吉祥寺の素敵なブーランジェリーカフェ『EPEE』

甘党大王さんに、素敵なお店に連れて行っていただきました。
EPEE・・・エペって読みます。
11時くらいに吉祥寺駅で待ち合わせ。駅から5分くらいのところにあるのですが
私たちが入店してすぐに満席になっちゃいました。
DSC09623 (2)

 

 

 

 

 

 

 

こちら、、ブーランジェリーカフェなんです。
DSC09626 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレンチヴィンテージっぽい店内の雰囲気も素敵じゃない。
DSC09621 (2)

 

 

 

 

 

 

 

パン屋さんも併設しているのですが、こちらはカフェレストラン。
DSC09606 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平日はもっとリーズナブルなランチがあるようなのですが
休日はこちら2580円のランチコースのみ。もしくはアラカルト。
DSC09563 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、休日ランチはアイスティーがお水の代わりに出てくるの。
これはうれしいサービスですね。
DSC09567 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

パルマ産生ハム、プラム、いちじく、ベビーリーフのサラダ
やわらかい生ハムが美味しいの。
これにベビーリーフ、生イチジク、プラムもついていました。
DSC09571 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

このお兄さんがスライスしてくれます。ハムの感じはサロメリア69のハムかな?
DSC09569 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

EPEE Original前菜の盛り合わせ
白平貝のパクチーと花山葵のソース、フォアグラのプチシューサンド、
アナゴのフリット、リエット、一口バーニャカウダー。
DSC09574 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな盛りだくさんの前菜が2580円のコースの中に入ってくるのはナイスです。
DSC09585 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

パンはお店の方がお客さんの様子を見ながらいろいろなパンをカット。
DSC09616 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べ放題です。もともとブーランジェリーなので美味しいですよ。
DSC09565 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

白インゲン豆とモツのスープ
とろっとろろの内臓とおまめのスープは、、優しく家庭的なお味。
スープというより、煮込みみたいな雰囲気もありますが、パンにもよく合います。
DSC09590 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

宮城県産 蔵王牛のタルタルステーキ
DSC09598 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ぎゅっとお肉だぁ~。タルタルステーキは噛めば噛むほどお肉の味が楽しめます。
DSC09599 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

紅ズワイ蟹とボワローのリゾット
蟹とボワローネギの甘さがいきたリゾットです。
どのお料理も小ぶりですが、ランチとしては適度なポーション。
パンも美味しいので、ついつい食べ過ぎちゃうからこれくらいのポーションがうれしいの。
DSC09604 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

デザートは小さなケーキとアイスクリーム。。
DSC09612 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーと紅茶のいづれかが付きます。
DSC09610 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブーランジェリーを併設しているので焼きたてパンがご自慢です。
DSC09619 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しいパンがたくさんならんているので、帰りにはもちろん買っちゃいました。
DSC09622 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ウインドーを見ていたらかわいいパンのワンコがディスプレイ。
遊び心とセンスを感じるお店でした。
DSC09625 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

パリの裏通りにあるような雰囲気のブーランジェリーカフェでした。
DSC09629 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家Boulangerie Bistro EPEE(ブーランジェリー・ビストロ・エペ)
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-10-4 1F
0422-72-1030

 

 

 

コメントを残す