歴史ある阿蘇の温泉旅館「入船」では真新しいデザイナールームに宿泊♪

阿蘇に行ったら温泉も行かなくちゃ。日本有数の温泉街でもある阿蘇・内牧温泉があるじゃない!
掛け流しの湯を愉しめる温泉施設が数多くあることでも有名ですが内牧温泉の中でも人気の
お宿「入船」さんへ伺いました。緑の中にあるこじんまりしたエントランスも落ち着いていていいですね。
DSC00376_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

入り口に入るとウッディなチェックインカウンターがあります。
客室数もそんなに多くないお宿ですから、これでいいのかな。
私が伺ったときには、家族連れがチェックインしていたのでかなりどたばたしてましたけどね。
DSC00316_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

このチェックインカウンターを振り返ると素敵な寛ぎのスペース。
湯上りにこのロッキングチェアに座っていると、睡魔に襲われること間違いなし。
湯上りに程よい疲労感と共に、スーーっと落ちそうになりました。
DSC00145 (2)

 

 

 

 

 

 

 

このロッキングチェアのスペースのほかにも中庭を取り巻くように寛ぎスペースがあります。
ここでゆっくりお茶を飲みながら読書なんていうのもこちら入船さんの楽しみです。
コーヒーマシンもあるので好きな時間にコーヒーを飲みながらくつろぐこともできちゃいます。
DSC00147_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中庭の池には錦鯉の姿がみえて優雅な雰囲気。
DSC00314_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

夏に伺ったのですが、風に揺らぐ風鈴が心地よかったです。
DSC00357_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

受付でチェックイン時に好きな浴衣を選んでお部屋へGO!
DSC00143_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はリニューアルしたばかりのお部屋を予約しました。
ところどころにある家具なども良い感じでなじんでいます。
DSC00363_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入船さんで今年リニューアルを終えたばかりの本館2階にある
デザイナーズルームに「りんどう」と「ゆうすげ」の2部屋があります。
予約時にはまだお部屋の写真がなくてパースが掲載されているくらい
だったんですが、到着して旅館の方に聞いたとこ、営業を開始して1週間
ほどしか経っていなかったようで、真新しいお部屋に宿泊することができました。
DSC00365_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お部屋はこちら。座敷と就寝スペースが分かれています。
お布団は初めから敷かれていていつでも寝ることができます。
DSC00261 (2)

 

 

 

 

 

 

 

お部屋には、広々とした露天風呂がついていてとっても快適。
DSC00153 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お部屋にはタオルなんかも入れていけるようかごのバッグが用意されています。
DSC00266 (2)

 

 

 

 

 

 

 

こちらの洗面スペースを抜けてお部屋の露天風呂へ。
DSC00150 (2)

 

 

 

 

 

 

 

お風呂は大浴場と家族風呂があります。
13:00~21:00の間は日帰りの方も入浴できます。
DSC00355_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

こちらは大浴場のひとつ。男女のお風呂が日替わりで変わります。
外に露天風呂もあるのですが、もうひとつの大浴場はもっと大きくて、
一歩外に出るとそのまま露天風呂。昔の湯屋風で懐かしい雰囲気。
DSC00281_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

源泉かけ流しのとても気持ちよいお風呂でした。
DSC00326_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

歴史を感じる黒光りする廊下には5つの大浴場もあります。
DSC00304 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お風呂はこの「たまちゃんの湯」をはじめ、「自然岩の湯」「火山石の湯」
「王者の湯」「白鳥の湯」など5つの家族風呂があって楽しいの~。
DSC00327 (2)

 

 

 

 

 

 

 

この梁を見てください。壁でも歴史を感じます。
DSC00332_1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この岩の厚さを見てください。すごいですよね~。
入船は豊富な湯量を持つ源泉のお湯とこの歴史を積み重ねてきたしつらえに
あると思います。この歴史は今後も大切に積み重ねていただきたいなと思いました。
DSC00331 (2)

 

 

 

 

 

 

 

もちろん5つのお風呂を全部制覇しました。
DSC00302 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sao☆湯の宿 入船
熊本県阿蘇市小里834-2
TEL 0967-32-0781

コメントを残す