アクイーユのサラダランチ

オープン当初は食堂のように使っていたアマンディーヌ。やがてお店は改名されアクイーユに。
アマンディーヌ時代からその佇まいやメニューですっかり恵比寿の人気店に上りつめました。
DSC09007 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャビーなエントランスドア。こういうアプローチに女子は弱いですかね。
ガラスに貼ってある広告がフォトジェニックではないですが、告知としてはしかたないんでしょうかね。
DSC09009 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつものサラダランチを御願いしました。
サラダ、スープ、パン、ドリンクがつきます。この日のスープはミネストローネでした。
DSC08978 (2)

DSC08985 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンは2種類ついてきます。
DSC08988

 

 

 

 

 

 

 

 

サラダは大きなガラスボウルに入ってきます。
昔はもっと具沢山だったのですが、ちょっと残念な結果に。
てか、サラダだから葉モノ野菜が多いほうが良いというリクエストがあったのかもしれませんが
私は具沢山なサラダがすばらしいと思っていたので、もうサラダランチはオーダーするのやめよう。
DSC08996 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

レタスをいっぱい摂りたい人はおススメかも。
iphoneの大きさでボウルのお大きさが分かりますでしょうか?
レタスたっぷりサラダです。
DSC08993

 

 

 

 

 

 

 

 

店内はカントリーでかわいい感じ。女子率も高いレストランです。
DSC09000 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンケーキを食べた方が無難かも。
そんな風に感じたサラダランチでした。
DSC09006 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

家恵比寿 カフェ レストラン アクイーユ accueil
渋谷区恵比寿西2-10-10 エレガンテヴィータ1F
03-6821-8888

 

 

 

プロテオグリカン入りのハイブリッツヨーグルト「JOURNEY」

素敵な箱に入ったコスメのような商品。
JOURNEYって書いてある。これなんだと思います?
DSC09016 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨーグルトなんです。それにしてもスタイリッシュなデザインですね。
DSC09024 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなふうにひとつづつ箱に個包装してあるヨーグルトって初めて見ました。
DSC09018 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

それもそのはず。
「ナチュラルプロテオグリカン」を独自のナノ化技術で、のむヨーグルトとしての
配合に成功しました。原料となる牛乳は、北海道八雲地区の指定牧場で育まれた
健康な牛たちから絞ったものだけを使用しています。ヨーグルトの発酵は函館酪農公社の
伝統技術にて、なめらかに上品な味に仕上げられたハイブリッツヨーグルトなんです!!

【プロテオグリカン】ヒアルロン酸、コラーゲンをはるかに超える高分子で、真皮に水分をより多く蓄えることができます。
保湿成分として有名なヒアルロン酸と比較しても、1.3倍以上の高い保湿効果をもち、肌水分の放出からお肌を守り、
潤い肌を保つ重要な役割をはたします。これまでは、高分子の特性として、粘度があり吸収しづらいというデメリット
がありましたが、今回、独自の水溶化技術をプラスすることで、高分子のままプロテオグリカンの機能を損なうことなく
体内の深部まで吸収され、すみずみまで浸透させることに成功しました。また、日本で初めて油脂類やアルコール類を
全く使用しないで水溶化に成功したもので、性能劣化が全くありません。

DSC09049 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ストローも本体に付いています。
DSC09044 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

JOURNEY~心とカラダで旅するヨーグルト~
効率優先の一元的生産システムからの離脱を求めて、生産者有志が1973年に断ち明けた企業
「函館酪農公社」。もとより日本酪農のパイオニアたちの精神を受け継ぎ、心身と直結した
安心や安らぎを意識し、牛乳と発酵のむ原点を探索して「函館酪農公社 LABO」を設立
しました。牛乳が持っている本来のパワーにバイオ科学と開拓者精神による挑戦。
「医(健康)」、「食」、そして「美」を同源であるとの確信のもと、価値ある製品を世に送り出し
ています。先人達が作り上げてきた牛乳やヨーグルトに、先進の科学技術を取り入れ
深くて豊かな宇宙をあらためて探求し、さらなる大航海への旅立ちへ。
北海道八雲地区の大地に根付いた風土を感じながらいただくヨーグルト。
科学の大航海へ。そして大地へといざなう「JOURNEY」な体験なのです。
DSC09046 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

