うしごろ銀座店特別コースをいただきました♪

4月21日満を持してオープンした『うしごろ銀座店』の試食会にお招きいただきました。
DSC05119 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個室にお通しいただきました。うしごろはオープンなスペースもありますが個室も充実。
シックでモダンな空間なので銀座での接待や、親しい友人との食事会にも利用できますね。
DSC05112 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはシャンパーニュで乾杯。
DSC04984 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり黄金色に輝く泡は美しく、特にある程度のランクの食事にふさわしい。
うしごろも銀座店も、ビールもいいけどシャンパーニュを飲んじゃおうかなと、
ちょっとワンランク上を体験したくなるようお店でした。
DSC04987 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ワインなども充実していて、グラスから楽しめます。
もちろん他のお酒も豊富なのでお肉とお酒のマリアージュを相談してみてくださいね。
DSC05115 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常のコースは、6500円、8500円、10000円(2種類)ですが、
今回はは試食会ということで、普段は出していない特別メニューも含めて出していただきました。
さて、待望のうしごろ銀座店の実力やいかに!!
和牛の手毬寿司と春野菜の白和え
五種の手毬寿司(漬けとマスタード・胡麻紫蘇とゲランドの岩塩・柚子胡椒と甘ダレ)、
旬の恵みの春野菜の白和えと唐黍、食感楽しい蓮根の真薯
DSC05002 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな手毬寿司の中には、心くばりがいっぱい。
ゲランドの塩ののったものには、大葉と白ごまで大葉の香りとプチプチ食感、
ゆず胡椒にはあまだれで奥深い味わい、
マスタードには酢飯は一番プレーン。それぞれ違った味わいが楽しめます。
春野菜の白和えは出汁で炊いたソラマメやオクラなどが添えられていました。
レンコンの真丈はふわふわでかなり美味しくて、ここ焼肉屋さんだよね。。。。と
一瞬和食屋さんにきたんだっけ?と勘違いするほどのクオリティ。
今回は試食会ということでメニューにないものも出していただきましたがお肉以外のメニューも
絶対に美味しいとスタートから確信をした先付でした。
DSC04989

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は赤いBOXが登場しました。
え?これ何?
店長さんが今後お土産にも考えていきたいと思っているんですよ、どうですか?と。
DSC04996 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中身はサンドイッチ。ヒレとコンビーフを使ったサンドイッチでした。
ひゃー、おいしそう。でもちょっと待って。他のお肉をまずは味わいたいということで
こちらはお家でいただくことにいたしました。
DSC04998 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肉素麺
キラキラ輝く赤身と山芋の白のコントラストが、あまりにもビューティフォー。
このたたきは、赤身のうちももを一旦昆布で〆て、そうめんのようにカット。
だし汁の中で山いもをかけていただきます。
DSC04999 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

たたきと言っても、まるで和牛ラーメン。細くカットしてあるのでとっても食べやすかったです。
DSC05005 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒毛和牛ホルモンの白みそ仕立て
いわゆる煮込みにです。使われているのは鮮度の高い小腸。通称こぷちゃんでした。
白濁したスープは白みそとクリームチーズ。
はじめから少し洋風の香りがするぞっと思ってちょっとお行儀が悪いけど
くんくんスープの香りをかいでしまいました。クリームチーズでこんなにマイルドになるのね。
この和洋折衷スープで煮込で煮込みが一気におしゃれなお皿になりました!
DSC05008 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~焼物は、塩とタレの2種類で堪能させていただきました~

そして、そして~。きたーーーーー!!!厚切り3兄弟!!!
みんな塩焼きで、お好み実の薬味をつけていただきます
薬味はつけずお肉の美味しさを味わうのもいいと思います。
うしごろの看板ニューのひとつともいえる「黒タン厚切り」!!!。
そして、さらに分厚い、極厚ヒレ、そしてハラミの3種盛りです!!!
DSC05012 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

このサシがすんごいよね~。ステーキか!!!って言う感じ。
しっかりした小豆色。そしてこのフレッシュでさらっとした表面が肉質の良さを物語っています。
DSC05015 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分厚いタンには切り込みが入っているに驚きました。
この切り込み、焼いた時に意味が分かりました。
DSC05016 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

