチュールになっていました。
そしてここに加わったのが、フランボワーズビネガーの酸味。
最後まで酸を魔法の杖にしながら今宵のお料理を堪能させてくれました。
IMG_6013 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

フルム ダンベール
フルムダンベールに合わせたのは、苺のコンフィチュール。これは好きチーズなので
コンフィチュールとのマリアージュを楽しみながらいただく至福の時間。
IMG_6017 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヌガー・グラッセ
グラニテの冷たさの中に、強いヌガーの強い甘味が際立ちます。
この下の上で溶けるポーションも適度な甘味で一気にデセールの世界へ。
IMG_6019 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リュバーブとアメリカンチェリーのクープ
IMG_6030_1 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤いデザートが出てきました。アメリカンチェリーの真っ赤な美しさと
ルバーブと苺のコンフィチュール。ムースで全体をまとめながらいただきました。
IMG_6035_1 (2)

IMG_6038 (5)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピスタチオナッツのガトー
アーモンド香る温かい濃厚ガトーは口にいれるとまだほんのり温かい。
冷たいアイスクリームとこのガトーの温かさが口の中でとろけます。
ガトーの味が濃厚なので、所々に広がるピスタチオの香りが口の中に広がります。
甘味の奥深さと、ローストしたピスタチオの長い余韻が残りました。
IMG_6040 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 


メレンゲのアイスクリーム

最後は定番のメレンゲのアイスクリームです。
一言で言えば、滑らか。そしてクリーミー。口の中ですっと消えていくアイスクリーム
です。これに加えたのは、1982年のクールドリヨンのカルバドス。
岸田シェフはこの1〜2年、古酒を目の前で加えてるデセールを出してくれますが、
このお酒が美味しくって。いつもならばいただきませんが、ここでは必ずいただきます。
だってその香りがすごいんだもん。
多分このひとしずくで、かなりの金額が・・・。さくらちゃんは高いお酒は美味しいって
言うんだから・・・。って言われ続けて来ましたが、このビンテージのブランデーなどの
美味しさははまるとかなり危険。カンテサンスでのみのお楽しみにしておこう♪
IMG_6048 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒー
IMG_6055 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日だったので飴細工のお花をご用意いただきました。
ということは・・・はい、5月の訪問でした。
正確には5月末の訪問。月日が経つのは早いですね(汗)。
IMG_6061 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちは個室なので毎度6人掛けのテーブルですが、個室は移転後広くなりました。
またメインダイニングは移転後丸テーブルに。よりよいサービスが受けられますね。
IMG_6066 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

restaurant Quintessence レストラン カンテサンス
品川区北品川6-7-29 1F
ガーデンシティ品川 御殿山
03-6277-0485 (お問い合わせ・リコンファームなど)
03-6277-0090 (ご予約専用)

 

 

ランチが美味しかったのでディナーへGO❤Fresh Seafood Bistro SARU

先日ランチに伺った時にチェックインしたら、なにやら行ってみたいという友人が多数出現
したFresh Seafood Bistro SARU 代々木上原店
最初に誘ってきてくれた友人と一緒に今度はディナーに行ってみました。
太刀魚のバーニャカウダー
この日は太刀魚がお奨めメニューになっていて4種類くらいの調理法で
食べさせてくれるというので、太刀魚のバーニャカウダーって何よ・・・?
食べてみようか~ということで、食べてみました。ちょっと中華料理みたいな雰囲気ですね。
DSC06999 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

醤(ひしお)とブルーチーズで作ったコクのあるバーニャカウダーソースでいただきます。
具は太刀魚の表面を軽く炙ったものとキュウリだったので濃厚ソースで美味しくいただきました。
DSC07001 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ほら、太刀魚だけでもこんな楽しそうなメニューが並びます。
どれにしようか、かなり悩みました~。この気持ちわかります?
DSC07016 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

越田商店のカマスの香熟漬レモンバターソテー
秘伝のタレを40年以上守り続け昔からの製法で干物を作り続けている銚子越田商店。
半生のカマスの香熟漬は真空パックにして届くので身もふっくら、ジューシー。
すでにカマスは濃厚な味付けになっているのですが、レモンでソテーすることによって
柑橘類のさわやかさが加わります。SARUさんでは、普段は和風で食べているものも
洋風にアレンジすることで、日本の昔からの調理法に広がりを持たせることも意識しています。
醤なんかもその一例。ブルーチーズと組みあわせているのも面白いですね。
DSC07003 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

