山岸食堂

世の中に「予約の取れないレストラン」というのがありますが、
こちらもその一つ『山岸食堂』。

小さなお店で、カウンター8席とテーブル2卓という
店内に16名入ったらラッシュ状態になってしまうお店です。
2月だというのに次の予約は9月。半年後か・・・・ふうっ・・・。
これは予約困難と言われるよねと思いました。

 

なんでこのお店が人気なのか。
実はお店はこぎれいというより、かなり古びています。
でも優しいお父さんが一人でお店を切り盛りし、
朝から手打ちのパスタをせっせと仕込み、ザ山岸流ともいうべき
極太手打ちバスタや、バランスのよいアツアツのラザニア、
まさにふわふわのオムレツ、そして甘くてフレッシュなお野菜がテーブルの上に並びます。
みんなリーズナブルでオリジナリティに溢れ他では食べられないものを出してくれるから。
飾らなくても、真面目でここでしか味わえないものには、誰もが通いたくなるものです。
DSC01992 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生ハムのクレープ巻き
DSC01945 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミックスサラダ
家でね。こういうサラダが作れたらっていつも思うのです。
美味しいお野菜を本当に適量のドレッシングであえてある。
べたつかず、みずみずしい野菜のシャキシャキ感や
野菜の甘味をしっかり楽しめるサラダです。
DSC01948 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

スモークサーモンの香草マリネ
人によっては前菜ではなく、メインでもいいんじゃない?っていうくらい
肉厚のスモークサーモンがどん!と乗っています。これはすごいよね。
そして下にはやっぱりシャキシャキ野菜。
DSC01952 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴルゴンゾーラのオムレツ
そして、ふわとろオムライスです。
DSC01961 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ほらぁ~。中を見たら、わかるでしょ。
とろっとろなの。一口食べるたびに玉子の味が口いっぱいに広がって
身体が優しい気分になりそうになる。不思議な魅力を持つオムレツですよん。
DSC01964 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

牛肉の煮込みラザニア
ここで、超アツアツなラザニアが運ばれてきました。
これは予約をしていていも事前にラザニア予約が必要なのでご注意を。
DSC01971 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中からはしっかり分厚い麺が出てきます。
ここでも素晴らしいと思うのが、麺、お肉、チーズ、ソースなどの絶妙ということ。
料理って、どやぁぁぁ~って具だくさんっていう楽しさもあるけれど
こちらはすべてのバランスが黄金比って感じなの。
不思議な魅力あふれるお料理はこの絶妙なバランス感覚にあるのだと思います。
DSC01974 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、山岸食堂の本骨頂。お父さんがせっせと仕込んだパスタが登場します。
今回、パスタを3種類オーダーしました。
こちらは山岸食堂名物「おこりん坊」。
とってもシンプルなアラビアータです。
DSC01981 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに唐辛子が入っているの。
でもバランスの良い山岸食堂では、どうや!辛いやろぉ、ひーーーという
味ではないんです。辛さの中に軽い甘味も感じられるところがいいのよね。
DSC01985 (2)

 

 

 

 

 

 

 

カルボナーラ
こちらもおこりん坊と人気を分ける双璧のパスタ。
この白いソースの上にたっぷりの胡椒。
DSC01988 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

少しとろとろしたソースで合えてあり、太い麺とよく絡みます。
もちもちの濃厚パスタは男子もきっと好きだと思います。
DSC01991 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生ハムとズッキーニのパスタ
上の二つもいいけれど、私はこれも食べてほしい。
ズッキーニってこんなに甘いんだねって感じる幸せ。
これは食べないとわからないもんね。
DSC01996 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日のお友達がいたのでケーキもお願いしました。
お父さんがろうそくにを付けて、狭いカウンターの後ろをかわいく回転するように
持ってきてくれました。ろうそくの火が消えないように。
DSC02003 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャンドルがきれいにきらめきます。
これ照明を落としているわけではなく店内は暗いの。
お父さんが手が空いていたのか、事前にお伝えしておいたら
こんな苺たっぷりのケーキを用意しておいてくれました。
DSC02004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はやっぱりカプチーノ。
これお父さんが湯銭でカシャカシャホイッパーで作るカプチーノなんです。
ミルクの甘味が優しいお味。これでお家に帰ったらよく眠れること確実です。
DSC02010 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

メニューもちょこっと掲載しておきすね。
DSC02013 DSC02017

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山岸食堂 (ヤマギシショクドウ)
中央区銀座2-14-20 池田ビル 1F
03-3544-3236

コメントを残す