JOURNEY~心とカラダで旅するヨーグルト~
「函館酪農公社 LABO」が渾身の開拓精神によって世に送り出す、
プロテオグリカン入りのハイブリッツヨーグルトは、プレゼントにしてもよさそうですね。
DSC09068 (2)

 

 

 

 

 

 

 

ハイブリッツヨーグルト「JOURNEY」【税込648円(税込)/150ml】

 

リボンキャスケット 函館酪農公社 LABOオフィシャルサイトはこちら

 

 

私厨房 勇でゆったり中華のプライベートテーブルを♪

白金駅、広尾駅から10分強。北里大学、大学病院前の対面。ちょっと恵比寿寄りにある
私厨房勇さんへ行ってきました。こちらのお店。ちょっと変わっています。
今年の5月15日松戸にあった中国麺飯 勇を閉店して白金に移転してきました。
移転・・・と言ってもその経緯がちょっと面白い。
実は松戸時代は人気のラーメン屋さん。常連さん用に特別に出していた中華料理のコースが人気を
呼び、食べログでもいつしかラーメン屋さんではなく、中華料理のお店になっていったそうです。
ホームページがなかったこともあり、初めて来たお客さんからはラーメン屋さんなの?
という肩すかし状態だったそうです。
お客さんからの支持を得て、今回の今の業態になったって言うことですから、期待大ですね。
DSC05962 (5)

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらワインとお料理のマリアージュを楽しませてくださるお店と謳っていますが
私のようにお酒が苦手な人もご安心あれ。ジャスミン茶でいただきましたが十分いけました。
DSC05967_1 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白金店で目指したのは、私房菜。
私房菜は、「シィフォンチョイ」と読むようですが、日本語で読むと「しぼうさい」。
なんか縁起悪っっっ。ってことでプライベートダイニングという意味を残した
「私厨房」としてご自身のお名前の「勇」を付けて店名にしたそうです。
DSC05964 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

店内はカウンター席8席のみ。目の前でシェフが作ってくれる
まさに、シェフズテーブルなキャパシティ。駅から少し離れていますが
その分大人のゆったりとした時間を過ごすことができました。
DSC06005_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

店舗は予約のおまかせコース(6000円)のみ。足りない場合はアラカルトで追加もありです。
広尾で6000円でこの内容はうれしいかも。
広尾のニューカマーは価格的にもちょっと嬉しいお店でした。
DSC05966 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

【私房菜とは】
2000年ころから、始まったこのプライベートキッチンなる様式。
有名高級レストランや海外の著名なホテルのレストランなどで腕をふるっていた
シェフが引退して、自宅で友人や以前のお得意様にだけその腕を披露していたのが始まりだとか。
香港ナビに詳しく書いてありますよ⇒香港の私房菜
三種前菜
この日は3種類の盛り合わせが出てきました。
DSC05969 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鶏ピータンの香味醤油がけ
珍しい鶏のピータンが出てきました。白身の部分がとってもキレイですね~。
味もピータン独特の味がせず、とても上品な味に。
こちらに香味野菜で作ったソースをかけてあっさりいただきました。
DSC05980_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒ゴマバンバンジー
バンバンジーって白胡麻が入っているけれど、これは黒ゴマなのね~。
黒ゴマだとスキッとキリッとした味になるのね。
こちらもミョウガと一緒にさっぱりいただきました。
DSC05971_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トマトの甘酢漬け
酸味と甘味がスッキリ。3種類の味のバランスもしっか計算されていますね。
DSC05970_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

枝豆の中華風ポタージュ
このポタージュ、美味しかったぁ~。
運ばれてきたとたんに、枝豆のいい匂いぃが漂ってきたのですぅ。
写真を見ても、美しい緑でしょ。
これを口に運ぶと、「枝豆!!!」って香りと味わいがするんです。
パターなんかも使っていないから枝豆の香りをダイレクトに楽しめるんです。
またこういうスープ飲みたいなぁ~。
DSC05986 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

