門前仲町のイタリアン『Passo a Passo』

門前仲町のパッソアパッソ。イタリアンですが、イタリアンの枠を飛び出し
オーナーシェフの有馬シェフの独自の世界観にどっぷり浸れる有馬料理のレストランです。
この日は、小夏を使ったカクテルから頂きました。
DSC04877 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーブウォーターも一緒にいただきました。
有馬シェフは素材にかなりこだわった料理人。
生産者とのコンタクトを取り、自分の目で見極めた素材を使って料理を作ってくれます。
このたっぷりのハーブで作ったハーブウォーターも私にとってはかなり贅沢。
だって、カラダは確実にイキイキとしてくるはず。
DSC04879_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこのハーブウォーターに添えてある小夏をきゅっと絞ってね。
ハーブウォーターだけでも美味しかったのでそれだけで飲んでいたら
有馬シェフに絞って飲んでね~とアドバイスがありました。
DSC04885 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンテカートとフリット
フレッシュな香り高いオリーブとリコッタチーズを使ったマンテカートと
蕗の薹の香りと苦みのあるフリットをいただきました。
オリーブも蕗の薹も少し癖のある素材。香りにひねりのある食材からシャキーンとスタートしました。
DSC04884_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日はBEAU PAYSAGEをいただきました。
山梨県北杜市にあるワイナリーでこのメンバーのお気に入り。
スルスルっと飲めるとても飲みやすいワインです。
DSC04886_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラフルなトマトの盛り合わせも。
食事が始まる時はお腹がぺこぺこというシチュエーションなのでつい手が伸びますが
こういうのがテーブルにあると楽しいし、おしゃべりをしながらどんどん口に放り込んでしまうのよね。
甘い赤いトマトも青いトマトもそれぞれ美味しいの。色によって味が全然違うから楽しいのよね~。
皮を噛んだ時のぶちっという感じもいいんです。
DSC04889_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンの盛り合わせ
サルディーニア島の伝統的なパン”パーネカラザウ”。平べったくパリッとしたパンです。
他にはグリッシーニ、国産小麦を使った丸パン、山芋とパンチェッタのケークサレは
もちもち感が美味しいの~。パンは美味しいからって食べ過ぎちゃダメ。
おなか一杯になっちゃうからほどほどにね。
DSC04891_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 
前菜の盛り合わせ
茄子のテリーヌがデフォルトだったんだけど私は茄子がきらいなので他のものにしていただきました。
スズキ、ヤリイカ、サクラマスのマリネ、平貝・赤貝・トリガイのマリネなどなど。
DSC04897 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沼津産赤むつのバッサート
赤むつを余すことなく全て使いスープにしています。
臭みがなく、魚のうまみが凝縮しているという感じ。
スープ自体はとても濃厚ですが、優しい素材の甘味がじんわり染み渡るスープでした。DSC04904 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

富山県産ホタルイカのリゾット
上に乗ったそら豆のグリーンが映えますね。
ホタルイカの色とほぼ同色の赤米と黒米を使ったダークな色の組み合わせのリゾット。
DSC04910_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ホタルイカの他にも貴重な松露が入っています。
海の素材をお米に組あわせ、濃厚な味わいを楽しみました。
DSC04911 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

贅沢ボンゴレ
「出た人から早く食べてね~」と有馬シェフ。
え?なにこれ!!!具なしぃぃぃ???
どう見たって、これ、素パスタに見えますよね~。
実はこちら濃厚な浅利の出汁を使った贅沢なボンゴレビアンコなんです。
浅利の入っていないのに、しっかり浅利の磯の味のするボンゴレビアンコ。
浅利がないのに、目隠しして食べたってボンゴレビアンコの味がするのがわかるくらい濃厚
ってすごすぎる。これは相当浅利を使っているという証拠です!
そ見た目はシンプルですが浅利の凝縮した香りがバターのコクと共に楽しめる超贅沢なボンゴレなんです。
DSC04915 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お肉は馬と熊の組み合わせ。
馬肉は少し甘めのソースにつけられた会津のサラブレッド種と熊本のノルマンディー種。
DSC04918 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この赤いお肉を見たら一目瞭然でしょ。
馬の希少部位でもあるハラミは柔らかく、牛肉とは違う深い肉の味わいを楽しみました。
豚や牛とはお肉の香りが全然違う、あの馬肉独特の味わいも時には楽しいですね。
熊はかなりジューシーに焼けていました。肉の味が濃いスペアリブ。
タケノコと共にいただきました。
DSC04923_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだお誕生日前だったのですが、お誕生日のお祝いをしていただきました。
有馬シェフのバースデーソング付き♡
桃のソルベ、紫芋の羊羹、玉蜀黍のムースの盛り合わせ。
DSC04927 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枝豆のデザートも出てきました。
上に乗っているのはパウンドケーキ。
DSC04932_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

カップの中には枝豆のスープが入っています。
これをとうもろこしのムースのかけて。
色のコントラストも美しいけど味わいも野菜の甘味が優しくて。
なんか有馬シェフのお料理って温かいのよね。不思議と。
DSC04935_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピッコロパティシェリアの盛り合わせ。
とっても素朴な感じです。
もうお腹いっぱいで食べられず、主催者にもちかえっていただきました。
DSC04938_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

特別ドルチェは・・・。
ふううう、上野のうさぎやさんのお友達がどら焼きをもってきてくれたんだけど
シェフが枝豆のソースを使ってベニエにしてくれました。上には岩塩。
これがまたいいの。油と砂糖と塩。禁断の組み合わせでした。
DSC04942 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

フレッシュハーブティーを。
こんなにハーブのエキスをいただくと元気になって帰れること間違いなしね。
DSC04945_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店舗も料理も温かい雰囲気。
久々に伺いましたが、素敵な時間をすごさせていただきました。
DSC04946_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Passo a Passo パッソ・ア・パッソ
江東区深川2-6-1 アワーズビル 1F
03-5245-8645

コメントを残す