酒と和食。6500円のおまかせコースはコスパ最高の本格和食♪

メシコレキュレーター女子と一緒に、新橋でびっくりするくらいリーズナブルで、
美味しい和食をいただいてきました。新橋堤というお店です。
大きな看板はなく暖簾だけがたより。大人女子の集まりにはこの隠れ家感もいいものです。
DSC02597 (2)

 

 

 

 

 

 

 

今回いただいたのは、なんと6500円というおまかせ和食コース。
6500円の和食って、大したことがないものが多いものですが
こちらは驚くほどしっかりとした美味しいものを食べさせてくれました!!
なんと、私が良く行くフレンチのシェフも良く行くお店という偶然もありました。
味よし、懐にも響かない、大将に安心してお任せできるお店ですネコの肉球2

 

ほうれん草・きのこ・菊花のおひたし、鮭きのこ焼き、椎茸身上、柿と春菊の白和え、松葉銀杏
揚げた稲の穂先からは、白いお米がはじけいました。
まさに、盛秋。秋の風情を感じる盛り合わせでスタートしました。
白和えには胡麻を入れてコクを出したり、鮭も味噌幽庵焼きになっていて
丁寧に作られたひとつひとつのお料理が、ひと口づつ盛合されています。
photo:01

 

ごま豆腐 カニ身ゆず 清汁
んーーん。やっぱりお椀があると落ち着きますよね。
ふわり、モチモチとしたゴマ豆腐が入ったお椀には蟹身が入ってゴージャスに。
この蟹の塩味と磯の香りが染み入ります。
DSC02540 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

器はちょっと女性っぽいデザイン。女将セレクトかしら。
DSC02535 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ホタテと金目鯛の昆布〆
どちらも軽くコブで占めています。金目は皮をあぶって香ばしく。
どちらも数日寝かしているので、うまみの強いお刺身として楽しめました。
DSC02544 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

このおいしいお刺身は、自家製の煎り酒をつけていただきます。
煎り酒は、日本酒に梅干しと鰹節を入れて煮詰めた古より親しまれてきた調味料。
程よい酸味とだしの味がこの昆布〆にぴったりでした。
DSC02553 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

秋刀魚酒盗焼き
私はお酒をいただかないので、味付けが少しだけ薄味で出てきました。
こういう細やかな気遣いも嬉しいですね。
DSC02557 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

のんべい達は、福岡県大川市 若波酒造の「若波(わかなみ) PROTOTYPE SPARKLING」。
あまりアルコールが強くない私でも、シュワ&シュワフルーティーで飲みやすい。
DSC02591 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォアグラロース焼き カブラ
こちらもまさにのんべいモードのお料理が続きます。
フォアグラが巻いてあって、まさに一口の口福。
秋仕様の蕪と共にいただきました。
DSC02565 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土鍋の炊き込みご飯
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
真鯛と貝柱、そして、桜えびと銀杏がたっぷり入ったご飯が登場しました。
DSC02573 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

かき混ぜてもこんなに具だくさん。お米のぴかぴかでしょ~。
混ぜているそばから、桜海老の香りが漂ってきます。
もう、おうちがご近所だったらマイ土鍋を買って毎日オーダーしたい美味しさでした。
DSC02583 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

店内はカウンターとテーブル席に分かれていましたが
カウンターにはカウンターには少し年の若めの女性たちに、隣のテーブルには
ピリッとしたワイシャツの紳士と、業界人ですかってクーループも。
DSC02593 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

肩肘はらず、使い勝手の良さはピカイチレベル。
あまり高くないお店で、でも美味しいものが食べたい!!って
欲張りな気分になった時には、まず候補に挙げたいお店です。
DSC02595 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

家新橋 堤
東京都港区新橋6-8-1
03-6432-4210

コメントを残す