活鮑のチャイニーズステーキ
丸ごと一つはうれしいにゃぁ~ん。
白いお皿に黒とグリーンのコントラストがきれいですね。
鮑だぁ~。もちろん肝ソース。胡椒のビリっとした味わいが程よい刺激。
柔らかいぷるっぷるの鮑をいただきました。
DSC05992_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天然車海老と中華野菜の炒め
大きな車海老にたくさんのお野菜が入っていました。
まこもだけ、金針草、黄にら、碧玉筍、韓国かぼちゃ、紅芯大根など食感も味も
楽しい野菜の組み合わせ。しかもとても軽るく上品にまとまったお味。
DSC06004 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

群馬県産せせらぎポークの角煮、A菜の湯引き添え
キラキラ輝く豚の角煮ですね。もちろんお肉はとるっとぅるぅ~。
南乳を使ったソースは軽く麹の味がしますが、決して角のある感じはありません。
お醤油と合わせて作ったソースでじっくり煮込みんであり、むしろすっきりした味わいでした。
A菜もシャキシャキで、トロトロの角煮と、とろお~、しゃきっという口の中のテンポも楽しいですね。
シェフのお料理は、、しっかりバイオリズムのような味わいの組み合わせで、
濃い味のものの後には、あっさり。あっさりした味のものの後には濃厚~。
一皿の中でも、テンポよく自然と楽しいお食事ができるように組み合わされいました。
DSC06013_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〆はチャーハン。
最後にスープをかけていただきます。
DSC06014_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅と紫蘇の炒飯 上湯スープがけ
はじめ、紫蘇と梅かぁぁ。あまり好きな組み合わせではないな・・・と思ったのですが
これはかなぁ~りすきっとしていて美味しいの。中華料理の最後にこのお茶漬けみたいな
炒飯が出てくるとというのはかなり意味があると思うのですよ。おなかがいっぱいでも
こういうスープみたいで、しかもさっぱりしたごはんだといくらで食べられちゃいそうです。
DSC06017_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

徳島阿波和三盆杏仁豆腐
優して、素朴な杏仁豆腐でした。甘いスイーツって感じのデザートではなく
お口をリセットするような感じ。口の中がすきっとして終了しました。
DSC06022 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

カウンターでは黒いまねきねこが待ってますよ。
DSC06025 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

私厨房勇
東京都港区白金6-5-5 モリハウス 1F
03-5422-9773
完全予約制

バーガーマニア恵比寿店

白金で人気のハンバーガー屋さん「バーガーマニア」が恵比寿にも出来ました。
JR恵比寿駅東口を出て、アトレ恵比寿に沿ったエスカレーターがあるのでそちらを下りて、
ロータリーを道なりに進むと、みずほ銀行があります。みずほ銀行前の信号を逆側に
渡り、バスどおりを広尾方面へ。有名なキムカツのある飲食店が立ち並ぶエリアが
ありますが、キムカツの並びでふたつ手前になります。
DSC08158 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

出来ていたは知っていたのですが・・・。なかなか伺うことができず
先日ふらりっと立ち寄ってみました。白金の次に恵比寿を選んでくれるなんて
嬉しいですね。分厚いハンバーガーにかぶりつく幸せ。この日は感じました~♪
DSC08149 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は初体験のバーガーマニアだったので一番オーソドックスなものを選んでみました。
恵比寿に出来たってことはいつでも食べられるってことだから、まずは定番から。
DSC08137 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

パンケーキなんかもあるんですね。こっちもいつかトライしたいです。
DSC08143 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

バンズにもパテにもこだわりがあります。
確か峰屋って聞いたことがありますが、私。峰屋さんのパンを時々買うんです。
酒種酵母で作っていて、普通のパンとはちがった風味があるのんです。
その峰屋さんに特注したバンズと聞いていますが、お肉の風味を逃さない絶妙な風味に
仕上がっていました。このバンズに国産牛100%で作ったハンバーグを挟んでいます。
シンプルに、レタス、オニオンリング、トマトのサンド。
ランチセットにはサラダ、フレンチフライがつきますよ。
DSC08147 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

