秋は旬の白トリュフと茸の官能のアロマ~Aroma Fresca~

アロマフレスカ。イタリア語でフレッシュな香りを意味します。
ご存じの通り日本を代表するイタリアンのシェフ原田慎次シェフのお店です。
今回は、神々しくも香る高貴なイタリアの食の女王白トリュフの香りを
こちらのエレガントな空間で素敵なサービスとともに堪能してまいりました。
DSC00132 (4)

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、食前酒から。あ・・・私はノンアルコールでお願いしました。
DSC00006 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

位置皿はロイヤルコペンハーゲンのミッドナイト。
DSC00004 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今宵のメニューはこちら。
こちらに旬の白トリュフを加えていただきました。
DSC00005 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはオリーブから。
DSC00007 (2)

 

 

 

 

 

 

 

最初の一皿は、ムール貝のシュワシュワぁ~。
ムール貝一つで素敵なお皿に仕立ててくれる。
さすが原田シェフな一皿からスタートです。
DSC00020 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンは3種類。
DSC00023 (2)

 

 

 

 

 

 

 

赤座海老のクルード
まずは冷製の前菜から。クルードですから、たまごも味噌も生のまま。
赤をベースし緑のコントラスト。深緑のたまごさえも美しく散らし、
まるでキラキラ輝く宝石箱のような美しさです。
トマトの酸味も海老を邪魔せず素晴らしいハーモニーです。
DSC00034 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼなんかも出していただきました。
DSC00036 (2)

 

 

 

 

 

 

 

佐島の蛸とフレッシュポルチーニのソテー
やわらかくて立派な蛸と大きなフレッシュポルチーニのソテー。
二つの違う食材で、しかも山のものと海のものをグアンチャーレでまとめています。
根セロリのピュレで軽やかにいただきました。
でもこの二つの食材をうまく合わせていあたり素晴らしいですね。
DSC00040 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ポルチーニの冷たいスープの中に隠れているのは、クロアワビ。
DSC00047 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

球磨川産 天然子持ち鮎と黒枝豆のリゾット
少し癖のある鮎。鮎の香りをのこしつつ、これを軽やかに仕上げてくれました。
DSC00058 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

茨城県産 鳩と天然茸のガルガネッリ
鳩をこんなにも軽やかにつくってくれるなんて。
少し歯ごたえのあるクルクルっとまいたしっかりしたガルガネッリといだだきました。
金茸の大きなソテーも添えられて、秋の森の中にいるような世界観を楽しみました。
DSC00067 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこちらがガルガネッリです。
DSC00063 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

のどぐろの天火焼き 松茸と銀杏のグラノーラ
今が旬ののどぐろですが、こちらを少し甘めのソースで香ばしく焼いてくれました。
アンチョビを加えたワインのソースは濃厚で甘味とコクのあるインパクトのあるソース。
このソースにも負けずに、添えられたグラノーラがいの独特の香りと触感を加わっていました。
噛むたびに鈍いながらも醸し出すちょっとかわいいリズム。
さらにクレッシェンド的なアクセントは大粒の銀杏。
二つのちょっと苦味のある独特の香りがこのお皿の味や香りを何倍にも広げていました。
もはやまつたけ葉飾りのように感じましたが、秋の香りをしっかり添えて楽しいお皿に仕上がりました。
DSC00080 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お口直しは、パッションフルーツのソルベ。
底のほうに酸味のあるパッションフルーツが隠れていて
時々、軽い甘酸っぱい刺激を添えてくれました。
DSC00082 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

山口県産 無角和牛のステーキ 天然茸と赤ワインのソース
無角牛???初めて聞いたので伺ったところ、かなり希少な牛でアロマフレスカにも
いつも入ってくるわけではないそうです。その触感はなめらかでしっとり。口の中で
こんなに軽い牛肉って初めて食べました。もちろんシェフの火入れも素晴らしいんだと
思うのですが、肉の持っている力も素晴らしい。牛の香りを味わうというところでは
物足りないかもしれませんが、牛肉の貴婦人とも言えそうな品格のあるお肉でした。
チーズを挟んだインカの目覚めと紫しめじのソテーが添えられていました。
DSC00090 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんはナスのココット焼きでしたが、私はパプリカのオーブン焼き。
DSC00094 (2)

 

 

 

 

 

 

 

お肉にはマグナムのワインを添えていただきました。
DSC00096 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日のもう一つのメインはこちら。白トリュフ!!!
まさに、自然が作り出した地中のダイヤモンド。
DSC00009 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

谷原章介似のフロアマネージャーの笹川さん。
昔からイケメンと思っていますが、久々にお見掛けし大人の魅力も加わってさらに素敵に。
女性には、もう一振りトリュフをサービスしますね。なんて演出も欠かしません。
DSC00105 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いくらでもかけていいですから。そんなこと言いませんが、
あと一往復追加して・・・とはお願いしたい魅惑的なトリュフです。
DSC00104 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白トリュフの魅力を楽しめるよう、タヤリンでいただきました。
ピエモンテのザ・定番コラボレーションは、神々しいまでの官能の香り。
この日最大のアロマを醸し出してくれました。
Aroma Fresca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日。私はこちらのパッションフルーツのスフレをいただきました。
あつあつ、ふわふわなスフレにたっぷりクリームを添えていただきました。
DSC00116 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友人たちも美しいドルチェを。
ホワイトチョコレートのムースはとってもきれい。
DSC00119 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

チョコレートのデザートも濃厚でいいですね。
DSC00123 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーか紅茶かハーブティーで。
私はヴェルヴェーヌのハーブティーをいただきました。
DSC00100 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵な香りに包まれて。アロマフレスカの夜はふけていきました。
DSC00130 (2)

 

 

 

 

 

 

家>Aroma Fresca アロマフレスカ
東京都中央区銀座2-6-5 銀座トレシャス12F
03-3535-6667
東京メトロ有楽町線 銀座1丁目駅から徒歩1分

 

 

 

コメントを残す