沖縄サミットで一気にブレイク『石垣牛』が東京でも食べられるよ☆本格炭火焼肉『わたなべ』

2000年に行われた沖縄サミットって覚えてますか?
ここで話題になったのは、2千円札。友人が印刷局でこの2千円札の担当だったので
発行された後にこの2千円札に使われている、いろいろな印刷技術についても
聞いた記憶があります。友人が記念紙幣にかかわっているということもあり、
私にとってはとても興味深い出来事だった沖縄サミット。イメージソングを沖縄出身の
安室奈美恵が熱唱していたことや、田崎信也氏が泡盛の古酒を使ったことなども
話題になりました。庶民の私としては、マスコミに取り上げられた話題で最も興味深かったのが
沖縄の晩餐会で使われた石垣牛。この時石垣牛なるものを初めて知りましたが、
くーーーー、食べてみたい!!!と思ったのは私だけではなかったはず。
DSC04785 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなセレブの舌をもうならせた石垣牛が東京でも食べられるようになったんです!!!
石垣にもあるお店ですが、東京進出1号店はなんと平井!!!
美味しいモノを求めてどこまでもぉぉぉ。私は電車に揺られて平井まで食べにいったわよ。
でも牛はもっとすごい。飛行機に乗って石垣からやってくるんだよ~。
本格炭火焼肉わたなべは、平井の商店街を抜けて徒歩10分ほど。大きなバス通りに
突き当たると小松川小学校が見えます。お店はそのちょっと先なのだ。
DSC04652_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼肉屋さんと聞いていたので、さぞかしお肉の匂いが染み付いてしまうか・・・。
そんな心配もありましたけど、テーブルに備え付けられたダクトがいい具合に吸気をしてくれて
洋服に匂いが付かずに帰れました。こういうところも重要なんですよね。最近の焼肉屋さんは。
DSC04704_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて。沖縄らしく海ぶどうサラダから。
新鮮なプチプチが透き通ってきれい。沖縄にならではの素材からスタートしました。
DSC04659_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホルモンから行きましょうかね。ホルモンの中では唯一石垣牛なのはこの丸腸だそうです。
自家製の味噌につけられて、焼く前からおいしそうです。
DSC04662 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ぷっくらぁ~。丸腸って焼けるとぷっくら膨らむぅ~。
DSC04673 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

脂もしたたるイイ男・・・おっとすみません、いいホルモン。
いい感じに焼きあがりました。お肉も新鮮なので適度に火を通したらOK。
お味噌のちょっとピリ辛な感じがナイスでした。
DSC04681_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん備長炭で焼き上げます。
DSC04784_1 (2)
 

 

 

 

 

 

丸腸の次は、お肉へ突入。まずはハネシタですよ~。
美味しくお肉を焼くにはやっぱり備長炭はかかせませんね。
DSC04686_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも軽く炙る程度でOKです。。
DSC04688_1 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

イチボは少しサシが多いですが、さすが美しい♡
DSC04695_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反り返ったお肉の上にはうっすら脂が光っております。
これだけでじゅるじゅるぅ~って感じですよね。
脂と共にお肉がとろけるように口の中に吸い込まれていきました。
DSC04701_1 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼きしゃぶ ロース芯
焼きしゃぶですかぁぁぁぁ。美しいサシ。
そし見たからに柔らかい。そんな印象を受けますよね。これ。
DSC04706_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンクの肉質も美しいですが白い脂身もきれい。
これは柔らかいお肉として焼けそうですね。
DSC04707 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目に違わず、お肉はとっても柔らかい~。ほっぺが落ちるってこういうことよね。
私はゴマダレが好きなので、さっと炙って、ゴマダレにつけていだきました。
ゴマダレの味が少し酸味が強いので、あまりつけすぎず、お肉の旨味を堪能してくださいね。
ポン酢もあるのでお好みでいただきまーーす。
DSC04709 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼きすき ロース芯
すき焼きの方はあらかじめタレにつけられて出てきました。
DSC04725_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

焼く直前に再度タレに通して、網の上へ。
一枚が大きなお肉なので一枚ずつ焼いてくださいね。
DSC04735 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お肉がすぐに汗をかいて、キラキラしてきます。
周りが白くなってきたら裏返してっと。
DSC04729_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

さささーーーーっと焼いて、大きいのでちょっと丸めてトングでとっていきます。
DSC04731_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

まさにすき焼き。玉子に通していただきまーーす。
タレと玉子の黄身がマッチしてこちらもとろけるぅ~。
DSC04743_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お食事はビビンバを。
石焼チーズビビンバと石焼ビビンバをいただきました。
DSC04749_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

混ぜ混ぜして、いただきました。混ぜたらおこげも作ってね~。
味は石垣の味付けのまま。ちょこっとしょっぱいはご愛嬌かな。
DSC04757_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

島牛 ロース&カルビ
石垣の人は石垣牛を食べるですか?という私たちの素朴な質問にお店の方が答えてくれました。
まあ石垣牛はブランド牛ですからね。普段はこちらの島牛というのを食べるそうですよ。
こちらは少し肉肉しいお味がしました。食べ比べると石垣牛がどれだけ上質なお肉かが実感できました。
DSC04763_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

石垣牛の取扱い業者はこういう証明書を持っています。燦然と輝く印籠のようなものだわね。
沖縄のお肉ということで、アグー豚みたいに少し味が濃いのかなと思ったのですが、
コクはあるけど、甘くて柔らかい。ある程度牛肉の味も楽しみながら、口の中でいつの間にか
消えているお肉。セレブに加わって、平民の私はもちろん美味しいと思ったのでした。
DSC04768_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JA石垣認定の「石垣牛」とは、
1.八重山郡内で生産・育成された登記書及び生産履歴証明書を有し、八重山郡内で生後
おおむね20ヶ月以上肥育管理された純粋の黒毛和種の、去勢及び雌牛のことをいう。
2.出荷期間は、去勢で24~35ヶ月、雌で24~40ヶ月の出荷範囲以内とする。
3.品質表示は、日本食肉格付協会の格付を有する枝肉
特選 : 歩留等級(A・B)肉質等級(5等級・4等級)
銘産 : 歩留等級(A・B)肉質等級(3等級・2等級)
4.1~3までの条件を満たした枝肉に対し石垣牛ラベルを発行する。
5.店舗販売業者においては、JAおきなわの発行する「石垣牛」ラベルで表示致される。
DSC04777_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

デザートはシルクアイス。
DSC04773 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お店では最後にこちらのオリジナルガムをいただきました。
DSC04775_1

 

 

 

 

 

 

 

 

本格炭火焼肉 わたなべ
東京都江戸川区平井2-21-13-1階
(平井駅より徒歩10分)
03-5628-6265

コメントを残す