噛み締めた時に、お肉の味がしっかりしてくるのが印象的。
変にソースも入りすぎないので、お肉の味をしっかり楽しみました。
DSC08154 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

店内も素敵なので少しご紹介しちゃいますね。
DSC08156 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入り口付近の厨房から美味しいハンバーガーを出してくれますよ。
DSC08157 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

バーガーマニア 恵比寿店
東京都渋谷区恵比寿4-9-5 マンションニュー恵比寿107
03-6277-4221

“美肌スイッチ”がONするローション


科学の力がどんどん進化するに従い新たな発見もいっぱい。
私の肌の中にも眠っている美肌があるんですって。でもその美肌の受容体なるものが
加齢によって低下し、その結果、肌機能が低下し、肌力が衰えていく。その受容体の
中にも、加齢の影響を受けず存在し続けるものもあるようです。いわばこれが美肌
に変化するための美肌スイッチ♪この美肌スイッチを入れてくれるのが
8月1日発売の「シュウ ウエムラ TSUYA ローション」
DSC09197

 

 

 

 

 

 

 

 

8月1日発売のTSUYA ローション Ⅲ(リッチ ジェル タイプ)を使ってみましたが
お肌のタイプによって選べるよう3種類のローションがあります。
・オイリー肌やさっぱりとした使用感がお好みの方向けの< Ⅰ >
(フレッシュ ウォータリータイプ:みずみずしい使い心地)
・混合肌の方向けの< Ⅱ >
(ウォータリータイプ:しっとりした使い心地)
・乾燥肌の方向けの< Ⅲ >
(リッチ ジェルタイプ:とろみのあるしっとりした使い心地)
DSC09199

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は乾燥肌なので、やっぱりとろみのあるⅢ(リッチ ジェルタイプ)がいいかなぁ。
コットンに出そうとした時も、おっ、とろみがあるぅ〜。
ボトルの先をコットンにつけてたっぷりつけて使いました。
お肌につけるとお肌の表面がシャキーンと表面が滑らかになるにはびっくりしました。
これが、シュウ ウエムラ言う、「TSUYA 」なのね〜思いました。
お肌の表面に一枚ベールができて表面がクリアになります。
メイクアップアーチストがこだわるメイクの土台となるお肌がこれで完成。
これはメイクのノリが良くなりそうだわぁ〜。
DSC09206

 

 

 

 

 

 

 

このローションで考えたのは、加齢による肌の自浄作用の衰えが影響しているのではないかと。
この”汚れ”をきれいにする力に着目したのが今回発売になった新化粧水「TSUYA ローション」。
2012年に生まれ、大ヒットした「TSUYA」シリーズから、ついに新登場しました。
CPコンプレックス(酵母エキス*+ラムノース*)を配合し、瞬時に肌の隅々に浸透して美肌
スイッチON。肌を浄め、眠っていた美の源を起動します。みずみずしさあふれる、
もっちりした肌触り、ピュアな透明感。くすみ感のない、深い輝き。
透けるようなまさにクリスタルクリアな素肌へと導きますよ。*整肌成分
DSC09195
 

 

 

 

 

 

 

TSUYA ローションも使ってみました。
シュウ ウエムラは、こういう付属品というかコスメ周りのもの本当に優秀。
ブラシとかスポンジとか大好きなんですが、コットンを使うのは初めてです。
DSC09201

 

 

 

 

 

 

 

 

専用コットン(シルク スプリーム クリスタライザー 天然シルク&コットン)
表面は100%シルク、裏面は100%コットンのダブルサイドって〜。やっぱりリッチ。
DSC09202

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろんシルク面を使いますが、お肌に優しく触れながら、しっかりお肌に
ローションが届くと言う訳ですね。美しい肌にこだわるシュウ ウエムラならではです。
DSC09204

 

 

 

 

 

 

 

 

TSUYA ローション ブランドサイト

 

 

 

お土産におススメ『治一郎のバームクーヘン』

先日送ったところ、父があのバームクーヘン美味しかったよと言っていたので、
こりもせず今回の帰省土産に治一郎のバームクーヘンを選びました。
あまりバームクーヘンは好きではないのに珍しんですよね。