カマスは顔付。顔ほっそいのねぇ~。それと歯もしっかり。
しかし、肉厚のむっちりボディのカマス料理はシンプルだけど美味しい一品でした。
DSC07004 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

南部鉄器で作ったブイヤベース
ビスクで作られたブイヤベースには、色々なシーフードが入っています。
もちろんお野菜も。濃厚ビスクで煮込まれたブイヤベースはしっかり味。
自家製アリオーリソースでアクセントを加えると後味すっきりでいくらでも食べられちゃいそうです。
DSC07006 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもこの魚介類の凝縮した出汁でリゾットを作ってれるんです。
ちょっと味が濃いかな・・・ってお酒を飲まない私は思いましたが
ワインなんかを飲んでいる人にはちょうどいいかも~。
DSC07011 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに私はお替わり自由のグリーンティー。
500円だったか600円だったか・・・。そんな価格でお替わり自由はかなり嬉しい。
アイスティーも同様のサービスがありました。
DSC07025 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ほとんどシーフードメニューですがお肉料理もメインで数品ありました。
お肉好きの人も行けるので安心して~。
DSC07023 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

村上君のピーチフレンチトースト バニラアイス添え
もう一品頼むにはちょっとお腹がいっぱいで・・・。でも少し重いものがたべたいなあ~と
思った時に、フレンチトーストの文字がきらめきました。しかもなんだ、この村上君という
特別感。村上君は厨房で美味しいお料理を作ってくれるスイーツ男子でした~。
加えて、私の大好きな桃が乗っかっているんだったらオーダーは決まりです。
濃厚アイスクリームとしっかり味付けされたバケットで作ったフレンチトースト。
ちょっと焦げたところがキャラメルみたいでガツンとくる~。お食事の最後は
しっかり糖分で血糖値をあげて、満腹で終了しました。
DSC07026 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お友達はチーズケーキ。これにバルサミコ酢をかけるという不思議なマリアージュ。
DSC07030 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

このバルサミコ酢は山梨県で作られた”なでしこ農園”のもの。さらりとした
バルサミコ酢はチーズケーキに軽いアクセントを加え、楽しい味わいにしてくれました。
DSC07035 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

FRESH SEAFOOD BISTRO SARU  代々木上原店
(フレッシュ シーフード ビストロ サル)
東京都渋谷区元代々木町10-8 代々木上原tt1F
050-5789-3776

休日の和ブランチ

3連休だったのでお家で和ブランチ。
休日だってこまごま用事があるし、一人だし。
簡単でヘルシーなのがいい。そんな気分で作ってみました。
相変わらず渋いごはん・・・汗。
DSC06990 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ちりめんゆばごはんは、俵型に結んでみました。
DSC06995 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このちりめんゆばごはんは、京都の野村佃煮さんのもの。
ご飯に混ぜれば簡単なご飯のできる簡単ごはんの素。
先日、店頭でヘルシーだし使えそうと思って買ってみました。
DSC06984 (2)

 

 

 

 

 

 

 

カツオの燻製。これはお友達からもらって、楽しんで食べられる時に食べようと
大切にとっておいたの。ふふふ、スライスすれば、勝手にご飯のお供。
DSC06994 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

高知福辰さんの、味付生節・鰹ぐるめという番茶で味付け。
さくらの木のチップを使って燻製しています。
柚子果汁を使っているのでさっぱりした味わいもあります。
DSC06987 (2)

 

 

 

 

 

 

 

ひじきの煮物、厚焼き玉子、三つ葉のお吸い物も作って。
ほっこりごはんでのんびりした休日を過ごしました。
DSC06997 (2)