網の上の存在感、すごし!!!
こんな分厚いタンはなかなかお目にかかれません。
DSC05026 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きゃーーーー。鮑のような焼き上がり!!!
このさ。タンに切り込みが入っているのがすごいじゃない?
タンっと薄くてもしゅわしゅわぁ~って縮むっていうか丸まっちゃうっていうか。
だからこれも切り込みがはいっているくんだと思うんだけど、その切り込みが
はれつするようにお肉がふっくらするのも楽しいなぁ~。
タンのサクサク感もしっかり楽しみながら、お肉を堪能しましたよ。
これは、青唐辛子味噌とレモンで違いを楽しみました。
DSC05033 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして脂がじゅわじゅわぁ~って焼けたハラミ。
これも分厚いですよね。Sランクの極上ハラミなのですが、脂も少し多め。
DSC05051 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うしごろでは本わさびをこのためにだけ目の前ですりおろしてくれます。
このハラミのためにだけですよ。超贅沢ですよね。
DSC05036 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すりおろしたばかりの山葵は辛さよりも爽やかさが強い。
特にこの脂の強いお肉に乗せて食べたら、いくらでも山葵が乗っちゃうねって話しながらたべてました。
ハラミの脂のうまみを感じながら、後味はわさびでしっかりオフ。
これがハラミの正しい食べ方だよねという瞬間でした。
DSC05054 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして満を持して登場したが、極厚ヒレです。
極厚って書いてあるけど、すごいのはその極厚の断面のサシ!
これが食べた時にどうなるか、想像しながら焼けるのを待ちましょうかね。
DSC05060 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店の方が丁寧に焼いてくれます。
上質なお肉は失敗したくないからお店の方が焼いてくれるととっても嬉しい。
もちろん肉奉行はどうぞご自分で焼いてください。
DSC05066 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お肉がはちきれんばかりにぷっくら焼きあがっていました。
この中のお肉はどんな状態になっているんでしょうか!!!
DSC05074 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲランドの塩につけて、口に運びます。
この大きなお肉の塊をお箸でそのままいただけるってこれまた贅沢。
DSC05077 (2)

 

 

 

 

 

 

 

一口食べると、きゃーーー。真っ赤なお肉の登場です。
中は赤いけど程よく火が通っています。ミディアム状態ですかね。
なんども言いますが、これはステーキではないんです。
あくまでも焼肉。高級焼肉店はなんでもやってくれるなと感謝しちゃう。
DSC05080 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コムタンスープ
このコムタンスープは6時間煮込んで作っているそう。
炙ったテールもスープと共に美味しくいただきました。
DSC05075 (2)
 

 

 

 

 

 

ザブトンのすき焼き 上ミスジ 
ザブトンと上ミスジの2種類のお肉。よーーく見るとちょっとサシが違いますよね。
左がミスジ、右がザブトンです。
DSC05081 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

「焼物 タレ」は、ザブトンのすき焼きです。三栄鶏卵の満月の卵黄が添えてあります。
小さな一口サイズのごはんも。
DSC05086

 

 

 

 

 

 

 

 

大きなお肉は軽く焼いて。熱が入りすぎないようにあくまでも軽く。
DSC05089 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タレ、卵黄の順番でからめていきます。
DSC05094 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ごはんは1/2くらいの量だと一口でいけます。
お肉で包んでいただきました。
DSC05095 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒毛和牛ブリスケの治部煮
治部煮は金沢の郷土料理。これを黒毛和牛のブリスケで治部煮にしました。
前股の内側にある肩 ばら肉(かたばら)のこと。しっとりしたバランスの良い部分は
こういう煮物にしてもばっちり楽しめました。
DSC05096 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな料亭のようなお料理も出していただけるなんて幸せ。
DSC05105 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

牛すじの金波
柔らかい牛すじをフルフルの茶碗蒸しに仕上げました。
DSC05101 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和風冷麺
カツオだしのきいたまさに素麺です。
DSC05106 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

生海苔を添えるとさらに奥深い味に。
DSC05107 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほうじ茶プリン
濃厚な玉子満月で作ったプリンです。
ほうじ茶の苦味と香りで大人のプリンに仕上がりました。
DSC05110 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西麻布店と並びうしごろグループの最高峰となる銀座店ではお肉も他店と差別化し、
『吉澤』のお肉を使っています。吉澤は、松坂牛をはじめとする「これだ!」と思った雌牛を1頭買いし、
水冷式の冷蔵でじっくりと熟成をかけて、最高の状態で出荷する東京都指定仲卸。
銀座店では吉澤から仕入れた黒毛和牛のA5ランクのお肉のみを使用し、『肉力』にさらなる磨きをかけ、
直球勝負をかけてきました。だから今回いただいた分厚いお肉でさえも口の中ですっと消えていきます。
美しいサシの入った赤いお肉はエロスさえ感じてしまうほど魅力的。
炎越しに絡めた視線で愛も深まりそうな予感がしました。
DSC04430 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀座店では素敵な山名店長がお出迎え。
メニューの相談もお酒とのマリアージュも店長さんに相談してみてくださいね。
メニューはアラカルトに加えてコース(通常のコースは、6500円、8500円、10000円/2種類アリ)。
銀座の新たな新名所でこだわりの焼肉をいただいてみてはいかがでしょうか?
DSC05114 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼肉うしごろ 銀座店
中央区銀座1-6-6
03-3538-1129

 

 

コメントを残す