持ち運びにそなに苦労もしないし、お値段もお手ごろ。そして誰でも好きな味というお土産の
鉄則みたいなものを3拍子かねそろえているから、かなり便利に使わせていただいています。
叔母のお家には他のお菓子とセットの贈答商品を購入しました。
この季節はお墓参りやらお線香をあげたりと私もそう習慣を大切にしているんです。
DSC08936 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっとりケーキのような食感のバームクーヘン。
卵黄と卵白を別々にあわ立て、23層もの年輪を作って、レアに、そして薄く作っているそうです。
お土産で実家に買って行ったのに、何切れも食べちゃった。そんな話をしていたら、
好きなだけ食べてお帰りなさいと。親っていくつになっても甘えさせてくれる。なんか涙。。。
もっと大きなバームクーヘンがあればいいのに。いつもそう思っています。
DSC08938 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治一郎オフィシャルサイト

ケンズカフェで貸切パーティー

ガトーショコラで有名な氏家健治氏のお店「ケンズカフェ東京」。
時折、パーティープランでは、貸切レストランとしても営業しています。
パーティーでは、氏家氏がホームパーティーのホストのように、ワインをもってきてくれたり、
ワインを注いでくれたりと料理を作りながら徹底的なサービスもしてくれました。
IMG_8274 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

氏家さん、いつも笑顔でサービスしていただいてありがとうございます。
この日もたくさんワインをいただいちゃった。うふっ。
IMG_8280 (2)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はとある会がこちらで開催されていて、主催者からご招待されました。
その会のことは後日発表させていただきますね。
IMG_8261 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帆立のクリームソース キャビア添え
IMG_8259 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャガイモとトリュフのオーブン焼き
IMG_8260 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

メインはこちら。雲丹のパスタです。
これインパクトありますよね。
私も以前ガトーショコラ教室でこちらのパスタを出していただきました。
パスタにも雲丹のクリームソースをたっぷり絡めて、その上にはさらに雲丹を添えていきます。
IMG_8264 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

見てくださいよ~。これですよ。これ。雲丹がどっさり。
箱に入ったまま、乗っけてます。これ、何度見ても感動しちゃうんですよ。
もちろん今回も登場した時には大歓声でした。
IMG_8262 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも鳥と野菜のソテーなども。
IMG_8266 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

このプリンも美味しいんです。卵をたっぷり使ったかなり濃厚な味。
キャラメルがほろ苦くて大人味です。
IMG_8270 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はケンズカフェ東京のご自慢のガトーショコラ。
これは私のブログで何度もご紹介していますが、覚えてないって方はこちらを見てね。
◇スワロフスキーのジュエルボックスの記事
IMG_8289 (5)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガトーショコラは多くの方々に支持を得て、ビジネス書でもさらに成功されています。
DSC00521 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KEN’S CAFE TOKYO オフィシャルサイト

 

 

 

カルピス×銀座木村家の期間限定クリームパン♪

お友達から銀座木村家にて期間限定で販売しているカルピスとコラボレーションした
酒種「カルピス」クリームパンをいただきました。アンテナの高い女子なのですが
こんなの知らなかった~と私もひとこと。楽しいコラボレーションのアンパンにテンションアップ。
青いラベルが、カルピスの水玉パッケージを連想させます。
DSC08653_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

木村家の独特の生地に、白胡麻がついます。さすがに水玉・・・というわけには
いきませんがカルピスクリームパンには、マンゴーもあってその上にはオレンジ色の
白胡麻がついているので、そちらのクリームパンと差別化しているようです。
DSC08656_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

クリームはほんのりカルピス味。
クリーム系ですがカスタードよりもだいぶさっぱりしています。
昔、どこかで食べたことがあるような、ちょっと懐かしい味にも思えました。
この季節、冷やして食べると美味しいと思います。
DSC08659 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

7月2日~8月31日までの期間限定販売です。
詳しくは、銀座木村家総本店のオフィシャルサイトをご覧ください。

 

 

 