バンビーナの集大成♡6/30OPENうしごろバンビーナ渋谷店

6月30日にオープンしたうしごバンビーナ渋谷店に伺いました。
17時~24時の営業時間ですが、17時の開店を待っている人がちらほら。
オープンしたばかりなのに、この知名度凄い!!
店長さんも大忙しいです。さすがうしごろグループですね。
DSC06867 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて。
うしごろバンビーナ渋谷店ですが、バンビーナとして5店目の出店です。
恵比寿、中目黒、五反田、新橋店に続き、うしごろバンビーナの集大成
としてうしごろバンビーナの様々なノウハウが詰まっています。
DSC06929 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1階は仲間と気軽に小皿料理や塊肉が楽しめる”スタンディングバル”。
1階には厨房があるので10席のみ。かなり競争率が激しそうですね~。
2Fは、Bambinaらしさを堪能できるテーブル席。
3Fは、居心地の良さを追求した個室・半個室。
私は今回3階の半個室のスペースでいただきました。
うふっ。カジュアルですが、おされな雰囲気ですな。
DSC06868 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はご招待メニューということもあり、3階にいながらにして、1階のバルメニューも
楽しめる、こちらのメニューをいたたきました。
DSC06870 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、ビールで乾杯ですかね。
今回もいつものごとく女子会。
女子でがっつりお肉を食べて元気もりもりになっちゃいますね~♪
DSC06873 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節のナムルとキムチの盛り合わせ。
これは焼肉屋さんには必需品です。
特に私はカクテキ大好き。そしてこれまた大好きなスナップエンドウも♪
DSC06874 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ビーフ・スプリングロール/500円
-渋谷店1階バル限定-
お肉屋さんならではのスプリングロール。牛肉が入っています。
お野菜もたっぷりなのがいい~。やっぱり野菜は摂っておかないとね~。
DSC06881 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒毛和牛のブレザオラ/800円
-渋谷店限定メニュー-
ブレザオラは牛肉の塩漬の干たもの。イタリアの郷土料理です。
うしごろバンビーナのような色々な用途に使えそうな焼肉屋さんには
こういうメニューもいいですね。
DSC06878 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブレザオラは、まあなんというか、生ハムみたいな感じですが
もうちょっと肉肉しい感じでしょうか。
DSC06885 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

スプラウトサラダ/500円
あっさり味のサラダは500円という価格もあり頼んどかないとですね。
DSC06884 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

バンビーナ”ロック”ステーキ/1,500円
-渋谷1階バル限定-
赤~いお肉は美しいですね~。
前列の5切れほどの分量で1500円分くらいでしょうか。
通常は内腿ですが、この日はヒレ肉を焼いてもってきてくれたので
超やわらかぁ~、とろけるぅ~。
お塩かマスタード、もしくはにんにくのソースでいただきます。
DSC06892 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ソースでもいただきました。
良いお肉で出してくれたので、私は塩が一番好みかな。
DSC06899 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

バンビーナハンバーグ(フレッシュトマトソース)/1200円
-渋谷店1階バル限定-
トマトソースが美味しいハンバーグです。
麻布十番の鉄板バンビーナと同じスタイルでプチパンで出してくれますが
こちらのソースは十番よりマイルドでした。また違った魅力で美味しいかったです♡
DSC06901 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

中は現在人気の半生タイプ。お肉に自信!という表れですね。
DSC06904 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

牛テールとトマトのスープ/300円
ちょっと一休みってところですかね。
ちゅるちゅるぅ~っとね~。こういうところでスープっていいですね。
DSC06910 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B.B.B(バンビーナ・ビーフ・バーガー)/2000円
-渋谷店1階バル限定-
うわっつ♪すごいハンバーガーが出てて来ました!!!
下が食パンみたいなパンで、その上に玉ねぎやらベーコンやらいろいろなものが乗って
そのうえにビーフのハンバーグが乗っています。ソースもたっぷり。上にはバンズは乗ってません。
もうハンバーガーの領域を超えていますね~♪
DSC06914 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白いコーヒーブラマンジェ/500円
うしご定番のデザートです。白いのにコーヒーの味がする楽しいデザートです。
DSC06928 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

サクッと、1階のバルで立ち飲みもOK。
じっくり2階か3階で焼くのもOK。
リーズナブルにお肉ワールドを堪能できちゃう渋谷店で
バンビーナワールドを堪能してみてね~♪

♠うしごろバンビーナ渋谷店
東京都渋谷区桜丘町16-9 渋谷Xeビル
03-3770-4129