雄大な自然の中阿蘇の食材を味わうイタリアン『イロナキカゼ』

「イロナキカゼ」。
それは、『秋風』 を意味し、
中国の古い伝えからは 『白』 のイメージを表現しているそうです。
DSC09943 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋に吹く素朴な風をイメージし、
南阿蘇の雄大な自然の中で育った食材に真白な気持ちで向き合い、
料理に取り組む意味を込めて名付けている。
「イロナキカゼ」。シェフは何とも素敵な店名を付けてくれました。
DSC09984 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランチコースは2つ。
風のコース \2,000(税込)、大地の恵み \2,800(税込)。
予約の場合は、大地の恵みコースとのことでしたので、
前菜、赤牛ロースト、手打ちパスタ、デザート、コーヒーのコースをいただきました。

前菜+赤牛ローストです。色とりどりの見ているだけで楽しい阿蘇の野菜。

自然の甘味のかぼちゃの冷製ポタージュ。
DSC09953 (2)

 

 

 

 

 

 

 

そして、しっとり、そしてなめらかな肉質でありながら赤身のローストでした。
DSC09951 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パスタはもちもちの手打ち。ソースは豚肉と茄子のポロネーゼでした。
DSC09964 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかりお肉も入った食べ応えのあるソースがパスタに絡みつき大満足。
パンも添えてありまました。
DSC09966 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

デザートは盛りだくさんで嬉しい。
雄大な風景を見ながらいただくデザートは超満足~♪
DSC09975 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラマンジェと水出しコーヒーのゼリー、ティラミス、そしして数々のフルーツ。
DSC09969 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーはパスタと同じお皿の作家さんの作ったカップ&ソーサーで。
DSC09973 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

おっと。ゼリーに使われていた水出しコーヒーはここちらにありました。
DSC09981 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店内はまだまだ席が取れそうですが、ゆったりしたスペース使い。
適度に仕切りがあったりして、隣の方の会話が聞こえないくらいの距離。
こちらのお店。帰る時もお客様が待っているので、席を増やすということも
できると思うのですが、この阿蘇の自然を見ながらのロケーションなのですから、
やはりゆったり食事ができる雰囲気づくりを守ってほしいものです。
DSC09983 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イロナキカゼは一軒家。
DSC09940 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然派レストランの軒先には、こんな自然の営みがありましたよ。
DSC09985 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

イロナキカゼをナビに入れるとまったく違う田んぼの中の場所を指していたのですが、
お店の方に聞いたらよく間違うとのことで、注意が必要です。
お店は県道28号沿いにあります。デイリーヤマザキの近くですよ。
■ 九州自動車道益城熊本インター・空港より行かれる方
国道28号線を南阿蘇方面に向かい、俵山トンネルを抜けて3分程の左手
■ 大津方面・阿蘇内牧方面よりいかれる方
国道57号線から阿蘇大橋を渡って頂き、国道325号線を高森方面へ向かい、
途中で右折し県道28号を俵山方面へ10分程の右手
DSC09938 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

家南阿蘇スローフード自然派レストラン『イロナキカゼ』
住所:熊本県阿蘇郡南阿蘇河陰3716-1
電話番号:0967-67-3633

営業時間:11時から15時(14時オーダーストップ)
※材料が無くなり次第閉店となります
※予約は12時までに御来店のみ受け付けます
※当日のご予約は受け付けておりません
定休日 毎週木曜日+第3水曜

 

 

コメントを残す