シュウ ウエムラ「ザ・ライトバルブ オレオパクト ファンデーション」


数々の賞を受賞した「ザ・ライトバルブ シリーズ」から、クリームファンデーションが新登場しました!!
クリームファンデーションの「カバー力」と「保湿」に、『くすみ知らず』という素晴らしい機能が加わりました!
DSC08909 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はお肌の乾燥もすごいし、若くもないので「カバー力」と「保湿」も重要だけど、
加齢による悩みのひとつに「くすみ」だってあるのです。そのくすみをしっかり
カバーしてくれるザ・ライトバルブ オレオパクト ファンデーション
この製品で追及したのはノン ウォーター設計。
水分蒸散による変化が起こりにくい状態を作り出しました。
DSC08910 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

この新たなクリームファンデーションの仕上がりを大きく左右するのがこの専用
ドームスポンジ。かわいいクッキーっていうかマカロンみたいですよね。
この形がポイントなんです。シュウ ウエムラはファンデーション自体も
優秀ですが、付属のスポンジも楽しくて使いやすくて好きなんです。
これも同シリーズのスポンジ同様、こちらも職人の手によって作られていますが
シュウ ウエムラではブラシなどと同様にこだわりをもってツールを作っているので
製品とともにこういうツールを使いこないすとさらに効果倍増ですね。
DSC08914 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

クリーム ファンデーションは筋ムラができやすいと言われていますが、それを改善
したのがこのドーム型。なんか使うのも楽しくなっちゃいますね。
わぁ~。スポンジにとると確かにクリームファンデーションです。
少量でよく伸びるので取りすぎに注意。独自の使い方を参考にしてっと。
短時間でベースメークが完成する付け方を考案しているので簡単に仕上がります。
よれやすい所はポンポンとたたきこむように塗布すれば出来上がり。
クリームファンデーションってつけると能面のような仕上がりになるものも多いのですが、
付け心地も軽やかだし、かなりチュラルな仕上がりになりました。DSC08920 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

014年8月22日に新たにクリーム タイプ『ザ・ライトバルブ オレオパクト ファンデーション』
「シュウ ウエムラ様に商品をいただき、モニターに参加しています」

 

 

 

昼間からアルドアックへ伺いました♪

代々木公園にあるモダンスパニッシュ「アルドアック」。
オーナーシェフの酒井さんとはFacebookでもお友達になっていただいているのですが
Facebookを通じて1日限定でゆる~く昼間の営業をされるというご案内いただきました。
昼間に伺うアルドアックってあんまりないかな~ということでお友達を誘ってお伺いしました。
DSC07190_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと内輪モードでしかもバル形式の営業とのことで酒井さんも今日は僕も緩やかに~と
なんとなくゆるやかに和やかにカウンターの中でお料理を作ってくださいました。
まあ私たちはゆるりと昼間からワインなどを飲みながらカウンターでまったりなんですけどね。
なので、ブログでもサクッとご紹介したいと思います。
DSC07174 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

アボカドと桃のサラダ
桃好きな私はこちらを。お家でも真似しちゃおうってサラダでした~♪
DSC07164_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカンチェリーのガスパチョ
夜のメニューでも登場するアメリカンチェリーのガスパチョ。
友人に美味しいよ~とおすすめしました。
DSC07167 (2)

 

 

 

 

 

 

 

アホブランコ
これも定番。バルでもしっかり作ってくれたので、お願いしました。
DSC07170 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

鮎のコンフィ
先日は3枚におろしたリゾットでいただきましたが。
鮎の内臓のソースとミントのソースでいただきました。
DSC07176 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

赤ワインなども~。
DSC07177 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

黒豆の煮込み
DSC07178_1 (3)

 

 

 

 

 

 

 

黒豆の煮込みと言ってもスープのようになっているんです。
これとっても美味しい~。
DSC07183_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ピキージョ
アルドアックのスペシャリテです。この日は盛り付けも軽く~。
DSC07184 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

デザートは桃のコンポート
桃大好き~。桃がまるまる半分入ったコンポートは私にとって最大のご馳走です。
DSC07185_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

入口の床に書かれた案内看板はいつもと変わりなく迎えてくれました。
DSC07189 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家Ardoak アルドアック
渋谷区上原1-1-20 JPビル 2F
03-3465-1620